2010年 5月の記事一覧

«Prev1Next»
10年05月31日 11時44分47秒
Posted by: matsuuratax
■概要
生前中の所得税の確定申告は、翌年2月16日から3月16日の間に行います。

確定申告をする前に死亡した場合には、死亡した人(被相続人)の相続人が代わりに申告を行います(これを「準確定申告」といいます。)。

■いつまでに?
死亡日から4ヶ月以内です。
★通常の申告期限とは異なるため注意が必要です!

〔参考〕相続税の申告期限:死亡日から10ヶ月以内
★所得税の申告期限とは違うため注意が必要です!

■どこに?
被相続人の住所地の税務署です。

■提出する人は?
被相続人の相続人です。

■注意点
1.医療費控除
死亡の日までに支払った医療費が対象となります。
死亡後に支払った入院費等は被相続人が支払った訳ではないため、医療費控除に含めることはできません。

2.社会保険料、生命保険料、地震保険料控除等
死亡の日までに支払った額が控除の対象となります。

3.配偶者控除や扶養控除等の適用
死亡の日の現況により行います。

お亡くなりになってから比較的短期間で申告手続が必要となるため注意が必要です。


http://www.matsuura-tax.com
(まつうら税理士事務所)
10年05月18日 20時20分04秒
Posted by: matsuuratax

■相続人は借金も負担?
相続人は、お亡くなりになった方(被相続人)の財産 (不動産、預貯金など)を取得するだけでなく、債務 (銀行借入金、クレジットロ ーンなど)も負担することになります。
「相続人は、相続開始の時から、被相続人の一切の権利義務を承継する(民法896条抜粋)」
このようなケースには、「相続の放棄」をすれば、債務を負担しなくても済みます。

■相続の放棄の特徴は?
 ただし、「相続の放棄」は、「債務」を負担しなくて良い反面、「財産」も取得することができなくなります(別途、遺言により取得することは可能です。)。
 これは、相続の放棄をした人は、はじめから相続人でなかったものとして取り扱われるため、財産の分配の話し合い(分割協議)にも参加することができません。

■相続の放棄をする原因は?
「債務を引き継ぎたくない」「相続のもめ事には関わりたくない」「生前に贈与を受けているので相続は放棄する」などといったケースに有効です。

■放棄の手続は3ヶ月以内
被相続人の死亡を知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に手続をしなければなりません。

■放棄しても取得可能な財産がある?
死亡保険金や死亡退職金は上記の放棄する財産とは別個の財産(受取人固有の財産)であるため、相続の放棄をしても、死亡保険金等は受け取ることができます。
なお、放棄した相続人が取得した死亡保険金等については、相続税の計算上、非課税の優遇規定(500万円×法定相続人の数)を受けることができません。


相続の放棄の手続は3ヶ月以内であるため、死亡後早期に検討する必要がありますのでご注意ください。

http://www.matsuura-tax.com
(まつうら税理士事務所)
«Prev1Next»