2012年 1月の記事一覧

«Prev1Next»
12年01月30日 22時40分04秒
Posted by: masuohiroko
いくつかの都道府県にまたがって活動を行う特例民法法人は、内閣府に申請書を出すことになります。

さて、内閣府は現在、公益認定について、標準審査期間を4か月としています。

私がコンサルをした法人様で、最も早いケースは、

12月上旬に申請書提出、
1月中旬に質問、問い合わせあり。
1月下旬に、修正提出、
2月下旬に答申

でした。約2か月半ですね。経産省の管轄団体でしたが、担当者にもよるのでしょうが、とにかく早かった、という記憶があります。

しかし、最近は、この4か月というのがなかなか厳しくなっているのでは?? という印象です。

昨年の9月に申請書を提出した法人様は、3か月たとうかという12月に入ってから、ばたばたと質問が来て、何度か修正依頼が来ました。
おそらく、年内に一段落させたかったのでしょうね。新年になってからは、何も連絡なし。
そして、1/30日現在、毎日チェックをしているのですが、まだ答申が出ていません。
審議会のペースは、まだ十分とは言えず、担当者の机の上には申請書が山積みになっているとかいないとか・・・。
24年の4月から新法人へ、という団体は相当数にのぼるはずですので、しばらくはこの状態は続きそうです。

次のピークは、今度の5月の総会・理事会・評議員会が終わった、さしずめ6-9月くらいでしょうか。
12年01月13日 20時51分20秒
Posted by: masuohiroko
 昨年は、このブログから相談を受けたり、移行申請のお手伝いをさせていただいたり、たくさんの方に見ていただき、本当に感謝申し上げます。
 移行申請を支援する仕事は、時間もかかるし、手間もかかるし、本当に大変です。
 でも、この移行申請に言わば法人の未来や国の公益活動の発展がかかっていることを考えると、当の理事の方々や事務局の方々、皆さんのプレッシャーやストレスはいかばかりか、それを思うと私の背筋も伸びる気がしますし、「がんばらなければ」と気合が入ります。
 これからも、文章はつたないし、更新も滞りがちになるかもしれませんが、本年もどうぞよろしくお願いします。

 さて、移行申請の期限まで2年を切りました。
内閣府の相談会にも相変わらず出席して法人様の対応をしていますが、この時期に来ていまだに「何も手をつけていない」という法人様に当たることがあります。実際に11月にもりました・・・・。
正直言って、びっくりします。
大丈夫なのでしょうか。
どうして、3年もの間、今まで放っておけるのでしょうか。
実務の感触から言うと、内閣府の対応も、どんどん遅めになってきました。
申請の最高のピークになると思われる24年度。どうなるのか、怖いです。
まだ対応していない法人は、とにかくすぐに動いてください。
内閣府や県の相談に行くもよし、専門家をさがすもよし。
これが、今年初めの、私からのアドバイスです。
«Prev1Next»