新着記事

 1月8日になってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。  本年もよろしくお願いいたします。  さて、新年の御挨拶がわりとしまして、平成22年税制改正大綱の一部をご紹介させていただきます。  一部で「天下の悪法」とまで言われた(言いすぎ...

 昨今のような不安定な社会情勢ですと、あてにしていた売上の入金が遅れてしまうこと(場合によっては回収不能のなること)も、十分考えられます。  そのような状況に陥ってしまった場合、手持の現金預金がギリギリの状態ですと、資金ショートを起こしてしまう可能性も生...

 こんにちは。 税理士の渡辺です。  毎月、原則として第3土曜日に、行政書士・廣木先生と共同で、経営者・士業者向けセミナーを開催しております(もちろん、その他の方のご参加もOKです)。 このセミナーでは、我々専門家が、経営に直結する専門知識を解説させていた...

 「欠損金の繰戻し還付制度」とは、簡単に言えば、前期黒字で当期赤字の場合に、当期の赤字分を前期に充当して、前期分の法人税の還付を受ける、というもの。  この制度、しばらくは制度不適用(つまり使用できなかった、ということ)でした。  ですが、急激な景気悪...

 昨今の不況の影響による業績悪化で、経費削減を余儀なくされている経営者の方も少なくないと思います。  ですが、何でもかんでも経費を減らせばいい、というわけではありません。  簡単に言えば、「生き金は残して、死に金を削減する」といった感じでしょうか。 ...

 先日のセミナーにて、「会社設立」をテーマにお話させていただきました。  さて、そこでもお話いたしましたが、個人事業の方からすると、「法人成りして会社形態にするか」「それとも個人事業のままにしておくのか」判断に迷うところだと思います。  結論から言え...

 毎月開催している【経営者・士業者向けセミナー】のお知らせです。  おかげ様で今回で5回目を迎え、参加者の皆様からは大変ご好評を受けております。  今月のセミナーは、9月15日(土曜)の14時スタートです。  詳細は以下の通りです。  皆様のご参加を...

 毎月開催している【経営者・士業者向けセミナー】のお知らせです。  おかげ様で今回で5回目を迎え、参加者の皆様からは大変ご好評を受けております。  今月のセミナーは、9月15日(土曜)の14時スタートです。  詳細は以下の通りです。  皆様のご参加を...

 今回は貸借対照表のうち、流動資産と流動負債に注目していきます。  「流動資産の合計額>流動負債の合計額」となっているかどうかをチェックし、短期間の財務安定性を確認していきます。  もし、流動負債の合計額のほうが大きい、となると、短期間の財務安定性に欠...

 今回は、貸借対照表のうち、在庫に注目していきます。  決算書上は、「商品」「棚卸資産」などで表示されるものです。    具体的には、在庫と月々の売上高とを比較していきます。  もし売上高が伸び並んでいるにも関わらず在庫が増えているのでしたら、過剰在...

«Prev1 2Next»

人気記事ランキング