2011年 3月の記事一覧

«Prev1 2 3Next»
11年03月31日 05時42分42秒
Posted by: hoshino
null

 東京電力による計画停電実施中の29日午後、大宮にて関東信越税理士政治連盟(関税政)の次期2年間の役員を決める臨時大会が開催されました。提案された役員改選議決と規約一部変更決議がなされました。以下、挨拶の要旨だけお伝えします。


(木村会長あいさつ)

 税政連活動は一部の役員で運営される者でなく、関税政は各県税政連・各国会議員後援会の連合体であります。また関税政は全国の地域会で一番多くの後援会組織を擁している影響力のある組織でその活動は衆目のもとにあります。ですから、我々役員は「税理士制度は国民から納税者権利擁護・納税申告制度堅持のため負託された制度であることを自覚すること。

 また、税理士のお客さま・中小企業は経済の国際化のより厳しい波にさらされ減少傾向にある、一方税理士数は増加している現状下で、独自性を持ち、自分たちの領域は自分たちで守る意識を強くし、種々の業務領域で働く場を求めていかなければならない。税政連活動の重要性は高まるばかりであること代議員の皆様におかれましてはその意を強くして頂きたい。


(小林本会新会長のあいさつ)

 新会長として若くして就任させて頂いたからには、汗をかき元気一杯フットワークよく職責を担っていきます。所信としては、

(1)平成23年度に検討を行い、早ければ平成25年の通常国会に諮られる税理士法改正に取り組み、
(2)国税通則法改正(略称:国税手続法)での納税者権利・義務につき種々提案をしていきたい。

 国民にとって税理士は納税者の権利擁護と公正な納税制度を守る社会的制度である必要性を広く知らしめ、我々の行動が業界エゴとして映らないように務めなければならない。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。



11年03月30日 05時37分34秒
Posted by: hoshino
 戦・争いにはその発生の原因がある。その多くは生活基盤の危機にあると考えます。私の祖父は信州の山の中に生まれたが跡取りではなく、養子になったが貧しかったので、国策に従い満州(中国)に渡った。その当時、次三男坊には一生独身で作男になるか、家を出て自分で生活の糧を求めるかのいずれしか選択はなかった。


(戦国時代の背後にあった異常気象)

 購読している信濃毎日新聞の特別号「戦国武将列伝」で笹本正治信州大学副学長は「戦国時代は小氷河期からだんだん暖かくなる時期で、気候が安定していませんでした。・・・現在、異常気象が取りざたされていますが、戦国時代は異常気象だったからこそ、人々は食糧と冨を求めて戦いあっていたのです。この時代は多くの人が考えるようなロマンの時代でなく、食うか食われるかの厳しい時代で・・・」との解説がありました。


(世界中の歴史に共通)

 ローマ帝国の滅亡、中国の万里の長城ももとを云えば食糧危機による民族の移動の現象的出来事。貧しき民が豊かな地に移動し、豊かさに慣れきった民を駆逐してきた。現在の世でも、就職もできないでいる若者が冨を独り占めしている富裕層に反乱を起こしている事実は中近東諸国に見る通りであります。インターネットという情報機器は歴史の流れを速くしている。


(世界の富裕国 日本)

 欧米との第二次世界大戦に敗れた日本は軍拡から身を引き「軽武装・経済中心主義」という勝手のいい政治イデオロギーで貧富の差の少ない豊かな国になって半世紀。そんな我が世の春にまどろんでいた時に千年に一度の東日本大震災に遭遇した。豊かさにうとうとしていることはもう出来ない。国民一人ひとり復興に協力しないと日本沈没への道を歩み始めてしまう。


(第三の奇跡)

 何処の国の民も自分の生活を守ることには一致団結してきた。ただその方向を誤れば、全体主義的国家運営で失敗したドイツ・イタリア、日本軍部の例にある通り再び貧しさに戻ってしまう。今が肝心な時、国民が国の行く末を決める政治に関心を高めることが求められる。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。


11年03月29日 06時21分41秒
Posted by: hoshino

 人は何人もの出会いと親交を持つことはない。私も畏敬の念を持って接した人物は少ない。昨日は20年間ライオンズクラブで行動を共にし、これからも指導を頂きたいと願っていた高木幸雄氏の葬儀に参列し、お別れの席(お斎)でも故人の遺徳を偲び、64才でこの世を去った無念さを共に噛みしめました。


(良い人物程早く逝く)

 自分には運がない。社会人になって良き先達に恵まれ、この人について行こうとすると、道半ばでその先達の逝去に出会ってしまう不運。一人は長野県を背負って行く人物と目されていた人 小野正孝氏。そして二人目は高木幸雄氏で、長野県経営者の集まりの一つであるライオンズクラブの県代表(ガバナー)にと期待されていました。人は平等ではない、天性の徳目を持って生まれてきた人は極少ない、何もない人物が人並みの努力で単に年を重ねても何も社会に貢献できない。もったいない命を無くした。


(多くの会葬者が集った)

 大きな葬祭センターに、車があふれ、花がいっぱいの祭壇に、最後の別れをするために人が集まり、故人の人物の大きさを物語っていました。何百人ものお焼香する人が行き交う中に立ってご挨拶をしているご遺族の皆々様の悲しみはいかばかりか、大きな穴がこころの中にポカリ空いた思いでありました。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。



11年03月28日 03時31分34秒
Posted by: hoshino
 東日本大震災から2週間が経過しました。巨大地震・大津波・原発事故は日本の有史最大の災害となっています。近年の出来事で云えば、欧米列国の植民地になることを防いだ明治維新と極東の貧しい農業国を運命付けられていた戦後復興を先人の叡智で乗り越えてきた日本の「三度目の奇跡」を成し遂げられるか否かの瀬戸際に我々は立っています。


(膨大な復興費用)

 被災を免れた国民の多くは募金箱に生活費を割いて寄付を行っています。その集められた資金を有効に使い「第三の奇跡」を起こすには復興のグランドデザインを国民に示し、国民の総力をまとめる国の指導者の顔が求められる。しかるに、現状は単なる説明役を演じる方は多いが、国民を鼓舞する復興のビジョンを語る姿が薄い。


(国のために尽くす)

 災害の最前線では、行政職員と東京電力職員・関係者、自衛隊、消防、警察、米軍などが献身的奉仕を頂いている。被災され無かった国民は、募金と援助物資の提供に励んでいる。そこでお願いでありますが、首相閣下は常日頃「政治主導」という言葉を使っておられる。であるならば、国会議員をして、手本としている英国の「ノブレス・オブリージュ(貴族の義務)」を果たすべく、復興の道へ結集させるべきではないか。


(何故、行動が見えないのか)

 選ばれし者であれば、被災から2週間経ち、被災地までの道路が開通している今、国会議員が支援物資を満載したトラックのハンドルを持ち、被災地を廻る姿が見えてきても良いのではないか。それが国会議員の義務でないのか。首相閣下が市民運動から生まれたのであるならば、市民の窮状を救う姿を見せて欲しい。ヘリコプターで視察するだけでは十分でない。


(がんばろう日本)

 政治家は身を挺して国を救うのが仕事である。現職の国会議員は、日本の歴史の中で自分の命をさらした経験がない初めての世代であります。国会議員は一人ひとり自分の行動が歴史に残る、ひ弱な政治家と云われないために奮闘して欲しい。特に、1人で立ち上がり長州藩をまとめた高杉晋作を畏敬する首相閣下には、日本国民の期待は高い。国民の先頭に立ち、国難に立ち向かうことを切に願います。




 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。




11年03月28日 01時06分55秒
Posted by: hoshino

 先日ある方から「ブログを毎日更新していてストレスを感じないんですか」との問いを受けた。確かに毎日ブログをアップすることに苦痛を感じないと云えばウソですが、それ以上の快感を味わっていますと答えました。


(何もできない自分が不甲斐であった)

 大学二年の時に日本青年会議所会頭であった小野正孝氏の東京事務所に書生として住み込み、貴重な経験をさせて頂きました。さまざまな智慧を授けて頂きましたが、所詮器の小さい私には消化ができないことばかりでした。その後「社会人として活かせれば」と考えてきましたが、それも出来ないで時だけが過ぎ去っています。そこで、ブログ掲載でそのお預かりしていた智慧を活かせる方にお伝えは出来ると考え、気持ちを楽にしています。


(リセットする習慣)

 小野氏は、解決した案件は、その終了時にゴミ箱に捨てる儀式をして、次の仕事に取りかかっていました。いったん終了した案件を「後に引きずらない」「他人にまかせて自分の領域から外す」と習慣付けることで、絶えず自分の気持ちをリフレッシュさせ、前向きのプラス思考で、次の案件を受け入れる「ハイ」の姿勢を保っていらしゃいました。


(ブログの効用)

 ストレスから逃げるには、自分の気持ちをコントロールすることが大事。うつ病にならないためには行動の工夫や習慣づけが必要。物事の整理を先送りし、あれこれお考え、整理もできないで、自分の心をゴミ屋敷状態にさせないためにも、自分の身から切り離す術が求められる。一つの方法として、現状で自分が考えられる限りを文章にしてブログにアップし、自分でできることはここまでとし、それ以上に活かせる「有為な方」に宛て送り出しては如何か。


 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。





11年03月26日 10時45分52秒
Posted by: hoshino

 3月7日、八十二銀行のセミナーがあり、講師は両角佐久長聖高校駅伝部部長でありました。両角先生は4月より母校東海大学の陸上部に移られるとのことで佐久長聖高校駅伝部部長としては最後のお話しとなりました。先生の指導力は箱根駅伝で走者20チーム200人の内11名と他に抜きん出た卒業生を育て上げた伯楽であります。選手が強くなるための最低限必要な3条件 選手 環境 指導者 とのことで、配布されたデジメからポイントを拾いました。


(強くなるために選手に求められるもの)

1,忍耐力
2,礼儀
3,自己管理能力
4,変化する力
5,感性
6,自己超越

(優れた選手に共通しているもの)

1,「こいつかわっているな」とか「面白い奴・変な奴」的な所がある
2,他人の悪口を言わない
3,弱音を吐かない
4,頂上体験や至高体験がある
5,親から自立している(高校生にしては)
6、時間にルーズでない
7,約束やルールを守る(責任感が強い)
8,ポジティブ(プラス思考)
9,感性が豊か
10,考え方や行動が変化している


(環境とは)

 「与えられた環境で強くなる」はそれぞれのチームに与えられた使命です。関係者は、変えられる物は変える、変えられない物は受け入れる、というスタンスを持ち良い環境を目指さなくてはいけません。「環境は人を育てる」と言います。


(強くなるために指導者にもとめられるもの)

(指導者の資質)

1,情熱 指導者のやる気こそ!
2,使命感 「選手との縁との出会い」に感謝し必ず「育ててみせる」
3,洞察力と迅速な判断力 先を読み、素速い決断
4,謙虚 「おかげさまで」を忘れない

(指導者のあり方)

1,「してみせる」ことの重要性(特に挨拶や掃除)
2,自分の器で選手を閉じこめない
3,周囲の批判に屈しない
4,ライバルもグランドを離れれば仲間
5,妥協をしない
6,最も身近な仲間を大切にする(学校の同僚先生・地域の方々)
7,「真似事」ではすぐに限界が来る

(選手の育成につながる自己研修)

1,選手の「表現したいこと」をうまく受容できる能力
2,選手の運動能力・理解力を把握し、それに合わせて個々を必ず伸ばす能力
3,選手にやる気を起こさせるような適切な刺激を与える能力

(4つの敵)

「選手」「親」「学校」「自分」 この四つのいずれか一つでも負けたときに自分は敗北する。


 以上は、事業の経営者にも言えることで、自分も自身の有り様を見直し、良き方向に変化させていきたい。感謝。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。



11年03月25日 10時12分18秒
Posted by: hoshino

null

「常在戦場」は、小泉純一郎元総理の所信表明演説に引用された「米百俵」の長岡藩牧野家の家風であります。昨日24日に、仙台支社に人事異動となった大同生命松野支社長の送別会がありました。送別会の雰囲気は、東日本大震災復興の最前線で陣頭指揮のとる指揮官の出陣式そのものでありました。


(経験の共有)

 松野支社長は震災当日11には、赴任前のあいさつ回りを終え、帰路につくべくいたJR仙台駅構内で震災に遭ったとのこと。これから様々な困難が待ち受ける震災復興の先頭に立つ責任者として、スタッフと経験を共有することは大事。「時は人を選ぶ」のたとえではないですが、支社長には、仙台でのご健闘をご期待いたします。


(見える化)

 現場の指揮官は、スタッフに常に先頭に立つ姿を見せなければならない。スタッフは任地での苦労は致し方ないとしても、リーダーの存在そのものが元気の源で、実力以上の現場の力を発揮できると考えます。しかるに、未曾有の震災下にありながら、その姿を国民の前に出てこない、総理大臣と東電の社長に、国民・被災者に復興の頑張りを鼓舞する役割を期待したい。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。



11年03月24日 11時01分25秒
Posted by: hoshino
 23日に「糖尿病予備軍の生活改善」と悲傷ことを書きましたが、その日に「地元の蔵本八社の日本酒フェア」あると会場のホテルから誘われ、春の味覚と美酒に酔ってしまいました。前途多難。


(日本食には日本酒)

 私の楽しみは年に数回、燗酒とつまみをゆっくり味合うことです。「酒の好みは・・」とたずねられると、地酒の「若緑」と答えます。本当は酒の味がよく分からないので、飲み慣れた地元の銘柄を言っているのかもしれませんが、自分の味覚のベースであります。今回は八つの蔵の美酒を飲み比べ、それぞれの蔵の味を楽しむことができました。


(八つの蔵元は・・・)

 世界中でアルコール飲料は数多ありますが、一年でお酒として提供できるのは日本だけ、杜氏の醸造技術の高さがあってこそであります。今回味わった銘酒は全国新酒鑑評会金賞受賞始め世界で高く評価されている蔵元さん自慢のお酒でした。下記に代表銘柄と蔵元名を紹介します。

1,「若緑」    株式会社 今井酒造店
2,「北光正宗」 株式会社 角口酒造店
3,「勢正宗」   株式会社 丸世酒造店
4,「大信州」   大信州酒造 株式会社
5,「北信流」   株式会社 松葉本店
6,「松尾」    株式会社 高橋助作酒造店
7,「桂正宗」  株式会社 酒千蔵野
8,「渓流」   株式会社 遠藤酒造場


 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。


11年03月23日 05時47分30秒
Posted by: hoshino

 いまさら遅いのかもしれないが、人間ドックの結果報告を受け取り、糖尿病予備軍として生活改善を求められた。家系的遺伝子DNAには糖尿病があり、一族には何人かは治療していた事実もあり、私も対処しなければならなくなった。


(原因と改善策)

 糖尿病予備軍との宣告は、これまでの何十年にわたる暴飲暴食、脂肪分の多い食事、過栄養による肥満、運動不足などが誘因であった結果である。生活改善が求められた、先ずは標準体重から13キロオーバーを解消することからスタート、これまで幾たびも挑戦し敗退したが、今度は本気度が試される。その改善策を「あんしんlife 2011.01」の掲載されている東京女子医大・岩本安彦先生の下記「食事療法」「運動療法」に従い、心がける。


(食事療法)

1,適正なエネルギー(カロリー)摂取を守る。私は1日1,700カロリー
2,朝食、昼食、夕食を規則正しく摂る
3,ゆっくり、よく噛んで食べる
4,腹八分目を心がける
5,デザートやフルーツなどもカロリー計算に入れる
6,飽きずに続けられるよう献立を工夫する
7,食品の種類を出来るだけ多くする
8,脂肪は控えめに摂る
9,食物繊維を多く含む食品(野菜、海藻、きのこなど)を摂る


(運動療法)

1,有酸素運動を取り入れる
2,自分で運動の強さを調整する(きつ過ぎず、楽でない程度)
3,1日30分以上、かつ週3回以上
4,無理なくできる運動(1人でできる)を選ぶ
5,食後1~2時間後に行う


(おきて破り)

 40年間「早飯、早しゃべり、早くそ、食事は5分」がサラリーマンの掟としてきた。昼食も移動時間に摂ることが多かった。多くの人物に出会いたいとして宴会も重ねてきた。そのお陰で現在の自分があると考えているが、ギアーを入れ替え、ローギアーにする時が来た。暴飲をしながらも「何時か!大酒は飲めなくなる時が来る!」と薄々覚悟はしてきたが、来た。宴会料理から離れれば、自然に体重は減る。料理を見なければ口にしない道理か、ストレスが多い仕事柄、食事まで制限されてはたまらないと愚痴を言いたいが、もういいだろう。


 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。



11年03月22日 03時46分44秒
Posted by: hoshino
 亀井静香前金融・郵政改革担当大臣が創った中小企業金融円滑化法が3月末で失効する可能性が大きくなった。金融機関にとって、行政によるリスケを強制し、金融機関としての健全な業務を阻害する法案と印象を持たれているが、地方中小企業にとって資金繰りに貢献していることは事実。東日本大震災によって経済の変動は避けられない現状において、支えを失うことに憂慮する。


(税のしるべ 2011.3.14付記事)

 中小企業などの資金繰りを支援するため一昨年12月に施行された中小企業金融円滑化法が失効する可能性が出てきた。政府は今月末で期限切れとなる同法を1年間延長する法案を国会に提出しているが、衆参で多数派が異なる「ねじれ国会」の影響を受け、成立の見通しは立っていない。中小企業を取り巻く環境は依然厳しく、同法が失効すれば、4月以降、資金繰りに行き詰まった中小企業の倒産が急増するとの懸念が広がり始めている。


(立ち後れている経営改善)

 少子高齢化で消費需要が減少し、経済が縮小傾向にあり、中小企業にとって経営の見直しは急務であった。不採算部門の廃し、本業回避し、必死で生き残るべく経営改善に取り組んでいたが、1年では時間が足りない。それでも、金融円滑化法による貸付条件変更を全国で、昨年75万9千社で実施され、5年ぶりに倒産が前年を下回る効果が出ている。


(経営改善計画)

 事業縮小による経営改善は途についたばかり、収入の改善効果より、経営体質転換にかかる支出が多い今年に同法案の一年延長が成立しないければ、致命傷。経済競争下で弱肉強食は致し方がないが、地方に生き残ってもらいたい企業まで倒産となれば、雇用の場を大きく失ってしまう。


(あと一年)

 地方金融機関が融資業務をゆがめる同法案に冷ややかであることは承知するが、いま一年経営の立て直しに日夜奮闘している経営者に時間を与えて欲しい。どうか、国会議員諸先生方におかれては大震災復興だけでなく同法案の審議を切にお願いしたい。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。





11年03月21日 09時43分29秒
Posted by: hoshino
 ブログを書いていて一番気になるのは「自分の書き込みは著作権の侵害にならないか」であります。そんな疑問に答える記事を見つけました。テレコム・フォーラム 2011・3の「インターネット利用に役立つ法律知識」では「原則として著作権者の許可がなければ掲載できません。ただし、「引用」や「転載」の場合は可能です。」とありました。


(「引用」の説明では・・・)

 「新聞の記事、小説、書籍などは、原則として著作権者の許可を得て掲載しなければ著作権法違反になる。ただし、「引用」は例外的に認められている。引用とは、自分の著作物を完成させるために必要性がある文章などの一部を掲載すること。その場合でも引用先を明示するなどの条件がある。」としています。


(引用が許されるケース)

1,すでに公表されている著作物からの引用
2,引用している部分が目的上、正当な範囲であること
3,カギカッコ(「」)などで引用部分を分かるようにする
4,引用部分とそれ以外の主従関係が明確である
5,出典を明示する


(主従関係とは)

 「引用が主であり、自分の主張が従」であれば、自分の意見表明にはならない。起承転結など文章の流れ、量的な関係などで判断される。ただし、自分の意見を、単に際立たせるために引用するのでなく、足りない自分の考えを補完してもらうと云う気持ちが大事。


(浅学非才の哀れさ)

 私事でありますが、「自分とは何者、他に影響されない自分とは・・」という自己探求が浅いので、自分の頭に浮かんだ言葉が本当に自分のオリジナルなのかに自信がない。ブログへの書き込みをすればする程、心に着飾っていたもの・かみしもが取り去られ、頼りない裸の自分が現れるような気がする。 


(裸の自分を強くする)

 裸になり、本当の自分を見つめることは自分を鍛えることにつながるとも考えます。その裸になった自分が他人の考えを引用させていただき、考えの骨組みを再構築させ、何があっても動じない心の有り様を創ることに、私はブログ継続の意義を持ちたい。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。



11年03月20日 10時11分38秒
Posted by: hoshino
null

 第三土曜日シニアの会第60回セミナーは私が講師で「相続税改正でどう変わる、増税になるて本当!」と題して、相続対策をお伝えしました。


(政府のもくろみ)

 GDP217%と危機状態にある財政問題解決と国民間の格差是正、冨の再分配機能充実を図るため、資産税強化に動きだした。その第一歩が相続税改正であります。その後のステップは、課税の公平性を保つための「社会保障・税共通番号制度」を導入し、経済弱者救済策の漏れを防ぐ手当をした上で、消費税率アップで、財政健全化をめざす。


(これからの相続対策)

 財産を承継するには、人口減少時代で「守りの姿勢」から「攻めの姿勢」に変わらなければならない。土地神話の時は遠ざかり、これからは知恵を働かさないと相続財産は守れない。ただ「安心して暮らせられば」とか「先祖からの財産をそのまま次の世代に引き継げれば」と時の流れに座していると、砂上の楼閣」のように足下が崩れていってしまう。


(専門家と二人三脚で)

 シニアの会では、財産と生活を守る知識を身に付けていただくことをセミナー開催の目的としています。財産を守る・安心できる生活に役立つ話しを専門家にお願いしています。次回は4月16日、行政書士による「遺言書作成のポイント」と題して、自分の思いを相続人に伝える術を学びます。ご参加をお待ちしております。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。

11年03月19日 05時53分05秒
Posted by: hoshino

 17日の午後6時からの日本大学税理士桜門会役員会に出席するために上京しました。たまには書店により本を捜したかったことと、確定申告が終わり息抜きにと軽い気持ちで出かけました。当日、海江田経済産業相が「予測不能な大規模停電が発する恐れがある」と記者会見していた日とは知りませんでした。


(確かに違っていました)

 新幹線は通常通りでしたが、後のJR各線は70%、30%、10%に運行本数が制限され、田舎の電鉄と同じ位に電車の本数は少なく、車窓に見る風景もネオンもなく、暗い街並みで、まるで銀河鉄道の様でありました。でも大きな混乱もなく皆さん帰宅されたようです。これまで何かにつけ云われてきた「日本は民間人の現場では優れた対応に反し、政治・中枢部門の戦略的対応が劣っている」の通りかもしれません。


(日大桜門会)

 日本大学卒の税理士は全国に1,280名程で、中央・明治・早稲田・慶応に次ぐ5番目だとのことであります。日本税理士会連合会では各大学において優秀な人材を求める寄付講座を開催しており、日本大学においても講座が設けられていることから、卒業生の組織化が求められ、名称も「日本大学税理士桜門会」と決まり、昨年から活動が本格化しております。


(組織化)

 全国を税理士会の地域会と同様にブロック単位で組織化を進めると決議されました。長野県は関東信越ブロックに属することとなります。日本税理士会の活性化には従来の地域会とは別に、出身校別に切磋琢磨させることが求められているとのこと。


(会員の増強)

 桜門会の総会は6月4日(土)に予定されています。関東信越税理士会は全国会員の10%とすれば、120名位はいるはず。個人情報保護の見地から自発的申し出しか確認方法がありません。日大出身の税理士さん連絡をお待ちしております。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。




11年03月18日 06時45分11秒
Posted by: hoshino
null

 17日のライオンズクラブ例会で、東日本大震災への義援金拠出が報告された。宮城・岩手の幾つかのライオンズクラブ事務局と連絡が付かず、一週間経っても安否確認が出来ていないとのことで、黙祷から例会が始まりました。


(明日は我が身)

 左右田会長は、「今回の東日本大震災で犠牲に成られた方々に哀悼の意をお伝えし、一刻も早い復興を願います。日本ではいつ何時災害に遭うか分かりません。「明日は我が身」としての備えと心構えが求められます。現在は物資の供給が整わず、何かと不自由でありますが、どうか皆様におかれましたは被災者のおかれた境遇に思いをはせ、協力をしていきたい。」とあいさつされた。


(ライオンズクラブ国際本部からの支援金)

 国際本部よりの支援金が下記の通り決まった。

(1)東日本大震災に対して 5億円
(2)長野県北部地震に対し、1万ドル


(メンバーへの義援金要請)

 日本の10万余ライオンズクラブメンバー一人当たりの義援金拠出(長野県:334E地区)は下記の通りになりました。

(1)東日本大震災に対し、3,000円
(2)ニュージーランド地震に対し、100円
(3)九州新燃岳噴火に対し、100円
(4)長野県北部地震に対し、300円


(連続皆勤賞)

 毎年3月第2例会には、次期役員の選挙会と連続皆勤表彰が行われます。44年皆勤(年24回として出席日数で年換算する)のL・加藤から「例会参加で、様々な業種の人と出会い、会話を重ねることにより自分の人間性を豊かなものにしてきた。私は、どんな会でも属した以上、又お役を受ければ、毎回出席することを自分に課してきた。」と挨拶された。先輩の真摯な姿勢に見習うこと大であります。


(選挙会)

 次年度の役員が決まりました。私はこの7月から第一副会長のお役をお預かりし、来年7月からのクラブ会長候補者になることとなりました。40才で入会して22年が経過します。頂いたご恩に報いるため、励みたいと考えています。ご支援ご鞭撻の程お願いいたします。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。



11年03月17日 02時48分35秒
Posted by: hoshino
 連日の東京電力福島原子力発電事故の報道に、「日本沈没」の悪夢を振り払うことが出来ないでいるのが日本国民の正直な気持ちではないであろうか。人類が手にした「原子の力」で、今度は自ら破壊の加害者と被害者に成らんとしている現実に「技術立国日本の金看板はどうなっている」と大きく叫びたい気持ちを抑えて。


(出来ることは祈るだけ)

 現場の方々の被爆を恐れずに奮闘している事実に感謝をしつつ、日本が破壊される危機を救っていただくには、専門外の人間に出来ることは「ただ事態が好転するよう」に祈ることと、節電節約に心がけ被災地に物資が一つでも多く送られることに協力すること。また、おそらく多くの宗教団体は教団信者に対して祈りを捧げる指示を出しているだろうが、教団に属さない国民も、朝の祈りに原発事故の早期解決への祈りを加えて欲しい。


(神風を願う)

 これまで日本では祈りで国難を脱した歴史を持っている。蒙古襲来、文永・弘安の役では、全国の神社お寺で祈祷し、神風で難を逃れた事実である。今一度、福島の地に神風が到来するよう、全国民が自分の生活を守るために、国の安寧を願うために、問題解決まで日々祈りを捧げていただきたい。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino 」にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。




«Prev1 2 3Next»