2010年 8月の記事一覧

«Prev1 2Next»
10年08月31日 07時00分01秒
Posted by: hoshino
 昨日締切の1200字の原稿を依頼されました。これまで原稿を書くのに資料を集め、幾日も考えるのではなく、ただただ迷いの日々の末、書き上げるという精神的に大きな負担でありました。


(ブログが役立つ)

 毎日、出席した会議や出来事を、資料を下にブログを書き、活動分野ごとに整理してきました。今回、原稿依頼があり、その内容先のアーカイブを確認し、関係ある記載を検索し、原稿の構成を考え、その順番にブログの文章を並び替え、粗い原稿が来上がりました。後は、依頼された内容に合うように校正を行えば終了となりました。最後に、書いた内容に出典先の明示が必要かどうかの確認が必要となります。ブログを書く際に、その出典の明記がないと不都合であることを再確認しています。


(スピーチにも役立つ)

 原稿と同様に、スピーチの依頼がありますので、原稿と同様に書き込んだブログを使って、話す項目を捜します。主な話が受けるかどうかは、各ブログのアクセス数記録が役立ちます。ノートにアクセス数400以上(一日)の記録を残してありますので、依頼された内容にに合わせてブログを選択して、スピーチの準備をします。ブログが役立つことをあらためて実感しています。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。

10年08月30日 06時46分13秒
Posted by: hoshino

 土曜日の午前中に電話がありました。女性の声で「日本経済新聞の世論調査ですが、お応え頂けますか」との問い合わせでありました。了承し、いくつかの質問を受けました。選択肢を選ぶ方式なので、質問を制作した側の意図を感じましたが、限られた選択肢の内から答えを選びました。

(29日深夜の報道)

 日本経済新聞社の世論調査で、9月の民主党代表選へ出馬表明した小沢一郎前幹事長への厳しい世論が浮き彫りになった。「政治とカネ」の問題などを抱える小沢氏への拒否感は依然として強い。内閣支持率も回復しており、菅直人首相を交代させるべきだという主張も広がりを欠く。ただ首相への支持も積極的とはいえない。議員票で互角とされる両陣営の戦術に影響しそうだ。
 首相と小沢氏のどちらが首相にふさわしいかを聞くと、首相が73%で、17%の小沢氏に大きく水をあけた。民主支持層に限ると、首相が83%で小沢氏が14%と、差はさらに開いている。


(世論調査を受けて)

 無作為に抽出された電話番号で調査が行われるのでありますが、各マスコミの週末に行われた調査結果を確認したところ大差はありませんでした。「サンプル数の小さい聞き取り調査なんて」と信憑性に疑問を持っていましたが、いざ自分が対象者として選ばれてみると、妙に納得している自分がいて驚きであります。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。

10年08月29日 12時20分55秒
Posted by: hoshino
 27日の関東信越国税局との協議会で「e-Taxへの対応について」局から要望あり、関信越会として回答を下記の通り行いました。


(関信越会の現状)

 関信越会は各支部におきまして、e-Tax推進はわが国の高度情報化社会への推進を高めることと理解し、各支部でその対応のために設けた「e-Tax推進特別委員会又は協議会」において、各署の幹部職員の皆さんにご参加頂き、スムーズな進展を得ていますことに、先ず感謝申し上げます。
 その進捗状況は「オンライン利用拡大対象重点手続」の総数では、東京会・近畿会に続く231,503件であり、当会の全国で占める税理士数は約10%(7124/71672)でありますが、利用率では大型地域会(会員5千名越える)ではトップであります。

(フロントランナー)

 清水会長の「日本のトップ・フロントランナーたれ!」との方針に従い、「会員のe-Tax開始届提出割合90%、届出提出会員の利用率80%、税理士会全体に対する利用割合72%」を各支部に達成するよう伝達しているところであります。

(二極化に直面)

 e-Tax推進は、当初の啓蒙的段階が過ぎ、利用割合が100%の会員が多数おり件数を増加させてきましたが、その一方で未着手の会員もおります。その対応につきましては当方の努力不足と認めざるを得ません。また、利用割合の高い支部と低い支部とがあり、統一的な対応ではなく、各支部の実状に合わせた対応が求められております。なお、関信越会全体としては本年度に利用割合72%達成を確実なものとしたいと考えております。

(日税連情報)

 日税連情報システム委員会からのe-Tax推進情報を関信越会各支部情報システム部員に伝達し、推進の進捗とその意義につきました伝達し、推進意欲の継続に努めております。

(さらなる推進に)

 e-Tax推進の目標年度25年には、所期の数値を達成させるためには、達成意欲を高めるために、他支部との比較数値の情報提供が必要と考えます、当局におかれましたもこれまで通り、特段のご配慮を頂けますようお願いいたします。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。

10年08月28日 08時19分58秒
Posted by: hoshino

null

 27日に、関東信越税理士会常務理事会が開催された。税理士会役員の任期は2年、今年が改選期で時期役員を選出する選挙管理委員会の設置、選挙日程が決まりました。常務理事会後、場所を変えて局との協議会に参加しました。


(選挙日程)

10.29 立候補の届出受付
11. 4 立候補者の届出締切
11. 5 候補者の確定、定数以上の場合は当該選挙区の選挙人に投票用紙配布
12. 1 選挙期日
12. 2 開票及び当選人の確定


(局との協議 要望と回答)

 局との協議は、新任の道盛局長からの「税理士法第1条を共通基盤とし、お互いの立場で協調して公正な税務行政の実現を目指すことを願います」との挨拶をいただき、協議会がスタートしました。協議の詳細は機関誌に掲載されますので、ここでは項目だけお伝えします。

 1,平成22年度会務運営の基本方針と重点施策について
 2,国税当局との協調関係の維持・発展について
 3,会員の綱紀の保持及び品位の向上について
 4,無資格者による税理士行為の排除について
 5,研修会への講師派遣等について
 6,税務支援事業について
 7,税務調査について
 8,「税を考える週間」について
 9,租税教育推進について
10,会員相談室について
11,e-Taxへの対応について
12,アウトソーシングの対応について
13,書面添付制度について



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。

10年08月27日 06時37分29秒
Posted by: hoshino
 ずいぶん前になるが、長老支配の自民党を嫌ってか、民主党に若手官僚、松下政経塾卒業生が数多く入党した時があった。自由闊達な空気に自分の可能性を期待していると日本の先行きに期待が出来ると思えた。その民主党が政権交代と二大政党時代へと扉を開け、若い議員が政府の要職を担い、国政を運営していくと思いきや、雲行きが怪しい。


(日本の美学)

 日本人の感覚からすれば、「疑い有り」と問われればその舞台から潔く身を引くのが日本人らしい美学と考えたい。政治家に高潔さだけを求めるのではないが、国民の7割以上から「政治とカネ」という前時代的問題で、否と言われている人物を、党の代表・日本の代表に担ぎ出そうとしていることに不快感を持つ。


(人材がいないのか)

 民主党には、自分を犠牲にして国のために働く人材はいないのか。そうではない。多数いるはずである。カネとポストで人を操る旧自民党の長老支配の悪しき慣習に染まって、その呪縛から飛び出せいないでいるのか。自分の名誉欲だけで国会議員になったのか、国を思う気持ちはいつしか萎えてしまったのか。寄らば大樹と考えているなら、国費の無駄使い、議員辞職を求めたい。


(新しい器に何故古い酒が)

 敗戦から見事に立ち直った日本も、その成功体験から脱皮できなくて、空白の時を重ねた。国民からその閉塞感を打破される事を願われての政権交代でなかったのか。その打破すべき古い政治体質を持つ人物に、党勢拡大の期待を持っても、日本を代表する立場にとは考えていなかったはず。時計を逆戻りさせることだけはないことを願う。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。

10年08月26日 05時41分55秒
Posted by: hoshino
null

 25日午後6時半より、7月11日の参議院選挙で当選した若林議員の選対本部解散式が行われました。小坂自民党参議院幹事長、吉田参議院議員、後藤・宮下・務台各選挙区支部長、石田幹事長を始めとする保守系の県会議員・市会議員、職域支部長、各支援団体の代表者が180名程集まり、盛大な祝賀の席となりました。


(若林議員に寄せられた言葉)

・若くて、政策に強い有能な議員の誕生、大いに期待します。
・自民党の再生に向けた原動力になって欲しい。
・厳しい条件の下に行われた公募で生まれた議員に、新しい息吹を感じます。
・立場が人を育てると云われているが、選挙活動中から議員となって、日々頼もしくなられています。
・国家経営に職業会計人としての経験を役立てください。


(若林議員の動き)

 選挙中に行っていた辻演説は、国会議員としての活動で帰省はかなわないが、毎週月曜日には長野県下各地で行っていくとのこと。もし通勤途中で見かけたらお声かけおねがいします。当日、若林議員は出席された後援会の方々一人一人に、ふるさと信州が元気!物つくり大国日本が元気!と張り切って政治活動を展開すると挨拶されていました。これから、政治家若林健太議員を支える活動が始まります。どうか変わらぬご支援ご協力の程お願いいたします。


(選挙後のあいさつ行為自粛)

 選挙期日後においても、相当期間は当選に関し有権者へのあいさつする目的をもって、戸別訪問したり文書の配布、又は掲示すること及び当選祝賀会を開いたりすることは禁止行為となっています。相当期間とは一般的には選挙対策本部の解散を目途としているようであります。そこで、当選の報から日がたっていますが、私ども税理士を中心とする後援会(元氣会)の集会も9月22日に臨時総会を開催予定しています。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。

10年08月25日 01時58分52秒
Posted by: hoshino

 「菅直人首相の日韓併合に関する談話で日本国はまた韓国に謝罪した。このように国家が他の国家や国民に謝罪を続けること自体をの是非を米国からの視点で考えてみましょう」と産経新聞ワシントン古森義久氏の一文が掲載された(産経 H22.8.21)。そこで、謝罪について考えてみました。


(ハーバード大学 マーサ・ミノー教授の論文)

 「国家対国家、あるいは国家対個人の謝罪という行為は1980年代以前は考えられなかった」と述べている。主権国家の政府は戦争で降伏し、非を認めて賠償を払いはしても「おわびします」とか「すみません」と心情を表明することはなかったという。事実、米国から原爆投下についての日本政府・国民への謝罪はない。


(オークランド大学 ジェーン・ヤマザキ氏の論考)

 ヤマザキ氏は1965年の日韓国交正常化以降の日本の国家レベルでの謝罪の数々を自著(第二次大戦への日本の謝罪)に列挙しながら「主権国家がこれおほど過去の自国の間違いや悪事を認め、外国に対して謝ることは国際的にきわめて珍しい」と述べている。
 また「謝罪が成功するには受け手にそれを受け入れる用意が不可欠だが、韓国や中国には受け入れの意思はなく、歴史問題で日本と和解する気がないといえる」と述べている。


(国家が対外謝罪を拒む理由)

・過去の行動への謝罪は国際的に自国の立場を低くし、自己卑下となる。
・国家謝罪は現在の自国民の自国への誇りを傷つける。
・国家謝罪はもはや自己を弁護できない自国の祖先と未来の世代の両方の両方の評判を傷つける。


(ドイツと日本)

 同じ第二次世界大戦の敗戦国であるドイツは、戦争責任を国民とナチスドイツとに分け、ナチスドイツに戦争責任を持たせ、独自の調査機関を設けて戦争責任者を処罰してきた。日本は極東裁判でA級戦犯が処刑されたが、戦犯としての取り扱いを曖昧にして、靖国神社に祀ってしまった。結果、ハッキリした戦争犯罪者が居らず、国家謝罪だけが続いている。それが、日本の将来のために命を捧げた方の意にそうものなのか不明、歴史の判断に待ちたい。


(国家成立の大儀)

 国家の成立は前の国家体制を自らの力で打ち破り、自らの力で勝ち取るものである。米国の英国からの独立戦争、ソ連の帝政ロシア打倒による成立、日本では徳川幕府を倒幕した維新戦争がその例であります。しかるに、中国成立は蒋介石国民政府との内戦勝利で成立したが、戦闘行為の稀薄だった抗日戦争勝利を国家成立の時とする。韓国では、日本が連合国に降伏した日をもって国家成立の日としている。自己犠牲を伴う戦闘行為がなくしての国家成立には大義名分がない、悪者日本を打倒し続けなければ現政権の正当性を国民に示すことが出来ない。植民地化を誘発した過去の自国政権への誤りを不問にして、日本に謝罪を求める以外に政権成立の正当性を求められない、極めて国内問題ではないだろうか。


(是々非々)

 死人に非はないとする日本的美学では、国際問題に対応できない。ドイツのように戦争責任を特定:A級戦犯者とさせて頂き、その戦争責任者が犯した誤りをお詫びするのが常識的対応ではないだろうか。また、相手国の国内問題には言及すべきではない。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。

10年08月24日 06時22分59秒
Posted by: hoshino
 中小事業所の代表者は本業以外の付き合いを一手に受け入れるので、訪問客や電話・メールの対応に忙しい。この忙しさに耐え乗り越えるのが立場の責務と考え、権限の委譲など工夫をするが、時間が足りない。


(感謝の気持ちの表し方)

 私は自分の職種について40年経過しています。周りの方々に助けられて今日まで過ごさせて頂いていると感謝しています。その感謝の思いを行動にと、業界活動外に、NPO活動・政治活動・異業種交流活動に関与し始めています。当初、長屋のおやじ程度の世話役とのつもりが、思いの外時間とお金を使っています。


(時間の調整)

 事務所の皆も来所者応対に気遣い、全て私が対応しないようしてくれ、事務所のレイアウトも変えましたが、足りません。これも一時の事と考えていますが、この夏の猛暑、ケガのリハビリで体力の消耗は続いています。もっとスマートな行動と考えますが、田舎の丁寧な付き合い方とは軋轢を生みます。悩ましい問題であります。


(ターニングポイント)

 今は老年期への曲がり角、壮年期と老年期の役割が重なり合う最も忙しい時期と考えています。直に壮年期の役割が終われば落ち着いて時を過ごせると期待しています。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。

10年08月23日 06時15分52秒
Posted by: hoshino
null

null

 22日長野オリンピックスタジアムで行われた「信濃グランセローズVS新潟アルビレックス」の試合は3-2で信濃グランセローズが勝ちました。


(長野の日)

 今回は長野ライオンズクラブ提供の「長野の日」として試合が行われました。カラーボール抽選会では120名の観戦者に豪華景品が提供されました。場外では長野ライオンズクラブメンバーによる販売ブース(トウモロコシ・かき氷の販売)があり、一日メンバーは暑い日差しの中汗をかきました。なお、少年チームのユニホームを着た子供達には無料でかき氷を提供しました。


(支援の輪)

 私は初めてBCリーグの試合観戦をしました。始球式・各種アトラクション・イベント・景品提供と地元企業の講演をいただき、CATVネットワークの実況中継など支援、多くのボランティアの皆さんからご協力を受けて各地で開催されていることを知りました。


(青少年健全育成プログラム)

 長野ライオンズクラブでは今回の後援は青少年健全育成プログラムの一環で行いました。実際に一日参加してみて感じたことは、多くの方々にふれあい、特に少年野球チームの皆さんと直接声を掛け合う機会があったことは良かった。子供達に一人一人暑さ対策の団扇を手渡し、献血車を前にして「大きくなったら献血よろしく」と声をかけることは意義あるプログラムでした。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年08月22日 05時18分13秒
Posted by: hoshino

 18日の産経新聞一面に「「買い物難民」解消を 経産省 指針作成へ」との記事がありました。半世紀前の街の風景を思い出せば、近所に八百屋・魚屋・雑貨屋などがあり、日常生活品は全てそろいました。いまは近所に商店はありません。車がなければ日常生活が送れない状態にあります。


(買い物弱者)

 豊かな社会を実現させようとすれば、格差が生じることは避けられない。そこで、社会保障制度として生活保護・保険制度などのセーフティネットが必要になってくる。経産省のガイドラインが示す通り、高齢化や地域の商店街の衰退などで毎日の買い物に困窮する「買い物弱者(難民)」問題の解消が求められるのは当然だ。


(ガイドラインの方策)

・自治体が買い物チケットを支給しネットスーパーの参入を後押し
・公共交通機関を利用した買い物ツアーを実施
・ネットスーパーや宅配サービス業者に補助金を支給
・自治体が地域の高齢者を集め、送迎サービスを行う
・スーパーの誘致や撤退防止施策


(ガイドラインの配布予定)

 産経記事に寄れば、上記ガイドラインは厚生労働省や国土交通省など関係省庁と調整した上で来年3月以降に配布予定とのこと。買い物弱者は、少子高齢化が進む過疎地だけでなく、高度経済成長期に建設された都市部の団地などでも増えているという。私も、年齢に合わせて普通自動車から軽自動車までの変化は良いが、セニアカー(電動四輪車)になれば行動範囲にスーパーはない。


(地元商店の連係と情報リテラシー)

 セーフティーネット(弱者救済)として、ネットスーパも配送コストから小さなコミュニティーには対応できずらい。とすれば、残ったいる商店が連係してお客の注文に応え、配送するビジネスモデルが求められる。ただし、これとてFAX・インターネットの操作は必要。商店にも高齢者にも情報機器の操作方法の習得は求められる。「パソコンは嫌い」では時代変化に対応できず、生活が出来ない時を迎えている。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年08月21日 13時25分25秒
Posted by: hoshino

 ずいぶん昔になってしまいましたが、40代半ばでTKC関信会の役員を初めて引き受けたとき、長老から「役員は、頭が良くて、体が丈夫で、金があること」が条件だ、お前は大丈夫かと問われた。他の先輩は「お前は声が大きいから推薦した」とも言われました。


(リーダーの条件)

 お役を引き受けることは、その期待された役割を演じきることであり、常に泰然自若、ゆったりと落ち着いて何事も平然と演じきれることと理解します。長老からは・・

・頭が良いか。 一応、国家試験合格したのだから、良しとする
・体が丈夫か。 前段階の支部長で所期の成果を上げたから、まあいいだろう
・金があるか。 親子で仕事をしているので、人のために動くことは出来るだろう
・声が大きい。 人に自分の意思を伝えるに十分な声か、お前は大きい。

と判断されて、お役を任せさせて頂き、今日にいたっておりました。


(ある先輩からの注意)

 昨日の会合で、「お前、最近声が弱い」と注意されました。昨年からお役のステージが上がり、これまでお話をしたことがない方々と折衝することとなり、役職柄の発言なのか、建前なのか、本音なのかかが判断し切れていない自分を指摘されたとハッとしました。
「目の前の人物がその前頭葉で何を考えているかの洞察力」が必要と云われていますが、私には相手の頭の中をイメージすることは出来ません。自分の力の無さを自覚し、経験を重ねるしかないと考え、判断を誤らないよう自戒しています。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年08月20日 05時07分29秒
Posted by: hoshino

null

 19日は長野ライオンズクラブの8月第2例会(第1163回)日でありました。左右田会長はライオンズロアー(ライオンの雄叫び)の由来についてお話し頂きました。


(長野市の日)

 22日の日曜日に長野オリンピックスタジアムで開催されるBCリーグ「信濃グランセローズvs新潟アルビレックスBC」の試合に三千人の青少年を招待する企画と同球場での献血協力に付き、西宮幹事より説明を受けました。なお、当日は当クラブのTシャツを着用のことと指示がありました。


(会員スピーチ)

 西條会員から「私の安曇野」と題した会員スピーチがありました。新宿中村の相馬愛蔵・黒光夫婦と彫刻家の荻原禄山ら「中村屋サロン」に出入りしていた人物の人間模様を書いた、臼井吉見の小説「安曇野」を、西條会員の私見をはさみ、知的で軽快なテンポで説明頂きました。会員スピーチの新しい形が生まれた感動で、素晴らしい一時を過ごしました。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年08月19日 11時46分17秒
Posted by: hoshino
 昨日18日は、従兄弟の丸山功氏の葬儀がありました。享年76才、奥様の手厚い介護を頂いての逝去でありました。従兄弟の男性としては一番の年長者でしたので、私も日々の暮らし、一日一日を大事にしなければならないと考えさせられました。


(葬儀)

 会場は自宅のすぐ近所にある地域の集会場でした。会議場に祭壇を設け、生前お付き合いの縁者が集まり、6人のお坊さんの読経ではじまった夏の暑い日の葬儀でした。故人は幼少の頃のケガで障害がありましたが、なまじの健常者より行動的であり、カメラが趣味で数多くの賞を頂いており、会葬者からは写真にある思い出話で故人を忍びました。祭壇の脇に法然上人の掛け軸が用意されていました。現世では不自由な身でしたがあの世では思い切り飛び跳ねて下さいと合唱しました。

「月影のいたらぬ里は なけれども ながむる人の こころにぞすむ」

この和歌は、法然上人が詠まれた「月かげ」のお歌です。月の光はすべてのものを照らし、里人にくまなく降り注いでいるけれども、月を眺めるひと以外にはその月の美しさはわからない。阿弥陀仏のお慈悲のこころは、すべての人々に平等に注がれているけれども、手を合わせて「南無阿弥陀仏」とお念仏を称えるひとのみが阿弥陀仏の救いをこうむることができる・・・という意味です。

 知恩院HPより   http://www.chion-in.or.jp/honen/index.html


(自費出版「生と死の狭間をくぐりぬけて」)

 今年の4月に故人から自費出版された236頁の御本をいただきました。生い立ちから今日まで、病床の身でお書きになった大変な労作で、残された者にとって思い出の作品となりました。葬儀の時、菩提寺の住職が故人を「丸山翁」と呼んでくれ、頂いた御本と共に一族として誇りを感じさせて頂きました。


(最後に)

 長い闘病生活を支えて頂いた奥様に深い敬意と深甚なる感謝の意を表します。ほんとうにありがとうございました。ご主人を亡くされ、お寂しいでしょうがお体にお気をつけてお暮らし頂けることを祈念します。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。


10年08月18日 06時57分50秒
Posted by: hoshino
 今年は暑い、体力の維持が大切。還暦世代の私はこれからの生活パターンを変えなければならなくなりました。


(通勤に車が必要)

 これまで通勤は徒歩か自転車でしたが、太陽を背中に受けて歩くので暑くてたまらない。旧市内半径2キロ位はどこへでも歩いていくのが取り柄でしたが返上、軽自動車で移動します。


(できるだけ昼寝を)

 昼食時に体力維持を目的に、15~20分ほどの昼寝をします。


(よく落ちる歯磨きを使う)

 これまで電動歯ブラシを怠け者の道具と決めつけていましたが、頂き物を使ってみると、歯に付着した歯垢まで落としてくれるかと思うほど効果があるので、音波振動の歯ブラシ使用に転向しました。


(4欠く主義者に)

 飲み会での二次会などの義理は遠慮する(義理欠く)。姿格好もキチンとはしない、背伸びするような見栄を気にしない(見栄欠く)。電車の中では座るなど何事も年齢相応に楽をすることに、恥ずかしいと思わない(恥欠く)。自分が動くのに疲れを感じるので、余計なお世話は遠慮する(情け欠く)。


(凛とすることからの離脱)

 世間体を気にしてこれまで生きてきましたが、この夏で我が身の衰えが身にしみました。これからは、便利な手段への選択に迷わない。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。

10年08月17日 06時42分08秒
Posted by: hoshino

 6月に閣議決定された新成長戦略では、日本に立地する企業の競争力強化と外資系企業の立地促進のため、法人税の課税ベースを拡大させた上で法人実効税率を主要国並に引き下げることがうたわれた。


(黒字決算割合の向上)

 80%の企業が赤字決算を繰り返している現状から、国際競争力を強化する経営改善を行う急務である。黒字転換する上で、わが国の法人課税の法定実効課税は40%と、30%前後の欧州諸国や、20%台のアジア諸国と比べて高いことは障害。日本の経済成長を促す一助として法人実効税率の引き下げは欠かせないと云われています。


(土屋丈朗慶大教授の指摘 日経経済教室H22.8.2 )

 法人税率はどの程度まで引き下げれば税収が多く得られる状態になるだろうか。・・・日本を含む29カ国の79~02年のデータで分析したところ、法定法人税率がおおむね33%が税収のピークになった。・・・
 法人税の法定税率引き下げと引き換えに、課税ベースを拡大すると場合によっては実態的に法人税の増税となる恐れがある。わが国の法人税率は国際的に見て高いので、課税ベースを拡大せずに税率を下げることで、マクロ経済によい影響をもたらすことが期待される。


(黒字転換の多くの努力の上で達成される)

 多くの努力と犠牲を払って、黒字転換が成されるので法人課税は国際的レベルであることが望まれる。過去に政策的で実行された特別措置法の内、国際競争力強化の実効性の疑わしい施策は排除されるなどの最低限の課税ベース拡大におさえ、内部留保が進み、設備投資が増え、活力ある日本経済再建を望みたい。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
«Prev1 2Next»