---------------------------------------
介護事業M&Aセミナーのご案内!

介護業界の再編に伴う事業拡大、経営戦略として、
M&Aという選択は今、大きなチャンスを生む可能性があります。
  「中小規模のうちには関係無い」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
規模はまったく関係ありません。 

売る側、買う側、双方にメリットのあるM&Aの手法をお伝えします! 


問合せ先
福永会計事務所
TEL 06-6390-2031
---------------------------------------



《コラム》税務調査で指摘される!消費税の課税、非課税は慎重に

◆必ずチェックされる項目
 法人の税務調査で必ずチェックされる項目の一つは、消費税の課税仕入、非課税(または不課税)仕入の区分間違いの有無です。
 最近の税務調査では、この消費税申告の計算の基礎となる消費税区分集計表を、調査日より前に、あらかじめ提出するよう求められるケースもあります。


◆科目ごとのよくある間違い
 帳簿作成や会計ソフトの入力時に、消費税区分を間違えることがありますので、以下の項目は課税仕入れにならない(納める消費税から差し引けない)ということを覚えておくと良いでしょう。

(1)海外出張旅費
 消費税は日本国内の消費に課税されるものですので、国外での飲食費や宿泊費などは消費税がかかっていません。海外への飛行機代やその日当なども同様です。

(2)社宅などの家賃
 居住用の家賃支払いについて、消費税は非課税とされています。賃貸借契約書で使用目的に居住用と記載がある場合、消費税がかかっていませんので、注意が必要です。

(3)クレジットカード手数料
 飲食店などの小売業では、カード売上に係る手数料を引かれて、カード会社から売上金額が入金されます。この手数料は非課税とされておりますので、消費税はかかっていません。

(4)慶弔費、祝い金、見舞金
 従業員に対して支給するこれらの費用は「福利厚生費」、取引先に対しては「交際費」となりますが、やはり消費税はかかっていませんので、課税仕入にしないよう注意してください。

(5)同業者団体や組合の通常会費
 何らかのサービスに対して支払うものではなく、通常の業務運営のために支払う年会費などは消費税がかかっていません。

◆経理担当者と税理士のチェックで防げる
 これらの間違いがあると、修正申告によって消費税を後から納めることになってしまいます。日々の帳簿作成のときから税務調査で指摘されないよう気を付けましょう。



介護事業に特化!法人税申告・決算をサポート!福永会計事務所


記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター


大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!


補助金・融資にも完全対応!各種許可申請対応!
提携:福永会計事務所
会社設立専門チーム・会社設立の手数料1,000円のみ! 顧問契約は不要!

運営:
-------------------
福 永 会 計 事 務 所
-------------------
「大阪 法人税申告」で検索!
中小企業庁認定 経営革新等支援機関
06-6390-2031