2010年 7月の記事一覧

«Prev1Next»
10年07月27日 08時53分25秒
Posted by: kaikei
 先日、自宅の駐車場で車のエンジンがかからなくなり近所の業者の方に来てもらいました。セルの故障で修理に持ち帰ってもらいました。その時の業者の方の対応が、修理にかかる時間や費用の話等が正確でとてもスピーディーでした。こうした仕事の正確さ速さの積み重ねが、お客様との信頼関係を築いていくのだと思います。
ka
10年07月22日 16時23分04秒
Posted by: kaikei
先日、学生の吹奏楽を聴く機会があった。様々な管楽器や打楽器の音色が調和することですてきな演奏となる。奏者の人数は、各学校の部員数(全校生徒数に影響されるようだ)により10人程度から30人を超えるなど様々だったが奏者各々は指揮者を見つめながら自分の役割はどのパートか、どう演奏すれば自分の音が全体に調和するのかを懸命に奏でる姿に感動した。会社においても全体に調和のとれた各個性の仕事ぶりがお客様の感動につながるのではないか。自分の特徴をいかにして会社全体の仕事に調和させることができるかを考えさせられた。

Sa
10年07月12日 09時00分00秒
Posted by: kaikei
 Honey L Daysが内原のイオンに来るので、日曜日に見てきました。このアーティストみなさんはご存知でしょうか?6月までTBSの学園スポーツドラマ、タンブリングの主題歌だったんです。
まず、1曲目から今流行りの『まなざし』を熱唱。さすがプロは大声で歌っても、音程がずれないし、大声の方が魅力が増すんです。これがたとえ聞いたことのない、知らない歌だったとしても、プロが歌う生の歌のうまさにはシビレました。
それがライブイベントのその会場に集まった200人ぐらいの人たちは、一部のファンを除いて静かに聞いているだけで、盛り上がってないんです。やっぱり普通恥ずかしいから無反応ですよね。歌う方にしてみればやりずらそうなんです。私は家族と一緒だったのでこどもの手を強制的に使って最初から盛り上がれましたが。
 たまに仕事でセミナーの司会をやる時があり、ちょっと自分とダブらせました。冒頭の5分や、講義終了後の30秒の司会にいちいち反応してくれる人なんかいないし、あれもこれもと連絡事項を伝えようとしてしまい、緊張もプラスされ、いつも暗い司会になる傾向があるんです。
でもプロのアーティストですから暗くなるどころか、歌で盛り上げてしまうテクニックは圧巻でした。身振り手振りや、ライブで盛り上げるにはもってこいの曲があって、歌のうまさとその雰囲気づくりでみんなを魅了し始めてしまう魔法のような演出です。
最後の4曲目にまた『まなざし』を熱唱。2種類のまなざしが聞けました。

盛り上げる雰囲気づくりは技術ですね。次の司会をやる時は意識してしまいそうです。
H.O.
10年07月05日 09時00分00秒
Posted by: kaikei
最近の話題と言えばやはりサッカーワールドカップ。
クラブチームの試合とは違って国の代表戦ということで、有名なスター選手がいてもうまく機能しなかったりして必ずしも勝てるわけでなく、個人技での得点などもありますが、戦術であったり、チームプレーがいかに機能するかが重要となります。
サッカーを会社に例えた話で、FW→営業職、DF→事務職、司令塔→管理職、監督→社長のポジションで、FWだけ良くても、DFだけ良くても勝つことはできず、お互いの特徴・能力を良く理解し、周りの状況をよく把握し、いかに的確にボールをまわしていくか、どうゴールへ運ぶか戦術を立てます。そういったことが機能して初めて目標達成であるゴールが生まれる、という話を以前聞いたことがります。
サッカーでも仕事でもチームワーク・戦術は欠かせないもの。改めて考えていきたいと思います。

ko

10年07月01日 17時44分03秒
Posted by: kaikei
 TKC研修における講師の話の中で、試算表の数字は「お金である」と言っていたが、
まさにその通りだと思う。日常業務の中で数字として見ていて感覚が希薄なとこをがあった自分に、お金という言葉にハッとした。会社が売上金を貰ったり、材料や経費等を支払ったお金を集約したものが試算表である。そういう認識を持たないと、社長に何を言っても伝わらない。考え方を原点に戻り今後の仕事に取り組んでいきたい。

Mi
«Prev1Next»