2010年 6月の記事一覧

«Prev1 2Next»
10年06月30日 05時00分59秒
Posted by: hoshino
null

 日本税理士政治連盟(日税政)は、今回の参議院選挙に当たり、6人の重点候補を決めた(自民1、民主4、公明1)。若林けんた候補は最年少・初挑戦で、税理士政治連盟から活躍を期待され重点候補に選ばれました。


(伝達式・決起大会)

 その推薦状を携え、山川日税政会長は29日午後、若林けんた選挙事務所をお訪ね頂き、若林けんた候補に直接お渡し頂き、激励の言葉を頂戴しました。その伝達には自民党税理士制度改革推進議員連盟(議連)会長町村信孝衆議院議員、関東信越税理士政治連盟(関税政)木村会長、税理士長野県連岩崎会長、清水栄長野市市議、柄澤小坂けんじ後援会会長ほか県税政役員30名が同席し、必勝を期しました。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。

10年06月29日 06時05分32秒
Posted by: hoshino
 関東信越税理士会清水会長は昨年来、経営者向けの経営免許証制度の提案をされています。私もその趣旨に賛同し、士業ほか専門家の仲間を集い、企画を創りつつあります。


(清水会長の提案)

 企業経営者にも経営免許証のような制度を提案したい。あまりにもいい加減な経営をされたら取引先関係者だけでなく従業員や周囲の人まで大きな被害を受ける可能性がある。しかし、経営者になるために当たり、基本的な教習も行われていない現実を見直す必要があるのではないだろうか。

・・・教習内容・・・

1,「中小企業の会計に関する指針」に準拠した信頼性のある計算書類(決算書外)
2,定性分析情報報告書(企業と経営者の資質)
3,経営計画書


(私の企画)

 私の属する「守成クラブ長野」では、創業経営者の体験談と社会保険労務士等の士業にゆる企業経営に求められる諸法規を演題とする塾活動を展開してきました。今回、清水会長の提案を受けて、体系的なカリキュラムに再編成し、ICT(情報通信技術)・クラウドへの対応策を含めた講座を設ける打合せを始めています。


(有言実行)

 「経営を効率的に・・」「後継者としてシッカリしなさい・・・」とか講釈は云えるが、「どうすればいいのか・・・」への問に具体的に答える事はできていない。そこで、知り合いの士業とICT関係者に集まって頂き、企業経営に求められる知識をすべてメニューに整え、修了者には「経営免許証」を交付する。数年後には免許証の更新まで想定したプログラムを用意すれば、日本の経営力アップと地域雇用の確保への一助になる。すこし大げさですが、実業40年の初老の社会への恩返しになればと考えています。




 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年06月27日 12時28分10秒
Posted by: hoshino
 25日の本会総会と懇親会には、平成13年から参加させて頂いています。前会長のご推挙により会務改善審議会のメンバーとなったのが始まりでした。以後、学びの場として今日まで出席させて頂いております。


(懇親会では)

 最初は、諸先輩の中で緊張の連続、担当役員から会務担当の先生方を紹介頂きあいさつだけさせて頂きました。以後、私も県連専務・支部長・県連副会長・本会常務理事・県税政会長と役を重ねて見える範囲が広がり、情報交換のできる立場となり、意義ある会話をできる喜びを感じております。


(有為な人物)

 関東信越税理士会の会員数は7千名。活躍を期待された会員が役員となり、その有為な方々と交流を深める事が出来ることは感謝以外の何物でもありません。先日は、清水本会会長のおかげで池田日税連会長と会話をすることができました。税理士7万人のトップたる人物とは如何なる人かを身近で感じ取りました。更に感謝。幾つになっても成長するには先達が必要であります。大きな組織にならば、なる程輝く有為な人物が多く、求めれば多くに知己を得られ、こころの糧となり得ます。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年06月26日 06時00分39秒
Posted by: hoshino

null

 25日大宮パレスホテルで関東信越税理士会(本会)第59回定期総会が開催された。本会の構成員は7079名で、当日は委任状出席4166名、本人出席442名でありました。上程された3議案はそれぞれ質疑応答があり承認されました。


(あいさつ)

 3月決算法人の電子申告(e-Tax)件数は33,500件で前年対比116%・利用割合は60%弱と全国の税理士会のトップランナーであります。国・地方行政の施策のすべては安定した税収があってこそ、本年度も重点施策としてeL-TAXとともに利用拡大に取り組みます。

 さて、昨年の政権交代で税理士会は陳情・お願い・建議の世界から、税制調査会の専門家委員会(構成8名)に税理士を送り込み、税制改正を政府内部で発言できることとなり、租税正義の実現を図る役割を通して社会に貢献できることとなりました。


(感想)

 池田日税連会長、清水本会会長を始め多くの役職者の挨拶を聞き、情報整理能力の高さに敬服いたしました。特に、昨年の政権交代は平成維新の名の通り、税制改正で外部からのお願いの世界から、税調内部での発言機会を得たことは維新の名にふさわしい変化であることを改めて知り、事の重要性を理解できました。




 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年06月25日 06時14分16秒
Posted by: hoshino

null


 24日は第22回参議院議員選挙の公示日。早朝より、長野県税理士政治連盟の推薦した各候補から案内を頂き、出陣式に参加しました。また、午後には自民党谷垣総裁がJR長野駅前に遊説に訪れましたので出向きました。


(谷垣総裁遊説とは)

 谷垣自民党総裁の公示日遊説のスタートは山梨県甲府であり、次に長野県入りし、松本・長野で遊説を行いました。当然、当落が厳しい選挙区が選ばれたのであり、推薦候補者の健闘が望まれています。県税政連の推薦候補の民主北沢氏は安全圏内でありますが、自民若林(県区)・小坂(比例区)両氏は当落線上にいるとするのがマスコミの調査結果であります。推薦候補者全員の当選を祈る。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。




10年06月24日 06時07分34秒
Posted by: hoshino

 24日は参議院選挙の公示日であります。税理士政治連盟の役員として、TKC全国会政経研究会の窓口会員として推薦候補者事務所に出向き、推薦状をお渡ししてきました。願いは国民に公平な租税制度の実現にご協力頂くことのみであります。


(団塊世代の政治家への危惧)

 私どもは国民の生活の安定と生命の安全確保、社会秩序の維持の実現を政治家にお願いしております。成人は、青年期に左翼的思想に影響されても、社会人として成長するに伴い現実対応能力を高めていくのが一般的であります。リベラル(自由主義)の旗を掲げても現実の政策はリアリスト(現実主義者)として使い分けるのが世界の常識であります。

 EU(欧州連合体)のように単一市場が形成されている超国家的統合が実現されている政治環境であれば良いが、中華思想そのもので軍事力を強化している中国、独裁国家北朝鮮などミサイルの標準を日本においている隣国に囲まれている環境では政策は異なるべき。国家というものに価値を求めず国民でなく国境を意識しない「市民」としての存在を範とする「ポストモダニズム(超近代)」の思想を現実化することは日本を危うくするのではないか。


(民主主義は多数決で良いのか)

 民意とは人々の多様な私的関心事の集まりであり、民主政治はその自由で勝手気ままな民意を調整するのが役割であります。民意は国の行く末をを冷静に判断してるものではない。そこで国家はその歴史に秘められている先達の英知を下敷きにして目の前の国民の民意を図らなければならない。明治維新で欧米列国の侵略から、先の戦争で国家破滅から国民を守ったのは政治の成せる技であった。


(目指す国家・社会像とは)

 日本の歴史に秘められた先達たちの英知とは何かを学んで国の行く末を選択することが大事であります。「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」と云われています。投票日まで各政党の主張、候補者の個性を判断して国政をまかせるに足るかを見極めることが大切。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。


10年06月23日 05時23分18秒
Posted by: hoshino

 政府のIT(情報技術)戦略本部が22日に決める工程表の全容が明らかになった。
(日経H22.6.21)


(3段階に分けたIT戦略の工程表)

1,短期(2010-2011年度)

 ・クラウドコンピューティングの特区創設
 ・メンタルヘルス総合情報サイト(仮)の開設
 ・薬剤研究データベースを設計
 ・デジタル教材を使った教育手法開発
 ・国際物流情報の共有システム構築

2,中期(2012-2013年度)

 ・高度道路交通システム(ITS)の運用開始
 ・「どこでもMY病院」のサービス開始
 ・行政サービス用情報端末を郵便局などに配備
 ・行政情報を原則、ネットで利用可能に
 ・国民ID制度を導入

3,長期(2014-2020年度)

 ・住民票などを週7日・24時間、入手可能に
 ・2015年度までに在宅型テレワーカーを700万人に
 ・次世代送電網の国内普及と海外展開
 ・50%以上の自治体で電子行政を実現


(言葉の意味)

ITS:交通渋滞の場所や長さ、合流車の接近といって情報を時間差なく把握し、渋滞を回避させたり玉突き事故などを防いだりする仕組み。

MY病院:個人の診療履歴をデータベース化し、全国どこでも同じ治療が受けられる。

クラウドコンピューティング特区:クラウドコンピューティングの普及に向け、「データセンター」の国内誘致を推進

行政サービス用情報端末配備:住民票や印鑑証明の発行や申請手続きができる端末を12年度から郵便局やコンビニに配備。一年中、24時間いつでも利用できる体制を構築する。

国民ID制度:国民や企業にID番号を割り当ててITサービスの効率化を目指す。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年06月21日 06時39分24秒
Posted by: hoshino
null


 20日12時よりJR長野駅前で自民党の街頭演説会がありました。弁士は若林けんた・小坂けんじ両氏と自民党政務調査会長石破茂衆議院議員でありました。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。



10年06月20日 08時32分59秒
Posted by: hoshino
null

 19日は第三土曜日で、シニアの会のセミナー日でありました。今回のテーマは「女性の老後と遺族年金」、講師は特定社会保険労務士である西澤眞治先生で、制度を分かりやすく事例でお話し頂きました。


(デジメから)

 一家の生活の担い手が亡くなった場合、公的年金制度から遺族年金が支給されますが、制度の仕組みについては意外と知られていません。
 遺族年金は年金を受給されている方や、被保険者(現役で働いている方)が死亡した場合に、その人によって生活が維持されていた一定の遺族に支給されます。この遺族は年金制度によって異なっています。
 遺族年金が受けられるかどうかは、残された遺族にとって今後の生活を左右する大きな問題です。


(お話のポイント)

(1) 年金の基礎知識
(2) 年金記録問題は解決したか?
(3) 公的年金としての遺族給付
  1,遺族基礎年金
  2,遺族厚生年金
  3,遺族年金の支給条件?
  4,年金を受けられる遺族とは?
  5、遺族年金の年金額?
  6,ケースで考える
   ・会社員の夫が在職中に亡くなった場合
   ・フフで年金受給中に夫が亡くなった場合


(今後の予定)

7月 2日 フローアップセミナー テーマ「介護サービス事業所の見つけ方」

7月17日 定例セミナー テーマ「健やかな生活はお口の健康から」




 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。



10年06月19日 05時29分38秒
Posted by: hoshino
 18日午後大宮で、税理士情報ネットワーク関東信越ユーザー会第13回通常総代会が開催され、平成21年度事業報告と平成22年度事業計画が承認されました。


(事業報告)

 本ユーザー会は、税理士情報ネットワーク(TAINS)の関東信越税理士会に所属するユーザー会員によって構成されています。平成21年度は、TAINS案内パンフレットを関東信越税理士会の入会式、一部研修会で配布と、「TAINS税法データベース検索マニュアル」を支部を通じて配布しました。その結果、例年以上の加入者増加をみました。


(新企画)

 税理士会の知的財産である「TAINS」のユーザー会員を増やすには、これまで以上に周知施策を講じる必要があります。そこで、本ユーザー会は、平成22年度ではTAINSによる判例研究研修につき助成金支給(5万円)を各県連・支部に行うことを決議しました。条件は受講会員30名以上であることとします。


(時代変化)

 普通の税理士は、税法解釈の必要事案が発生したおりに税法データベースを活用しています。課税当局とで解釈問題が発生し場合、関与先に有利な裁決・判例例を検索して是認を求めるのが通例であります。最近、税法は複雑し、経験のみでは正確な解釈が出来なくなっており、税法データベースの活用が大いに期待される時代背景があります。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。

10年06月18日 06時47分54秒
Posted by: hoshino
null

 17日松本で、長野県税理士協同組合の第44期通常総代会が県下から、総代24名、役員31名、生保各社社外提携企業47名、税理士会関係者17名が松本に集まり盛大に執りおこなわれました。


(中村理事長のあいさつ)

 当期の経済環境は、一昨年のリーマンショック以降、恒常的な円高・株安・地価の下落等に加え、企業の業績低迷による深刻な雇用不安、個人消費の落ち込みなど、地域経済は先行き不透明であり、依然として厳しい状況が続いている。

 こうした経済情勢のなか、組合の基本理念に基づき、組合員の経済的及び社会的地位の向上を図ることを目的とし、全税共事業、大同生命の福祉共済事業、あんしん財団の共済制度の事業を三本柱にして積極的に推進した結果、所期の目的を達成することができた。
 これもひとえに組合員各位、ならびに関東信越税理士会長野県連支部連合会のご協力と、生命保険会社をはじめ提携企業各社のご支援の賜と深く感謝を申し上げます。


(その他の事業)

・購買事業 税理士用罫紙・領収書等の事務用品、路線価図・税務経理ハンドブック等書籍の普及販売

・教育情報事業 「評価倍率表」「申告に役立つ税額控除制度」「税務手帳」の無償配布と研修会開催

・福祉厚生事業 研修旅行の実施



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
 


10年06月17日 06時01分19秒
Posted by: hoshino
null

 16日に関東信越税理士会長野支部第30回定期総会が開催されました。会場は今年から閉館したウエルシティーからメルパルクに変わり、雰囲気が変わりました。前々支部長である私は総会議長が役割であります、無事上程された議案すべて承認され、会員のご協力に感謝致します。


(議長席から見えたもの)

 長野支部のトップは女性支部長、執行部の皆さんも若く、議事運営は初々しさと真摯な緊張感があり、会員230名の支部運営に1年間取り組んできた姿そのものでありました。ありがとうございます。


(eLTAX運用状況におどろき)

 総会前に定例会が開催され、その時に長野税務署から配布された資料の中に「長野県下のeLTAX運用状況一覧表」がありました。これを見て驚き、長野税務署管轄下の市町村を始め財政規模の小さい町村を除きeLTAX(電子申告)ができていますが、上田税務署管轄下では上田市を始め全市町村が電子申告が出来ていない事実を知りました。一刻も早く電子申告に移行されることを願います。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
 


10年06月16日 06時37分00秒
Posted by: hoshino
null


 14日は第二月曜日、守成クラブ長野会場仕事バンバンプラザの例会日。即日入会者は9名で、新しい仲間が着実に増えています。来月の「200社例会」は浴衣でお客様をお迎えするとのことで、浴衣セットの販売があり女性の多くと男性(一部・私も)は守成価格(格安)で購入しました。




 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
 
10年06月15日 04時33分26秒
Posted by: hoshino
null

 7月20日に上田市で開催される関東信越税理士会の長野県支部連合会(県連)の定期総会と長野県政治連盟(県税政)の定期大会の提出議案等の審議が17日長野県税理士会館で行われました。


(実質審議はこの場だけ)

 最高決議機関は構成員が集まる総会・大会でありますが、細部までの質疑応答を行うのは、県連の理事会・税政連の幹事会の席上であります。議案を提出する立場としては緊張する場であります。無事、議案提出の承認を得られました。


(あいさつ)

 この年度は、総会時に衆議院の解散があり、翌8月30日の選挙で政権交代が実現し、様々な手順が変化しました。暮れ12月22日の閣議ではこれまで翌年度の税制改正項目とされた「特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入」制度が有力議員の意で廃止された。今6月には総理大臣の突然の辞任、数日で後継総理の選出など誠にめまぐるしく動いた1年でありました。

 さて、新首相は「強い経済、強い財政、強い社会保障の一体的立て直し」を所信表明で述べ、ギリシャの財政破綻を教訓として、財政再建に超党派での協議の場を設けたいと提案された。常に選挙だけを意識して為すべきことを先送りしてきた政治の場に一石を投じたことに期待をいだきます。

 国民の生活と事業活動に直接かかわる税理士として、税制の専門知識と国民の意見を与野党問わず国会議員に知らしめる役割が国民から負託されていることを十分に自覚して、安心できる国民生活の実現を目指す税政連活動を活発化しなければならない。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
 
10年06月14日 05時39分01秒
Posted by: hoshino
 私の父(87歳)は白内障がすすみ失明し、日常生活が心配になり、主治医の勧めで施設に昨年暮れ入所しました。私は幸い税理士で医療関係者の知人が多いので施設紹介をお願いできましたが、一般の人はどうするのかと疑問を抱いています。最近その解決の一助になるホームページが開設しました。

信州介護べんり帖  http://kaigo.nsyakyo.or.jp/index.php/


(紹介記事:産経2010.5.19)

 介護サービスの利用者や家族が施設や事業所を選ぶ際に参考となる「介護サービス情報の公表」制度を効率よく活用する新たなサイト「信州介護べんり帖」が6月に開設された。
 長野県より指定を受けた県社会福祉協議会が制度の運用にあたり、利用者目線に立った公表制度の有効活用を考えた。サイト上で、事業所の雰囲気を写真で知り、地図で事業所の位置が分かり、事業所の利用者数や職員数、料金などの比較も簡単に行えるようになった。デイサービスの土日実施や夜間延長の有無など利用者が欲しい情報も満載だ。


(家族の行動範囲で探す)

 介護施設は利用形態・疾病に応じて施設が異なること。必ずしも近所にあるとは限らない。長期間の利用を考えなければならないことから、家族の行動範囲内にある施設を選択すると便利。遠方だと次第に足が遠くなる。施設選択を考えるに、この「信州介護べんり帖」は長野県下を網羅しているので使い勝手が良い。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
 
«Prev1 2Next»