2007年 7月の記事一覧

«Prev1 2Next»
07年07月09日 12時20分46秒
Posted by: kamiyama
所得税の予定納税

 前年の所得税額が15万円以上の場合には、7月31日及び11月30日までに、前年の所得税額の3分の1ずつを、納税しなければなりません。

 (予定納税が必要な方には、6月15日までに、税務署から税額が通知されているはずです。所得税の納税を口座振替にしている場合には、7月31日及び11月30日に、引落しになります。)


 ただし、前年に比べ収入が減少した場合や、個人事業の廃業、法人成り等をした場合には、※減額申請の手続きをした方が良いでしょう。

(手続きをしなかったとしても、納めた予定納税額は、確定申告で精算されることになります。)


※減額申請とは?
 6月30日の時点で、その年の所得税が、前年の所得税を下回ることが明らかな場合には、7月15日まで(今年は19年7月17日まで)に、予定納税額の減額申請を行うことをいいます。

07年07月06日 12時33分24秒
Posted by: kamiyama
 歯科医の先生から診療報酬は減額されるは、患者は減少し、とても経営が厳しいとの話を聞いていたため

 昨日、「歯科医院の経営指導による顧客拡大」という経営実務の研修会を受講してきました。

要約すると
1.歯科医療施設数がここ30年で2倍に増え、過当競争 になってきていること
2.保険診療に頼りすぎていては頭打ちなこと
3.利益は自由診療で上げる(患者にとっては自費診療 は自由決定価格であり、納得感がある)
4.サービスの質を高め、真の差異化を図ること
5.個人(患者)満足を第一義とすること
6.上がった利益は院内サービス(スタッフ満足)と顧客サー ビス(顧客満足)の質を高めるように再投資すること

などでしたが、歯科医の先生だけではなく、税理士も専門家として、十分に応用可能な内容で妙に感心してきました。
 まあ、何事も基本はいっしょですよね。
07年07月05日 12時32分40秒
Posted by: kamiyama
先日(6月18日)、国民生活金融公庫の借入申込の面接に立会った結果が出ました。

希望額どおりの融資が決定しました。

この顧問先は、かつて休業し、3年連続で断られており、苦戦を覚悟していました。
社長様とは10年以上の付き合いで、資金繰り表の作成にもたずさわったので、正直うれしかったですね。(当然、あっせん手数料等は請求しませんよ)

 これで、マル税ローン紹介状を書いたこれまでの顧問先の結果は
4件は希望通り融資実行
1件はお取り下げ(半年後にもう一度とのこと)

信用ができることは良いことですね。
07年07月04日 12時23分53秒
Posted by: kamiyama
 昨日、税理士の社会貢献の一環として、区役所での特設税務相談を担当してきました。
 仙台市では各区役所で2週間に1回無料の税務相談を実施しています。

昨年の同時期は一人も相談者が現れず、ヒマな思いをしたため、今回もたいして相談者は来ないだろうと、ノートパソコンにデータを移し、仕事の準備もしていったのですが、

着いたときには、相談者が待っている状態で、6組の相談に応じました。

毎回そうですが、半数以上は「身内が亡くなり相続税はどれくらいかかるのか」という相談です。
たいてい、亡くなった方のおおまかな財産をお聞きし、
相続税の基礎控除(非課税枠)以内であることを確認し
安心してお帰りいただきます。

仙台国税局管内では相続税の対象者は全死亡者の5%ほどです。税務署等のピーアール不足を感じますね。
«Prev1 2Next»