2010年 7月の記事一覧

«Prev || 1 || Next»
10年07月31日 14時01分33秒
Posted by: ike
@ikeike1205
法人でない財団の範囲とは
null

<法人税基本通達1-1-2>によれば、
法第2条第8号《人格のない社団等の意義》に規定する
「法人でない財団」とは、
一定の目的を達成するために出えんされた財産の集合体で
特定の個人又は法人の所有に属さないで、
一定の組織による統一された意志の下に
その出えん者の意図を実現すべく
独立して活動を行うもののうち
法人格のないものをいう。
(昭56年直法2-16「二」、「六」により改正)

静岡市の税理士
池谷和久
http://www.money.gr.jp/

<静岡市の税理士,税理士,静岡市,池谷和久,駿河区,葵区>

» 続きを読む

10年07月30日 22時37分30秒
Posted by: ike
法人でない社団の範囲とは?
null

<法人税基本通達1-1-1>によれば、
法第2条第8号《人格のない社団等の意義》に規定する
「法人でない社団」とは、
多数の者が
一定の目的を達成するために結合した団体のうち
法人格を有しないもので、
単なる個人の集合体でなく、
団体としての組織を有して
統一された意志の下に
その構成員の個性を超越して活動を行うものをいい、
次に掲げるようなものは、これに含まれない。
(昭56年直法2-16「二」、「六」により改正)

(1)民法第667条《組合契約》の規定による組合
(2)商法第535条《匿名組合契約》の規定による匿名組合

静岡市の税理士
池谷和久
http://www.money.gr.jp/
<静岡市の税理士,税理士,静岡市,池谷和久,駿河区,葵区>

» 続きを読む

10年07月29日 22時45分28秒
Posted by: ike
生活保護費には、税金(所得税、住民税、扶養控除)はかからない
null

生活保護費は、
『生活保護法第57条』
(公課禁止)
第57条 
被保護者は、保護金品を標準として租税その他の公課を課せられることがない。
により、課税されません。

静岡市の税理士
池谷和久
http://www.money.gr.jp/

» 続きを読む

10年07月28日 18時32分20秒
Posted by: ike
遺族厚生年金(遺族の厚生年金)には、税金(所得税、住民税、扶養控除)はかからない
null

遺族厚生年金は
『厚生年金保険法第41条第2項』
(受給権の保護及び公課の禁止)
第41条 
保険給付を受ける権利は、譲り渡し、担保に供し、又は差し押えることができない。
ただし、年金たる保険給付を受ける権利を別に法律で定めるところにより
担保に供する場合及び老齢厚生年金を受ける権利を国税滞納処分
(その例による処分を含む。)により差し押える場合は、この限りでない。
2 租税その他の公課は、保険給付として支給を受けた金銭を標準として、
課することができない。ただし、老齢厚生年金については、この限りでない。
により、課税されません。

静岡市の税理士
池谷和久
http://www.money.gr.jp/
10年07月27日 20時05分22秒
Posted by: ike
障害厚生年金(障害者の厚生年金)には、税金(所得税、住民税、扶養控除)はかからない
null

障害厚生年金は
『厚生年金保険法第41条第2項』
(受給権の保護及び公課の禁止)
第41条 
保険給付を受ける権利は、譲り渡し、担保に供し、又は差し押えることができない。
ただし、年金たる保険給付を受ける権利を別に法律で定めるところにより
担保に供する場合及び老齢厚生年金を受ける権利を国税滞納処分
(その例による処分を含む。)により差し押える場合は、この限りでない。
2 租税その他の公課は、保険給付として支給を受けた金銭を標準として、
課することができない。ただし、老齢厚生年金については、この限りでない。
により、課税されません。

静岡市の税理士
池谷和久
http://www.money.gr.jp/
10年07月26日 23時30分49秒
Posted by: ike
遺族基礎年金(遺族年金)には、税金(所得税、住民税、扶養控除)はかからない
ikegaya.JPG

遺族基礎年金は
『国民年金法第25条』
(公課の禁止)
第二十五条
租税その他の公課は、給付として支給を受けた金銭を標準として、課することができない。
ただし、老齢基礎年金及び付加年金については、この限りでない。
により、課税されません。

静岡市の税理士
池谷和久
null

» 続きを読む

10年07月25日 10時26分11秒
Posted by: ike
障害基礎年金(障害者の年金)には、税金(所得税、住民税、扶養控除)はかからない

障害基礎年金は
『国民年金法第25条』
(公課の禁止)
第二十五条
租税その他の公課は、給付として支給を受けた金銭を標準として、課することができない。
ただし、老齢基礎年金及び付加年金については、この限りでない。
により、課税されません。

静岡市の税理士
池谷和久
ikegaya.JPG

» 続きを読む

«Prev || 1 || Next»