2009年 1月の記事一覧

«Prev1Next»
09年01月08日 23時55分36秒
Posted by: ike

(01/08)「法人の税法入門」-静岡市・税理士・池谷和久

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<H2>(第100話)「消費税」の「国内取引」の「納税義務者」</H2>
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 


「消費税」の
「国内取引」の
「納税義務者」は、
国内において
課税資産の譲渡等を行った事業者(法5-1)となっている。


ここで言う
「事業者」とは、
『個人事業者』
及び
『法人』
であり、
国、
地方公共団体、
公共法人、
公益法人等、
人格のない社団等
---も含まれます。


また、
事業者の定義にあてはまれば、
国内に住所又は居所を有しているか否かを問わないで、
いかなる事業者であっても、
国内において課税の対象となる取引を行う限り、
納税義務者(法2-1四、3、5、60)
になるので注意が必要でしょう。

 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆是非↓↓アクセスしてみてください!◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆090-5632-4029◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
http://www.money.gr.jp/
http://www.money.gr.jp/mt/
http://zei.aoi-ku.com/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪本ブログの主旨等≫

「法人の税金」
(法人税・消費税・源泉所得税など
法人を運営する上で知っておくべき税金)を
一通り勉強したい方のために
当ブログを立ち上げました。


本ブログは、
忙しい中小企業の経営者の方などが
さっと毎日、1、2分で目を通し、
「法人の税金」のポイントを理解できるように
コンパクトにまとめるように心掛けました。

そのため、
枝葉は切り取ったり、
解りやすい言葉使いにした事もあり、
網羅性、正確性などが欠けていますので
実際の判断は税務署、顧問税理士などに
ご相談の上、自己責任でお願いします。

 

◆過去のテーマ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
H21/01/08→(第100話)「消費税」の「国内取引」の「納税義務者」
H21/01/07→(第99話)「消費税」の「輸出免税」
H21/01/06→(第98話)「消費税」の「免税取引」
H21/01/05→(第97話)「消費税」の「輸入取引」の「非課税取引」
H20/12/27→(第96話)「消費税」の「住宅の貸付け」の取り扱い
H20/12/26→(第95話)「消費税」の「教育関連サービス等」の取り扱い
H20/12/25→(第94話)「消費税」の「身体障害者用物品等」の取り扱い
H20/12/24→(第93話)「消費税」の「埋葬料・火葬料等」の取り扱い
H20/12/23→(第92話)「消費税」の「助産等」の取り扱い
H20/12/22→(第91話)「消費税」の「社会福祉事業等」の取り扱い
H20/12/21→(第90話)「消費税」の「介護保険に係る資産の譲渡等」の取り扱い
H20/12/20→(第89話)「消費税」の「療養、医療、施設療養等」の取り扱い
H20/12/19→(第88話)「消費税」の「国、地方公共団体等の手数料等」の取り扱い
H20/12/18→(第87話)「消費税」の「物品切手等」の取り扱い
H20/12/17→(第86話)「消費税」の「切手、印紙、証紙等」の取り扱い
H20/12/16→(第85話)「消費税」の「利子対価の貸付金等」の取り扱い
H20/12/15→(第84話)「消費税」の「有価証券等」の取り扱い
H20/12/14→(第83話)「消費税」の「土地の譲渡等」の取り扱い
H20/12/13→(第82話)「消費税」の「国内取引における非課税(2)」
H20/12/12→(第81話)「消費税」の「国内取引における非課税(1)」
H20/12/11→(第80話)「消費税」の「輸入取引の課税対象」
H20/12/10→(第79話)「消費税」の「課税対象にならない不課税取引」
H20/12/09→(第78話)「消費税」の「役務の提供を行う取引の判定基準」
H20/12/08→(第77話)「消費税」の「資産の貸付けを行う取引の判定基準」
H20/12/07→(第76話)「消費税」の「資産の譲渡を行う取引の判定基準」
H20/12/06→(第75話)「消費税」の「対価を得て行う取引の判定基準」
H20/12/05→(第74話)「消費税」の「事業者が事業として行う取引の判定基準」
H20/12/04→(第73話)「消費税」の「国内取引の判定基準」
H20/12/03→(第72話)「消費税」の「課税対象となる国内取引」
H20/12/02→(第71話)「消費税」に「独特な用語チェック」
H20/12/01→(第70話)「消費税」の「課税対象」
H20/11/30→(第69話)「消費税」の「概要」
H20/11/29→(第68話)「消費税」と「地方消費税」
H20/11/26→(第67話)「消費税」の「改正の経緯」
H20/11/25→(第66話)「法人税」の「有価証券」の「譲渡利益額」、「譲渡損失額」
H20/11/24→(第65話)「法人税」の「有価証券」
H20/11/23→(第64話)「法人税」の「欠損金額」の「繰越控除制度」
H20/11/22→(第63話)「法人税」の「損金の額に算入されない租税公課」
H20/11/21→(第62話)「法人税」の「寄附金」の範囲
H20/11/20→(第61話)「法人税」の「交際費等」から「除外されるもの」
H20/11/19→(第60話)「法人税」の「交際費等の範囲」
H20/11/18→(第59話)「法人税」の「特殊支配同族会社」の「役員給与の損金不算入」
H20/11/17→(第58話)「法人税」の「定期同額給与」、「事前確定届出給与」
H20/11/16→(第57話)「法人税」の「使用人兼務役員の範囲」
H20/11/15→(第56話)「法人税」の「役員の範囲」
H20/11/14→(第55話)「法人税」の「同族会社」
H20/11/13→(第54話)「法人税」の「繰延資産」の「償却限度額」
H20/11/12→(第53話)「法人税」の「税法固有」の「繰延資産」
H20/11/11→(第52話)「法人税」の「繰延資産」の概要
H20/11/10→(第51話)「法人税」の「選択できる減価償却方法の範囲」
H20/11/09→(第50話)「法人税」の「一括償却資産」の「損金算入」
H20/11/08→(第49話)「法人税」の「1年未満、10万円未満、少額減価償却資産」の「全額損金算入」
H20/11/07→(第48話)「法人税」の「期中に取得」した場合の「減価償却限度額」
H20/11/06→(第47話)「法人税」の「減価償却費」の「償却超過額」の「申告書・別表四」処理
H20/11/05→(第46話)「法人税」の「減価償却費」の「損金経理要件」
H20/11/04→(第45話)「法人税」の平成19年3月31日以降取得の減価償却資産に適用の「定額法・定率法」
H20/11/03→(第44話)「法人税」の平成19年3月31日以前取得の減価償却資産に適用の「旧定額法・旧定率法」
H20/11/02→(第43話)「法人税」の「旧定額法・旧定率法」と「定額法・定率法」
H20/11/01→(第42話)「法人税」の「減価償却」の「法定耐用年数」
H20/10/31→(第41話)「法人税」の「減価償却」の「残存価額」、「備忘価額1円」
H20/10/30→(第40話)「法人税」の「固定資産」の「取得価額」と「資本的支出」
H20/10/29→(第39話)「法人税」の「固定資産」の「減価償却資産」と「非減価償却資産」
H20/10/28→(第38話)「法人税」の「固定資産」の「減価償却」による「費用配分」
H20/10/27→(第37話)「法人税」の「棚卸資産」の「評価方法届」と無届時の「最終仕入原価法」
H20/10/26→(第36話)「法人税」の「棚卸資産」の「評価方法」
H20/10/25→(第35話)「法人税」の「棚卸資産」の「取得価額」
H20/10/24→(第34話)「法人税」の「棚卸資産」の「勘定科目」
H20/10/23→(第33話)「法人税」の「商品棚卸高」の「期末評価」
H20/10/22→(第32話)「法人税」の「損金の額」の概要
H20/10/21→(第31話)「法人税」の「資産の評価益」の「益金不算入」
H20/10/20→(第30話)「法人税」の「受取配当等の益金不算入」の対象と申告要件
H20/10/19→(第29話)「法人税」の「受取配当等の益金不算入」と「二重課税排除」
H20/10/18→(第28話)「法人税」の「法人実在説」と「法人擬制説」
H20/10/17→(第27話)「法人税」の「企業会計上の収益の額」に対する「別段の定め」
H20/10/16→(第26話)「法人税」の「無償譲渡」による収益の額
H20/10/15→(第25話)「法人税」の「工事進行基準」が強制適用される「長期大規模工事」
H20/10/14→(第24話)「法人税」の「長期割賦販売」の「計上時期」と「延払基準」
H20/10/13→(第23話)「法人税」の「請負」の「計上時期」の原則と「部分完成基準」
H20/10/12→(第22話)「法人税」の「商品や製品等の販売」の「計上時期」
H20/10/11→(第21話)「法人税」の「税務調整」の「決算調整事項」と「申告調整事項」
H20/10/10→(第20話)「法人税」が「損金経理」を要件している例
H20/10/09→(第19話)「法人税」の「損金経理」要件
H20/10/08→(第18話)「法人税」の「損金」の「費用収益対応の原則」と「債務確定主義」
H20/10/07→(第17話)「法人税」の「益金」の額に算入すべき金額
H20/10/06→(第16話)「法人税」の「青色申告」の「課税標準」たる「事業年度の所得金額」
H20/10/05→(第15話)「法人税」の「青色申告」の「みなす承認」と「却下・取消し」
H20/10/04→(第14話)「法人税」の「青色申告」の「承認申請書」と「提出期限」
H20/10/03→(第13話)「法人税」の「中間申告」の「予定申告」と「仮決算」
H20/10/02→(第12話)「法人税」の「確定申告書」の「記載事項」と「添付書類」
H20/10/01→(第11話)「法人税」の「確定申告書」の「申告期限」と「延長」
H20/09/30→(第10話)「法人税」の「確定申告」と「確定決算主義」
H20/09/29→(第09話)「法人税」の「納税地」の「指定」
H20/09/28→(第08話)「法人税」の「内国法人」の「納税地」
H20/09/27→(第07話)「法人税」上での年度途中で解散した際の「事業年度」
H20/09/26→(第06話)「法人税」上の「事業年度」
H20/09/25→(第05話)「法人税」の対象となる「所得の種類」と「課税の範囲」
H20/09/24→(第04話)「法人税」の「納税義務」のある「法人の種類」
H20/09/23→(第03話)「法人税法」の「構成」と「特色」
H20/09/22→(第02話)「法人税法」の「法体系」
H20/09/21→(第01話)「法人税法入門」≪はじめに≫
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

<プロフィール等>
税理士 池谷和久(いけがや かずひさ)
http://www.interq.or.jp/tokyo/tukuba/kinken/SUNTORY/20000108.htm
http://www.avanti-web.com/pastdata/20000108.html
静岡市 駿河区 曲金3-9-3
(1)生まれ故郷:<H3>静岡県 志太郡 大井川町</H3>
http://www.town.oigawa.lg.jp/
<H3>(平成20年11月1日からは 静岡県 焼津市 と合併)</H3>
http://www.city.yaizu.lg.jp/
(2)出身高校:<H3>静岡県立藤枝東高等学校(静岡県 藤枝市 天王町1丁目7番1号)</H3>
http://www.shizuoka-c.ed.jp/fujiedahigashi-h/
(3)所属:税理士会<H3>東海税理士会静岡支部(静岡県 静岡市 葵区 追手町10番202号)</H3>
http://www.tokaizei.or.jp/
http://www.tokaizei.or.jp/shibu/sizuoka/index.html
(4)所属:mixi(ミクシィ)<H3>秘密作戦静岡駐屯地(管理人 坪井さん 静岡県 静岡市 清水区 西久保243-3)</H3>
http://mixi.jp/
http://www.tsuboi-tatami.jp/ (静岡市清水区の畳屋(たたみや)さん・坪井畳店)
http://www.cha-nakamura.jp/  (株式会社中村米作商店・静岡県 静岡市 清水区 西久保531)
(5)所属:会計ソフト会社<H3>「弥生会計・弥生販売・弥生給与・弥生人事給与・弥生顧客等の弥生PAPゴールド会員」</H3>
http://www.yayoi-kk.co.jp/
(6)所属:ソフトサービス会社<H3>「確定申告、税務申告、財務会計、経営計画、決算処理ソフトのTKC」</H3>
<H3>(静岡SCG 静岡県 静岡市 葵区 黒金町59-6)</H3>
http://www.tkc.co.jp/
(7)所属:税務団体<H3>「TKC全国会」(静岡支部 静岡県 静岡市 葵区 黒金町59-6)</H3>
http://www.tkcnf.or.jp/
(8)事務所:住所<H3>静岡県 静岡市 駿河区 曲金 3-9-3</H3>
http://www.money.gr.jp/
(9)関連会社<H3>「株式会社日本情報処理」静岡県 静岡市 駿河区 曲金 3-9-3</H3>
http://www.money.gr.jp/
(10)提携<H3>「株式会社設立@静岡」(黒田行政書士 静岡県 静岡市 葵区 両替町1-6-8)</H3>
http://www5d.biglobe.ne.jp/~kuroda-s/kaisha01.htm
(11)提携<H3>宗教法人 吉祥寺(お安い葬式のあげ方、富士山の見えるお墓 山林散骨 海洋散骨 海洋葬 自然葬 樹木葬 ペットの供養)</H3>
<H3>住職 中野壽一 静岡県 静岡市 葵区 諸子沢(モロコザワ)655</H3>
[簡易仏事用語集:提供:宗教法人 吉祥寺 代表役員 中野寿一 住職]
海洋葬とは、故人や遺族の希望に基づき、船やヘリコプター、飛行機などを用いて、海に散骨すること。
散骨とは、焼骨をそのままの状態でまくのではなく、細かく砕粉し、
「墓地埋葬に関する法律」や「遺骨遺棄罪に反しない程度」に節度を持って、適法に行うことが必要とされる。
樹木葬とは、墓石の代わりに、樹木を墓標にして、直接土中に遺骨を埋葬する方法。
一般的には、私有地の墓地認定された山林に納骨する。
自然葬とは、「自然に戻りたい(帰りたい)」と言う「自然回帰志向」が強い人が増え、
その自然志向に合わせた葬儀の方法。
具体的には、海洋葬、樹木葬、富士山の見えるお墓、山林散骨、海洋散骨などが含まれる。
静岡市,駿河区,葵区,清水,清水区,藤枝,藤枝市,焼津,焼津市,岡部,岡部町,大井川,大井川町,島田,島田市での
葬式、法要(初七日、四十九日、初盆、新盆)、供養、納骨、富士山の見えるお墓、分骨収納位牌、
一周忌、三回忌、お安い葬式などが可能との事です。
<a href="http://www.kitijyouji.jp/">
http://www.kitijyouji.jp/
</a>
<a href="http://www.kitijyouji.jp/mt/">
(ブログ)静岡市・吉祥寺の中野住職が語る「葬式、法要(初七日、四十九日、初盆、新盆)、供養、納骨、お墓、一周忌、三回忌などの仏事のこぼれ100話」
</a>

09年01月07日 23時54分38秒
Posted by: ike

(01/07)「法人の税法入門」-静岡市・税理士・池谷和久

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<H2>(第99話)「消費税」の「輸出免税」</H2>
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 


「消費税」の「輸出免税」の対象は、

イ:国内からの輸出として行われる資産の譲渡又は貸付け(典型的な輸出取引)(法7-1一)
(注)
但し、最終的に輸出される資産の譲渡等でも、
・輸出する物品の製造のための下請加工
・輸出取引を行う事業者に対する国内での資産の譲渡等
---などは、輸出免税の規定は適用されない事になっている。

 

ロ:外国貨物の譲渡又は貸付け(法7-1二)
輸入した貨物を輸入手続をしないで、外国貨物のまま転売する
---などの場合。

 

ハ:国内と国外の間の旅客や貨物の輸送又は通信(国際輸送、国際通信)(法7-1三)

 

ニ:国内と国外の間の郵便(国際郵便)(令17-2五)


---などが主な取引です。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆是非↓↓アクセスしてみてください!◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆090-5632-4029◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
http://www.money.gr.jp/
http://www.money.gr.jp/mt/
http://zei.aoi-ku.com/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪本ブログの主旨等≫

「法人の税金」
(法人税・消費税・源泉所得税など
法人を運営する上で知っておくべき税金)を
一通り勉強したい方のために
当ブログを立ち上げました。


本ブログは、
忙しい中小企業の経営者の方などが
さっと毎日、1、2分で目を通し、
「法人の税金」のポイントを理解できるように
コンパクトにまとめるように心掛けました。

そのため、
枝葉は切り取ったり、
解りやすい言葉使いにした事もあり、
網羅性、正確性などが欠けていますので
実際の判断は税務署、顧問税理士などに
ご相談の上、自己責任でお願いします。

 

◆過去のテーマ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
H21/01/07→(第99話)「消費税」の「輸出免税」
H21/01/06→(第98話)「消費税」の「免税取引」
H21/01/05→(第97話)「消費税」の「輸入取引」の「非課税取引」
H20/12/27→(第96話)「消費税」の「住宅の貸付け」の取り扱い
H20/12/26→(第95話)「消費税」の「教育関連サービス等」の取り扱い
H20/12/25→(第94話)「消費税」の「身体障害者用物品等」の取り扱い
H20/12/24→(第93話)「消費税」の「埋葬料・火葬料等」の取り扱い
H20/12/23→(第92話)「消費税」の「助産等」の取り扱い
H20/12/22→(第91話)「消費税」の「社会福祉事業等」の取り扱い
H20/12/21→(第90話)「消費税」の「介護保険に係る資産の譲渡等」の取り扱い
H20/12/20→(第89話)「消費税」の「療養、医療、施設療養等」の取り扱い
H20/12/19→(第88話)「消費税」の「国、地方公共団体等の手数料等」の取り扱い
H20/12/18→(第87話)「消費税」の「物品切手等」の取り扱い
H20/12/17→(第86話)「消費税」の「切手、印紙、証紙等」の取り扱い
H20/12/16→(第85話)「消費税」の「利子対価の貸付金等」の取り扱い
H20/12/15→(第84話)「消費税」の「有価証券等」の取り扱い
H20/12/14→(第83話)「消費税」の「土地の譲渡等」の取り扱い
H20/12/13→(第82話)「消費税」の「国内取引における非課税(2)」
H20/12/12→(第81話)「消費税」の「国内取引における非課税(1)」
H20/12/11→(第80話)「消費税」の「輸入取引の課税対象」
H20/12/10→(第79話)「消費税」の「課税対象にならない不課税取引」
H20/12/09→(第78話)「消費税」の「役務の提供を行う取引の判定基準」
H20/12/08→(第77話)「消費税」の「資産の貸付けを行う取引の判定基準」
H20/12/07→(第76話)「消費税」の「資産の譲渡を行う取引の判定基準」
H20/12/06→(第75話)「消費税」の「対価を得て行う取引の判定基準」
H20/12/05→(第74話)「消費税」の「事業者が事業として行う取引の判定基準」
H20/12/04→(第73話)「消費税」の「国内取引の判定基準」
H20/12/03→(第72話)「消費税」の「課税対象となる国内取引」
H20/12/02→(第71話)「消費税」に「独特な用語チェック」
H20/12/01→(第70話)「消費税」の「課税対象」
H20/11/30→(第69話)「消費税」の「概要」
H20/11/29→(第68話)「消費税」と「地方消費税」
H20/11/26→(第67話)「消費税」の「改正の経緯」
H20/11/25→(第66話)「法人税」の「有価証券」の「譲渡利益額」、「譲渡損失額」
H20/11/24→(第65話)「法人税」の「有価証券」
H20/11/23→(第64話)「法人税」の「欠損金額」の「繰越控除制度」
H20/11/22→(第63話)「法人税」の「損金の額に算入されない租税公課」
H20/11/21→(第62話)「法人税」の「寄附金」の範囲
H20/11/20→(第61話)「法人税」の「交際費等」から「除外されるもの」
H20/11/19→(第60話)「法人税」の「交際費等の範囲」
H20/11/18→(第59話)「法人税」の「特殊支配同族会社」の「役員給与の損金不算入」
H20/11/17→(第58話)「法人税」の「定期同額給与」、「事前確定届出給与」
H20/11/16→(第57話)「法人税」の「使用人兼務役員の範囲」
H20/11/15→(第56話)「法人税」の「役員の範囲」
H20/11/14→(第55話)「法人税」の「同族会社」
H20/11/13→(第54話)「法人税」の「繰延資産」の「償却限度額」
H20/11/12→(第53話)「法人税」の「税法固有」の「繰延資産」
H20/11/11→(第52話)「法人税」の「繰延資産」の概要
H20/11/10→(第51話)「法人税」の「選択できる減価償却方法の範囲」
H20/11/09→(第50話)「法人税」の「一括償却資産」の「損金算入」
H20/11/08→(第49話)「法人税」の「1年未満、10万円未満、少額減価償却資産」の「全額損金算入」
H20/11/07→(第48話)「法人税」の「期中に取得」した場合の「減価償却限度額」
H20/11/06→(第47話)「法人税」の「減価償却費」の「償却超過額」の「申告書・別表四」処理
H20/11/05→(第46話)「法人税」の「減価償却費」の「損金経理要件」
H20/11/04→(第45話)「法人税」の平成19年3月31日以降取得の減価償却資産に適用の「定額法・定率法」
H20/11/03→(第44話)「法人税」の平成19年3月31日以前取得の減価償却資産に適用の「旧定額法・旧定率法」
H20/11/02→(第43話)「法人税」の「旧定額法・旧定率法」と「定額法・定率法」
H20/11/01→(第42話)「法人税」の「減価償却」の「法定耐用年数」
H20/10/31→(第41話)「法人税」の「減価償却」の「残存価額」、「備忘価額1円」
H20/10/30→(第40話)「法人税」の「固定資産」の「取得価額」と「資本的支出」
H20/10/29→(第39話)「法人税」の「固定資産」の「減価償却資産」と「非減価償却資産」
H20/10/28→(第38話)「法人税」の「固定資産」の「減価償却」による「費用配分」
H20/10/27→(第37話)「法人税」の「棚卸資産」の「評価方法届」と無届時の「最終仕入原価法」
H20/10/26→(第36話)「法人税」の「棚卸資産」の「評価方法」
H20/10/25→(第35話)「法人税」の「棚卸資産」の「取得価額」
H20/10/24→(第34話)「法人税」の「棚卸資産」の「勘定科目」
H20/10/23→(第33話)「法人税」の「商品棚卸高」の「期末評価」
H20/10/22→(第32話)「法人税」の「損金の額」の概要
H20/10/21→(第31話)「法人税」の「資産の評価益」の「益金不算入」
H20/10/20→(第30話)「法人税」の「受取配当等の益金不算入」の対象と申告要件
H20/10/19→(第29話)「法人税」の「受取配当等の益金不算入」と「二重課税排除」
H20/10/18→(第28話)「法人税」の「法人実在説」と「法人擬制説」
H20/10/17→(第27話)「法人税」の「企業会計上の収益の額」に対する「別段の定め」
H20/10/16→(第26話)「法人税」の「無償譲渡」による収益の額
H20/10/15→(第25話)「法人税」の「工事進行基準」が強制適用される「長期大規模工事」
H20/10/14→(第24話)「法人税」の「長期割賦販売」の「計上時期」と「延払基準」
H20/10/13→(第23話)「法人税」の「請負」の「計上時期」の原則と「部分完成基準」
H20/10/12→(第22話)「法人税」の「商品や製品等の販売」の「計上時期」
H20/10/11→(第21話)「法人税」の「税務調整」の「決算調整事項」と「申告調整事項」
H20/10/10→(第20話)「法人税」が「損金経理」を要件している例
H20/10/09→(第19話)「法人税」の「損金経理」要件
H20/10/08→(第18話)「法人税」の「損金」の「費用収益対応の原則」と「債務確定主義」
H20/10/07→(第17話)「法人税」の「益金」の額に算入すべき金額
H20/10/06→(第16話)「法人税」の「青色申告」の「課税標準」たる「事業年度の所得金額」
H20/10/05→(第15話)「法人税」の「青色申告」の「みなす承認」と「却下・取消し」
H20/10/04→(第14話)「法人税」の「青色申告」の「承認申請書」と「提出期限」
H20/10/03→(第13話)「法人税」の「中間申告」の「予定申告」と「仮決算」
H20/10/02→(第12話)「法人税」の「確定申告書」の「記載事項」と「添付書類」
H20/10/01→(第11話)「法人税」の「確定申告書」の「申告期限」と「延長」
H20/09/30→(第10話)「法人税」の「確定申告」と「確定決算主義」
H20/09/29→(第09話)「法人税」の「納税地」の「指定」
H20/09/28→(第08話)「法人税」の「内国法人」の「納税地」
H20/09/27→(第07話)「法人税」上での年度途中で解散した際の「事業年度」
H20/09/26→(第06話)「法人税」上の「事業年度」
H20/09/25→(第05話)「法人税」の対象となる「所得の種類」と「課税の範囲」
H20/09/24→(第04話)「法人税」の「納税義務」のある「法人の種類」
H20/09/23→(第03話)「法人税法」の「構成」と「特色」
H20/09/22→(第02話)「法人税法」の「法体系」
H20/09/21→(第01話)「法人税法入門」≪はじめに≫
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

<プロフィール等>
税理士 池谷和久(いけがや かずひさ)
http://www.interq.or.jp/tokyo/tukuba/kinken/SUNTORY/20000108.htm
http://www.avanti-web.com/pastdata/20000108.html
静岡市 駿河区 曲金3-9-3
(1)生まれ故郷:<H3>静岡県 志太郡 大井川町</H3>
http://www.town.oigawa.lg.jp/
<H3>(平成20年11月1日からは 静岡県 焼津市 と合併)</H3>
http://www.city.yaizu.lg.jp/
(2)出身高校:<H3>静岡県立藤枝東高等学校(静岡県 藤枝市 天王町1丁目7番1号)</H3>
http://www.shizuoka-c.ed.jp/fujiedahigashi-h/
(3)所属:税理士会<H3>東海税理士会静岡支部(静岡県 静岡市 葵区 追手町10番202号)</H3>
http://www.tokaizei.or.jp/
http://www.tokaizei.or.jp/shibu/sizuoka/index.html
(4)所属:mixi(ミクシィ)<H3>秘密作戦静岡駐屯地(管理人 坪井さん 静岡県 静岡市 清水区 西久保243-3)</H3>
http://mixi.jp/
http://www.tsuboi-tatami.jp/ (静岡市清水区の畳屋(たたみや)さん・坪井畳店)
http://www.cha-nakamura.jp/  (株式会社中村米作商店・静岡県 静岡市 清水区 西久保531)
(5)所属:会計ソフト会社<H3>「弥生会計・弥生販売・弥生給与・弥生人事給与・弥生顧客等の弥生PAPゴールド会員」</H3>
http://www.yayoi-kk.co.jp/
(6)所属:ソフトサービス会社<H3>「確定申告、税務申告、財務会計、経営計画、決算処理ソフトのTKC」</H3>
<H3>(静岡SCG 静岡県 静岡市 葵区 黒金町59-6)</H3>
http://www.tkc.co.jp/
(7)所属:税務団体<H3>「TKC全国会」(静岡支部 静岡県 静岡市 葵区 黒金町59-6)</H3>
http://www.tkcnf.or.jp/
(8)事務所:住所<H3>静岡県 静岡市 駿河区 曲金 3-9-3</H3>
http://www.money.gr.jp/
(9)関連会社<H3>「株式会社日本情報処理」静岡県 静岡市 駿河区 曲金 3-9-3</H3>
http://www.money.gr.jp/
(10)提携<H3>「株式会社設立@静岡」(黒田行政書士 静岡県 静岡市 葵区 両替町1-6-8)</H3>
http://www5d.biglobe.ne.jp/~kuroda-s/kaisha01.htm
(11)提携<H3>宗教法人 吉祥寺(お安い葬式のあげ方、富士山の見えるお墓 山林散骨 海洋散骨 海洋葬 自然葬 樹木葬 ペットの供養)</H3>
<H3>住職 中野壽一 静岡県 静岡市 葵区 諸子沢(モロコザワ)655</H3>
[簡易仏事用語集:提供:宗教法人 吉祥寺 代表役員 中野寿一 住職]
海洋葬とは、故人や遺族の希望に基づき、船やヘリコプター、飛行機などを用いて、海に散骨すること。
散骨とは、焼骨をそのままの状態でまくのではなく、細かく砕粉し、
「墓地埋葬に関する法律」や「遺骨遺棄罪に反しない程度」に節度を持って、適法に行うことが必要とされる。
樹木葬とは、墓石の代わりに、樹木を墓標にして、直接土中に遺骨を埋葬する方法。
一般的には、私有地の墓地認定された山林に納骨する。
自然葬とは、「自然に戻りたい(帰りたい)」と言う「自然回帰志向」が強い人が増え、
その自然志向に合わせた葬儀の方法。
具体的には、海洋葬、樹木葬、富士山の見えるお墓、山林散骨、海洋散骨などが含まれる。
静岡市,駿河区,葵区,清水,清水区,藤枝,藤枝市,焼津,焼津市,岡部,岡部町,大井川,大井川町,島田,島田市での
葬式、法要(初七日、四十九日、初盆、新盆)、供養、納骨、富士山の見えるお墓、分骨収納位牌、
一周忌、三回忌、お安い葬式などが可能との事です。
<a href="http://www.kitijyouji.jp/">
http://www.kitijyouji.jp/
</a>
<a href="http://www.kitijyouji.jp/mt/">
(ブログ)静岡市・吉祥寺の中野住職が語る「葬式、法要(初七日、四十九日、初盆、新盆)、供養、納骨、お墓、一周忌、三回忌などの仏事のこぼれ100話」
</a>

 

09年01月06日 23時58分19秒
Posted by: ike
(01/06)「法人の税法入門」-静岡市・税理士・池谷和久

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(第98話)「消費税」の「免税取引」


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





我が国の消費税制度は、
日本国内における
財貨の消費

サービスの提供
に対して
税負担を求めると言う
「消費地課税主義」(「仕向地課税主義」)を採用しており、
輸出をして外国で消費されるもの

国際通信、国際輸送などの輸出類似取引
--に関しては、
消費税を免除することになっており(法7、8)、
その取引は「免税取引」と呼ばれている。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆是非↓↓アクセスしてみてください!◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆090-5632-4029◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
http://www.money.gr.jp/
http://www.money.gr.jp/mt/
http://zei.aoi-ku.com/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪本ブログの主旨等≫

「法人の税金」
(法人税・消費税・源泉所得税など
法人を運営する上で知っておくべき税金)を
一通り勉強したい方のために
当ブログを立ち上げました。


本ブログは、
忙しい中小企業の経営者の方などが
さっと毎日、1、2分で目を通し、
「法人の税金」のポイントを理解できるように
コンパクトにまとめるように心掛けました。

そのため、
枝葉は切り取ったり、
解りやすい言葉使いにした事もあり、
網羅性、正確性などが欠けていますので
実際の判断は税務署、顧問税理士などに
ご相談の上、自己責任でお願いします。



◆過去のテーマ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
H21/01/06→(第98話)「消費税」の「免税取引」
H21/01/05→(第97話)「消費税」の「輸入取引」の「非課税取引」
H20/12/27→(第96話)「消費税」の「住宅の貸付け」の取り扱い
H20/12/26→(第95話)「消費税」の「教育関連サービス等」の取り扱い
H20/12/25→(第94話)「消費税」の「身体障害者用物品等」の取り扱い
H20/12/24→(第93話)「消費税」の「埋葬料・火葬料等」の取り扱い
H20/12/23→(第92話)「消費税」の「助産等」の取り扱い
H20/12/22→(第91話)「消費税」の「社会福祉事業等」の取り扱い
H20/12/21→(第90話)「消費税」の「介護保険に係る資産の譲渡等」の取り扱い
H20/12/20→(第89話)「消費税」の「療養、医療、施設療養等」の取り扱い
H20/12/19→(第88話)「消費税」の「国、地方公共団体等の手数料等」の取り扱い
H20/12/18→(第87話)「消費税」の「物品切手等」の取り扱い
H20/12/17→(第86話)「消費税」の「切手、印紙、証紙等」の取り扱い
H20/12/16→(第85話)「消費税」の「利子対価の貸付金等」の取り扱い
H20/12/15→(第84話)「消費税」の「有価証券等」の取り扱い
H20/12/14→(第83話)「消費税」の「土地の譲渡等」の取り扱い
H20/12/13→(第82話)「消費税」の「国内取引における非課税(2)」
H20/12/12→(第81話)「消費税」の「国内取引における非課税(1)」
H20/12/11→(第80話)「消費税」の「輸入取引の課税対象」
H20/12/10→(第79話)「消費税」の「課税対象にならない不課税取引」
H20/12/09→(第78話)「消費税」の「役務の提供を行う取引の判定基準」
H20/12/08→(第77話)「消費税」の「資産の貸付けを行う取引の判定基準」
H20/12/07→(第76話)「消費税」の「資産の譲渡を行う取引の判定基準」
H20/12/06→(第75話)「消費税」の「対価を得て行う取引の判定基準」
H20/12/05→(第74話)「消費税」の「事業者が事業として行う取引の判定基準」
H20/12/04→(第73話)「消費税」の「国内取引の判定基準」
H20/12/03→(第72話)「消費税」の「課税対象となる国内取引」
H20/12/02→(第71話)「消費税」に「独特な用語チェック」
H20/12/01→(第70話)「消費税」の「課税対象」
H20/11/30→(第69話)「消費税」の「概要」
H20/11/29→(第68話)「消費税」と「地方消費税」
H20/11/26→(第67話)「消費税」の「改正の経緯」
H20/11/25→(第66話)「法人税」の「有価証券」の「譲渡利益額」、「譲渡損失額」
H20/11/24→(第65話)「法人税」の「有価証券」
H20/11/23→(第64話)「法人税」の「欠損金額」の「繰越控除制度」
H20/11/22→(第63話)「法人税」の「損金の額に算入されない租税公課」
H20/11/21→(第62話)「法人税」の「寄附金」の範囲
H20/11/20→(第61話)「法人税」の「交際費等」から「除外されるもの」
H20/11/19→(第60話)「法人税」の「交際費等の範囲」
H20/11/18→(第59話)「法人税」の「特殊支配同族会社」の「役員給与の損金不算入」
H20/11/17→(第58話)「法人税」の「定期同額給与」、「事前確定届出給与」
H20/11/16→(第57話)「法人税」の「使用人兼務役員の範囲」
H20/11/15→(第56話)「法人税」の「役員の範囲」
H20/11/14→(第55話)「法人税」の「同族会社」
H20/11/13→(第54話)「法人税」の「繰延資産」の「償却限度額」
H20/11/12→(第53話)「法人税」の「税法固有」の「繰延資産」
H20/11/11→(第52話)「法人税」の「繰延資産」の概要
H20/11/10→(第51話)「法人税」の「選択できる減価償却方法の範囲」
H20/11/09→(第50話)「法人税」の「一括償却資産」の「損金算入」
H20/11/08→(第49話)「法人税」の「1年未満、10万円未満、少額減価償却資産」の「全額損金算入」
H20/11/07→(第48話)「法人税」の「期中に取得」した場合の「減価償却限度額」
H20/11/06→(第47話)「法人税」の「減価償却費」の「償却超過額」の「申告書・別表四」処理
H20/11/05→(第46話)「法人税」の「減価償却費」の「損金経理要件」
H20/11/04→(第45話)「法人税」の平成19年3月31日以降取得の減価償却資産に適用の「定額法・定率法」
H20/11/03→(第44話)「法人税」の平成19年3月31日以前取得の減価償却資産に適用の「旧定額法・旧定率法」
H20/11/02→(第43話)「法人税」の「旧定額法・旧定率法」と「定額法・定率法」
H20/11/01→(第42話)「法人税」の「減価償却」の「法定耐用年数」
H20/10/31→(第41話)「法人税」の「減価償却」の「残存価額」、「備忘価額1円」
H20/10/30→(第40話)「法人税」の「固定資産」の「取得価額」と「資本的支出」
H20/10/29→(第39話)「法人税」の「固定資産」の「減価償却資産」と「非減価償却資産」
H20/10/28→(第38話)「法人税」の「固定資産」の「減価償却」による「費用配分」
H20/10/27→(第37話)「法人税」の「棚卸資産」の「評価方法届」と無届時の「最終仕入原価法」
H20/10/26→(第36話)「法人税」の「棚卸資産」の「評価方法」
H20/10/25→(第35話)「法人税」の「棚卸資産」の「取得価額」
H20/10/24→(第34話)「法人税」の「棚卸資産」の「勘定科目」
H20/10/23→(第33話)「法人税」の「商品棚卸高」の「期末評価」
H20/10/22→(第32話)「法人税」の「損金の額」の概要
H20/10/21→(第31話)「法人税」の「資産の評価益」の「益金不算入」
H20/10/20→(第30話)「法人税」の「受取配当等の益金不算入」の対象と申告要件
H20/10/19→(第29話)「法人税」の「受取配当等の益金不算入」と「二重課税排除」
H20/10/18→(第28話)「法人税」の「法人実在説」と「法人擬制説」
H20/10/17→(第27話)「法人税」の「企業会計上の収益の額」に対する「別段の定め」
H20/10/16→(第26話)「法人税」の「無償譲渡」による収益の額
H20/10/15→(第25話)「法人税」の「工事進行基準」が強制適用される「長期大規模工事」
H20/10/14→(第24話)「法人税」の「長期割賦販売」の「計上時期」と「延払基準」
H20/10/13→(第23話)「法人税」の「請負」の「計上時期」の原則と「部分完成基準」
H20/10/12→(第22話)「法人税」の「商品や製品等の販売」の「計上時期」
H20/10/11→(第21話)「法人税」の「税務調整」の「決算調整事項」と「申告調整事項」
H20/10/10→(第20話)「法人税」が「損金経理」を要件している例
H20/10/09→(第19話)「法人税」の「損金経理」要件
H20/10/08→(第18話)「法人税」の「損金」の「費用収益対応の原則」と「債務確定主義」
H20/10/07→(第17話)「法人税」の「益金」の額に算入すべき金額
H20/10/06→(第16話)「法人税」の「青色申告」の「課税標準」たる「事業年度の所得金額」
H20/10/05→(第15話)「法人税」の「青色申告」の「みなす承認」と「却下・取消し」
H20/10/04→(第14話)「法人税」の「青色申告」の「承認申請書」と「提出期限」
H20/10/03→(第13話)「法人税」の「中間申告」の「予定申告」と「仮決算」
H20/10/02→(第12話)「法人税」の「確定申告書」の「記載事項」と「添付書類」
H20/10/01→(第11話)「法人税」の「確定申告書」の「申告期限」と「延長」
H20/09/30→(第10話)「法人税」の「確定申告」と「確定決算主義」
H20/09/29→(第09話)「法人税」の「納税地」の「指定」
H20/09/28→(第08話)「法人税」の「内国法人」の「納税地」
H20/09/27→(第07話)「法人税」上での年度途中で解散した際の「事業年度」
H20/09/26→(第06話)「法人税」上の「事業年度」
H20/09/25→(第05話)「法人税」の対象となる「所得の種類」と「課税の範囲」
H20/09/24→(第04話)「法人税」の「納税義務」のある「法人の種類」
H20/09/23→(第03話)「法人税法」の「構成」と「特色」
H20/09/22→(第02話)「法人税法」の「法体系」
H20/09/21→(第01話)「法人税法入門」≪はじめに≫
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



<プロフィール等>
税理士 池谷和久(いけがや かずひさ)
http://www.interq.or.jp/tokyo/tukuba/kinken/SUNTORY/20000108.htm
http://www.avanti-web.com/pastdata/20000108.html
静岡市 駿河区 曲金3-9-3
(1)生まれ故郷:

静岡県 志太郡 大井川町


http://www.town.oigawa.lg.jp/

(平成20年11月1日からは 静岡県 焼津市 と合併)


http://www.city.yaizu.lg.jp/
(2)出身高校:

静岡県立藤枝東高等学校(静岡県 藤枝市 天王町1丁目7番1号)


http://www.shizuoka-c.ed.jp/fujiedahigashi-h/
(3)所属:税理士会

東海税理士会静岡支部(静岡県 静岡市 葵区 追手町10番202号)


http://www.tokaizei.or.jp/
http://www.tokaizei.or.jp/shibu/sizuoka/index.html
(4)所属:mixi(ミクシィ)

秘密作戦静岡駐屯地(管理人 坪井さん 静岡県 静岡市 清水区 西久保243-3)


http://mixi.jp/
http://www.tsuboi-tatami.jp/ (静岡市清水区の畳屋(たたみや)さん・坪井畳店)
http://www.cha-nakamura.jp/  (株式会社中村米作商店・静岡県 静岡市 清水区 西久保531)
(5)所属:会計ソフト会社

「弥生会計・弥生販売・弥生給与・弥生人事給与・弥生顧客等の弥生PAPゴールド会員」


http://www.yayoi-kk.co.jp/
(6)所属:ソフトサービス会社

「確定申告、税務申告、財務会計、経営計画、決算処理ソフトのTKC」


(静岡SCG 静岡県 静岡市 葵区 黒金町59-6)


http://www.tkc.co.jp/
(7)所属:税務団体

「TKC全国会」(静岡支部 静岡県 静岡市 葵区 黒金町59-6)


http://www.tkcnf.or.jp/
(8)事務所:住所

静岡県 静岡市 駿河区 曲金 3-9-3


http://www.money.gr.jp/
(9)関連会社

「株式会社日本情報処理」静岡県 静岡市 駿河区 曲金 3-9-3


http://www.money.gr.jp/
(10)提携

「株式会社設立@静岡」(黒田行政書士 静岡県 静岡市 葵区 両替町1-6-8)


http://www5d.biglobe.ne.jp/~kuroda-s/kaisha01.htm
(11)提携

宗教法人 吉祥寺(お安い葬式のあげ方、富士山の見えるお墓 山林散骨 海洋散骨 海洋葬 自然葬 樹木葬 ペットの供養)


住職 中野壽一 静岡県 静岡市 葵区 諸子沢(モロコザワ)655


[簡易仏事用語集:提供:宗教法人 吉祥寺 代表役員 中野寿一 住職]
海洋葬とは、故人や遺族の希望に基づき、船やヘリコプター、飛行機などを用いて、海に散骨すること。
散骨とは、焼骨をそのままの状態でまくのではなく、細かく砕粉し、
「墓地埋葬に関する法律」や「遺骨遺棄罪に反しない程度」に節度を持って、適法に行うことが必要とされる。
樹木葬とは、墓石の代わりに、樹木を墓標にして、直接土中に遺骨を埋葬する方法。
一般的には、私有地の墓地認定された山林に納骨する。
自然葬とは、「自然に戻りたい(帰りたい)」と言う「自然回帰志向」が強い人が増え、
その自然志向に合わせた葬儀の方法。
具体的には、海洋葬、樹木葬、富士山の見えるお墓、山林散骨、海洋散骨などが含まれる。
静岡市,駿河区,葵区,清水,清水区,藤枝,藤枝市,焼津,焼津市,岡部,岡部町,大井川,大井川町,島田,島田市での
葬式、法要(初七日、四十九日、初盆、新盆)、供養、納骨、富士山の見えるお墓、分骨収納位牌、
一周忌、三回忌、お安い葬式などが可能との事です。

http://www.kitijyouji.jp/


(ブログ)静岡市・吉祥寺の中野住職が語る「葬式、法要(初七日、四十九日、初盆、新盆)、供養、納骨、お墓、一周忌、三回忌などの仏事のこぼれ100話」



09年01月05日 22時29分11秒
Posted by: ike
(01/05)「法人の税法入門」-静岡市・税理士・池谷和久

null
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(第97話)「消費税」の「輸入取引」の「非課税取引」


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





輸入取引に関しては、
国内における非課税取引との
バランスを図るため、
保税地域から
引き取られる外国貨物のうち、

・有価証券等、
・郵便切手類、
・印紙、
・証紙、
・物品切手等、
・身体障害者用物品、
・教科用図書


---が非課税となります(法6-2、別表第二)。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆是非↓↓アクセスしてみてください!◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆090-5632-4029◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
http://www.money.gr.jp/
http://www.money.gr.jp/mt/
http://zei.aoi-ku.com/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪本ブログの主旨等≫

「法人の税金」
(法人税・消費税・源泉所得税など
法人を運営する上で知っておくべき税金)を
一通り勉強したい方のために
当ブログを立ち上げました。


本ブログは、
忙しい中小企業の経営者の方などが
さっと毎日、1、2分で目を通し、
「法人の税金」のポイントを理解できるように
コンパクトにまとめるように心掛けました。

そのため、
枝葉は切り取ったり、
解りやすい言葉使いにした事もあり、
網羅性、正確性などが欠けていますので
実際の判断は税務署、顧問税理士などに
ご相談の上、自己責任でお願いします。



◆過去のテーマ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
H21/01/05→(第97話)「消費税」の「輸入取引」の「非課税取引」
H20/12/27→(第96話)「消費税」の「住宅の貸付け」の取り扱い
H20/12/26→(第95話)「消費税」の「教育関連サービス等」の取り扱い
H20/12/25→(第94話)「消費税」の「身体障害者用物品等」の取り扱い
H20/12/24→(第93話)「消費税」の「埋葬料・火葬料等」の取り扱い
H20/12/23→(第92話)「消費税」の「助産等」の取り扱い
H20/12/22→(第91話)「消費税」の「社会福祉事業等」の取り扱い
H20/12/21→(第90話)「消費税」の「介護保険に係る資産の譲渡等」の取り扱い
H20/12/20→(第89話)「消費税」の「療養、医療、施設療養等」の取り扱い
H20/12/19→(第88話)「消費税」の「国、地方公共団体等の手数料等」の取り扱い
H20/12/18→(第87話)「消費税」の「物品切手等」の取り扱い
H20/12/17→(第86話)「消費税」の「切手、印紙、証紙等」の取り扱い
H20/12/16→(第85話)「消費税」の「利子対価の貸付金等」の取り扱い
H20/12/15→(第84話)「消費税」の「有価証券等」の取り扱い
H20/12/14→(第83話)「消費税」の「土地の譲渡等」の取り扱い
H20/12/13→(第82話)「消費税」の「国内取引における非課税(2)」
H20/12/12→(第81話)「消費税」の「国内取引における非課税(1)」
H20/12/11→(第80話)「消費税」の「輸入取引の課税対象」
H20/12/10→(第79話)「消費税」の「課税対象にならない不課税取引」
H20/12/09→(第78話)「消費税」の「役務の提供を行う取引の判定基準」
H20/12/08→(第77話)「消費税」の「資産の貸付けを行う取引の判定基準」
H20/12/07→(第76話)「消費税」の「資産の譲渡を行う取引の判定基準」
H20/12/06→(第75話)「消費税」の「対価を得て行う取引の判定基準」
H20/12/05→(第74話)「消費税」の「事業者が事業として行う取引の判定基準」
H20/12/04→(第73話)「消費税」の「国内取引の判定基準」
H20/12/03→(第72話)「消費税」の「課税対象となる国内取引」
H20/12/02→(第71話)「消費税」に「独特な用語チェック」
H20/12/01→(第70話)「消費税」の「課税対象」
H20/11/30→(第69話)「消費税」の「概要」
H20/11/29→(第68話)「消費税」と「地方消費税」
H20/11/26→(第67話)「消費税」の「改正の経緯」
H20/11/25→(第66話)「法人税」の「有価証券」の「譲渡利益額」、「譲渡損失額」
H20/11/24→(第65話)「法人税」の「有価証券」
H20/11/23→(第64話)「法人税」の「欠損金額」の「繰越控除制度」
H20/11/22→(第63話)「法人税」の「損金の額に算入されない租税公課」
H20/11/21→(第62話)「法人税」の「寄附金」の範囲
H20/11/20→(第61話)「法人税」の「交際費等」から「除外されるもの」
H20/11/19→(第60話)「法人税」の「交際費等の範囲」
H20/11/18→(第59話)「法人税」の「特殊支配同族会社」の「役員給与の損金不算入」
H20/11/17→(第58話)「法人税」の「定期同額給与」、「事前確定届出給与」
H20/11/16→(第57話)「法人税」の「使用人兼務役員の範囲」
H20/11/15→(第56話)「法人税」の「役員の範囲」
H20/11/14→(第55話)「法人税」の「同族会社」
H20/11/13→(第54話)「法人税」の「繰延資産」の「償却限度額」
H20/11/12→(第53話)「法人税」の「税法固有」の「繰延資産」
H20/11/11→(第52話)「法人税」の「繰延資産」の概要
H20/11/10→(第51話)「法人税」の「選択できる減価償却方法の範囲」
H20/11/09→(第50話)「法人税」の「一括償却資産」の「損金算入」
H20/11/08→(第49話)「法人税」の「1年未満、10万円未満、少額減価償却資産」の「全額損金算入」
H20/11/07→(第48話)「法人税」の「期中に取得」した場合の「減価償却限度額」
H20/11/06→(第47話)「法人税」の「減価償却費」の「償却超過額」の「申告書・別表四」処理
H20/11/05→(第46話)「法人税」の「減価償却費」の「損金経理要件」
H20/11/04→(第45話)「法人税」の平成19年3月31日以降取得の減価償却資産に適用の「定額法・定率法」
H20/11/03→(第44話)「法人税」の平成19年3月31日以前取得の減価償却資産に適用の「旧定額法・旧定率法」
H20/11/02→(第43話)「法人税」の「旧定額法・旧定率法」と「定額法・定率法」
H20/11/01→(第42話)「法人税」の「減価償却」の「法定耐用年数」
H20/10/31→(第41話)「法人税」の「減価償却」の「残存価額」、「備忘価額1円」
H20/10/30→(第40話)「法人税」の「固定資産」の「取得価額」と「資本的支出」
H20/10/29→(第39話)「法人税」の「固定資産」の「減価償却資産」と「非減価償却資産」
H20/10/28→(第38話)「法人税」の「固定資産」の「減価償却」による「費用配分」
H20/10/27→(第37話)「法人税」の「棚卸資産」の「評価方法届」と無届時の「最終仕入原価法」
H20/10/26→(第36話)「法人税」の「棚卸資産」の「評価方法」
H20/10/25→(第35話)「法人税」の「棚卸資産」の「取得価額」
H20/10/24→(第34話)「法人税」の「棚卸資産」の「勘定科目」
H20/10/23→(第33話)「法人税」の「商品棚卸高」の「期末評価」
H20/10/22→(第32話)「法人税」の「損金の額」の概要
H20/10/21→(第31話)「法人税」の「資産の評価益」の「益金不算入」
H20/10/20→(第30話)「法人税」の「受取配当等の益金不算入」の対象と申告要件
H20/10/19→(第29話)「法人税」の「受取配当等の益金不算入」と「二重課税排除」
H20/10/18→(第28話)「法人税」の「法人実在説」と「法人擬制説」
H20/10/17→(第27話)「法人税」の「企業会計上の収益の額」に対する「別段の定め」
H20/10/16→(第26話)「法人税」の「無償譲渡」による収益の額
H20/10/15→(第25話)「法人税」の「工事進行基準」が強制適用される「長期大規模工事」
H20/10/14→(第24話)「法人税」の「長期割賦販売」の「計上時期」と「延払基準」
H20/10/13→(第23話)「法人税」の「請負」の「計上時期」の原則と「部分完成基準」
H20/10/12→(第22話)「法人税」の「商品や製品等の販売」の「計上時期」
H20/10/11→(第21話)「法人税」の「税務調整」の「決算調整事項」と「申告調整事項」
H20/10/10→(第20話)「法人税」が「損金経理」を要件している例
H20/10/09→(第19話)「法人税」の「損金経理」要件
H20/10/08→(第18話)「法人税」の「損金」の「費用収益対応の原則」と「債務確定主義」
H20/10/07→(第17話)「法人税」の「益金」の額に算入すべき金額
H20/10/06→(第16話)「法人税」の「青色申告」の「課税標準」たる「事業年度の所得金額」
H20/10/05→(第15話)「法人税」の「青色申告」の「みなす承認」と「却下・取消し」
H20/10/04→(第14話)「法人税」の「青色申告」の「承認申請書」と「提出期限」
H20/10/03→(第13話)「法人税」の「中間申告」の「予定申告」と「仮決算」
H20/10/02→(第12話)「法人税」の「確定申告書」の「記載事項」と「添付書類」
H20/10/01→(第11話)「法人税」の「確定申告書」の「申告期限」と「延長」
H20/09/30→(第10話)「法人税」の「確定申告」と「確定決算主義」
H20/09/29→(第09話)「法人税」の「納税地」の「指定」
H20/09/28→(第08話)「法人税」の「内国法人」の「納税地」
H20/09/27→(第07話)「法人税」上での年度途中で解散した際の「事業年度」
H20/09/26→(第06話)「法人税」上の「事業年度」
H20/09/25→(第05話)「法人税」の対象となる「所得の種類」と「課税の範囲」
H20/09/24→(第04話)「法人税」の「納税義務」のある「法人の種類」
H20/09/23→(第03話)「法人税法」の「構成」と「特色」
H20/09/22→(第02話)「法人税法」の「法体系」
H20/09/21→(第01話)「法人税法入門」≪はじめに≫
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



<プロフィール等>
税理士 池谷和久(いけがや かずひさ)
http://www.interq.or.jp/tokyo/tukuba/kinken/SUNTORY/20000108.htm
http://www.avanti-web.com/pastdata/20000108.html
静岡市 駿河区 曲金3-9-3
(1)生まれ故郷:

静岡県 志太郡 大井川町


http://www.town.oigawa.lg.jp/

(平成20年11月1日からは 静岡県 焼津市 と合併)


http://www.city.yaizu.lg.jp/
(2)出身高校:

静岡県立藤枝東高等学校(静岡県 藤枝市 天王町1丁目7番1号)


http://www.shizuoka-c.ed.jp/fujiedahigashi-h/
(3)所属:税理士会

東海税理士会静岡支部(静岡県 静岡市 葵区 追手町10番202号)


http://www.tokaizei.or.jp/
http://www.tokaizei.or.jp/shibu/sizuoka/index.html
(4)所属:mixi(ミクシィ)

秘密作戦静岡駐屯地(管理人 坪井さん 静岡県 静岡市 清水区 西久保243-3)


http://mixi.jp/
http://www.tsuboi-tatami.jp/ (静岡市清水区の畳屋(たたみや)さん・坪井畳店)
http://www.cha-nakamura.jp/  (株式会社中村米作商店・静岡県 静岡市 清水区 西久保531)
(5)所属:会計ソフト会社

「弥生会計・弥生販売・弥生給与・弥生人事給与・弥生顧客等の弥生PAPゴールド会員」


http://www.yayoi-kk.co.jp/
(6)所属:ソフトサービス会社

「確定申告、税務申告、財務会計、経営計画、決算処理ソフトのTKC」


(静岡SCG 静岡県 静岡市 葵区 黒金町59-6)


http://www.tkc.co.jp/
(7)所属:税務団体

「TKC全国会」(静岡支部 静岡県 静岡市 葵区 黒金町59-6)


http://www.tkcnf.or.jp/
(8)事務所:住所

静岡県 静岡市 駿河区 曲金 3-9-3


http://www.money.gr.jp/
(9)関連会社

「株式会社日本情報処理」静岡県 静岡市 駿河区 曲金 3-9-3


http://www.money.gr.jp/
(10)提携

「株式会社設立@静岡」(黒田行政書士 静岡県 静岡市 葵区 両替町1-6-8)


http://www5d.biglobe.ne.jp/~kuroda-s/kaisha01.htm
(11)提携

宗教法人 吉祥寺(お安い葬式のあげ方、富士山の見えるお墓 山林散骨 海洋散骨 海洋葬 自然葬 樹木葬 ペットの供養)


住職 中野壽一 静岡県 静岡市 葵区 諸子沢(モロコザワ)655


[簡易仏事用語集:提供:宗教法人 吉祥寺 代表役員 中野寿一 住職]
海洋葬とは、故人や遺族の希望に基づき、船やヘリコプター、飛行機などを用いて、海に散骨すること。
散骨とは、焼骨をそのままの状態でまくのではなく、細かく砕粉し、
「墓地埋葬に関する法律」や「遺骨遺棄罪に反しない程度」に節度を持って、適法に行うことが必要とされる。
樹木葬とは、墓石の代わりに、樹木を墓標にして、直接土中に遺骨を埋葬する方法。
一般的には、私有地の墓地認定された山林に納骨する。
自然葬とは、「自然に戻りたい(帰りたい)」と言う「自然回帰志向」が強い人が増え、
その自然志向に合わせた葬儀の方法。
具体的には、海洋葬、樹木葬、富士山の見えるお墓、山林散骨、海洋散骨などが含まれる。
静岡市,駿河区,葵区,清水,清水区,藤枝,藤枝市,焼津,焼津市,岡部,岡部町,大井川,大井川町,島田,島田市での
葬式、法要(初七日、四十九日、初盆、新盆)、供養、納骨、富士山の見えるお墓、分骨収納位牌、
一周忌、三回忌、お安い葬式などが可能との事です。

http://www.kitijyouji.jp/


(ブログ)静岡市・吉祥寺の中野住職が語る「葬式、法要(初七日、四十九日、初盆、新盆)、供養、納骨、お墓、一周忌、三回忌などの仏事のこぼれ100話」



«Prev1Next»