2011年 2月の記事一覧

«Prev1Next»
11年02月28日 10時44分42秒
Posted by: matsuuratax
相続が発生した場合、

相続税がいくらになるか?

ということも大切ですが、

納税できる資金があるか?
(納税資金)

も非常に重要な問題です。

相続税は、

金銭で

10ヶ月以内に

一括納付

が原則です。


一括納付ができない場合には、

金融機関からの借入

相続税の分割払い(延納)

相続財産で納付(物納)

等の方法を検討します。


上記の手法(納付額に見合う資金調達)とは逆の発想(資金に見合う納付額に調整する)として、納付する税金自体を更に引き下げる方法があります。


裏技でも、脱法行為でもありません!

単純に、相続財産を国、地方公共団体、日本赤十字社、特定公益信託等に寄付するだけです。

国等に10ヶ月以内に受入が必要となりますが、

国に税金払う位なら、生まれ育った街に寄付した方が良い!
という考えもあるかもしれません。


~まつうら税理士事務所~
http://www.matsuura-tax.com
(内容更新しました!)
11年02月25日 08時54分43秒
Posted by: matsuuratax
まず思い浮かぶのは、「費用が安いこと」と思います。

実際に弊所と契約させていただいた顧問先様から貴重な意見を聞きましたのでご紹介いたします。

質問:弊所に変更された理由は何ですか?(前の税理士事務所の解除理由)

ご回答:
 費用は安いけど…「税理士が対応してくれない」
 費用は安いけど…「何もアドバイスをしてくれない」
 費用は安いけど…「説明してくれるけど、難しすぎて分からない」
 費用は安いけど…「性格が合わない」
 費用は安いけど…「担当者が頻繁に変わる」etc

「費用が安いこと」も重要な要素ですが、長く付き合うことを考えるとそれ以外の要素もしっかりと考慮することも大切ですね。

http://www.matsuura-tax.com
(まつうら税理士事務所)
11年02月22日 16時55分30秒
Posted by: matsuuratax
先日、税金の処理で特殊な事案がありました。


「税金は生き物」…これが私の持論!
毎年変わっていく内容についていけないと的確なアドバイスができません。

そのため、研修会に参加したり、専門書の研究を常に心掛けています。

調べた内容の裏を取るときは、「松浦ネットワーク」を利用します。

数百人の税理士先生(先輩、後輩の講師や、教え子)…十数年間、税理士の専門学校の講師をしたときに築き上げたネットワーク、私にとっては大切な宝物。

今回は可愛がっていた、後輩に連絡してみました。自分で調べた内容に間違いはありませんでした、ホッ(^-^;


明日は別の後輩と、情報交換に行ってきます!
確定申告を乗り切るため、今回は「焼肉」に。スタミナもりもり付けてきまぁすo(^-^)o



~まつうら税理士事務所~
http://www.matsuura-tax.com
(内容更新しました!)
11年02月22日 16時54分37秒
Posted by: matsuuratax
先日は講師のお仕事

講義内容は…

相続税と贈与税が課税される保険関連商品

実際に保険に加入している方はイメージしやすいのですが、
「保険金」
だけじゃなく、
「保険金貰う前の保険料課税」
「保険金(年金)を受けとった後の年金課税」
etc

保険は奥が深い分野なので、説明する方も苦労します(^-^;


朝から夕方まで、喋りまくって終了時には喉はカラカラ

渇いた喉にはギンギンに冷えたビール!昨夜はがぶ飲みしちゃいました(笑)



【保険の長所】

「納税対策」→保険金を相続税等の納税資金に利用できる!

「相続対策」→後継者に財産集中させるときに、他の相続人に相続分に見合う金銭を保険金で確保できる!

「節税対策」→現金預金は100%課税。保険金は一定の金額が非課税となる!

「資金対策」→生前中に払い込んだ保険料の一部を引き出すことが可能(契約者貸付金制度)

etc
→保険のセールスマンみたい(笑)


~まつうら税理士事務所~
http://www.matsuura-tax.com
(内容更新しました!)
11年02月19日 09時40分20秒
Posted by: matsuuratax
おはようございます。

昨日も、確定申告会場で相談員させていただきました。今回は住宅街のセンタービルが会場。


(今回の再度来場をお願いしたケース)
・住宅ローン控除で必要な書類が不足していた方
・地震保険料の控除証明が不足していた方
・国民年金の控除証明が不足していた方
etc皆さんも気をつけてくださいね(^O^)/


今日も明日も仕事(笑)

若干高いテンション気味で頑張ります。時々事務所で独り笑いするようになってきました(^-^;


~まつうら税理士事務所~
http://www.matsuura-tax.com
(内容更新しました!)
11年02月17日 11時40分56秒
Posted by: matsuuratax
朝から申告会場で数十人の申告書作成の補助でした。朝一番と昼一番は激混みでしたが、それ以外の時間帯は比較的空いていました。

会場行かれる方は参考になさってくださいね。

申告書作成に必要な資料が不足し、後日改めて来場をお願いした方も…。

特に申告期限ギリギリに来場する方は、資料不足で期限までに申告できなくなってしまわないように、事前に必要な資料を確認した方が良いでしょう。
なるべくなら、余裕を持って申告をしたいですね。


夕方、東京の市外局番からの電話(ナンバーディスプレイ)

これまで東京からの電話は殆ど「営業電話」、今回もきっと営業電話やろうなと思いきや、

なんと、私の大学時代の後輩、それも17年ぶり!!

なんでも、ネット検索で、私どものホームページから連絡したとのこと。

少しの時間だけ、懐かしい学年時代に戻れた気がしました、おおきに(^O^)/


~まつうら税理士事務所~
http://www.matsuura-tax.com
(内容更新しました!)
11年02月16日 08時21分35秒
Posted by: matsuuratax
本日16日から確定申告の申告期間がスタートです。

今日は、地元の堺の申告会場に相談員として協力させていただきます。

必需品は、申告書の手引、電卓、そして……マスク!

数百人の方々が出入りする会場、風邪菌うつらないように防止用のマスクを終日着用します。

一年で一番の繁忙期、風邪をひいてる場合じゃない。でも申告期限過ぎた途端に風邪ひいちゃうのが毎年のパターンです(^-^;


~まつうら税理士事務所~
http://www.matsuura-tax.com
(内容更新しました!)
11年02月12日 11時10分38秒
Posted by: matsuuratax
【メリット】
1.事業承継、相続対策が容易になる。
 個人事業の場合、個人の財産=相続税の課税対象となります。
 生前より後継者へ財産を引き継ぐ場合には、贈与税等が課税されることがあります。

 会社の場合、個人の財産を会社へ移転させることで、個人の財産は会社の財産となり、会社からは株式の交付を受けることとなります。その結果、相続税の課税対象は、会社の株式となります。
 株式の評価額は一般的に個人の財産に比べて評価額を低くなります。
 また、後継者へ株式を引き継ぐことで、事業承継が容易に行うことが出来ます。

2.決算期を自由に設定できる。
 個人事業の場合、所得税等の税金の計算期間は「1月~12月」、税金の申告期限は「3月15日(消費税は3月31日)」です。

 会社の場合、決算を自由に設定することができるため、「閑散期」「資金に余裕のある時期」などを決算月にあてることも可能です。申告期限は、決算日より2ヶ月のため、個人事業より少し短めになっています。


【デメリット】
1.社会保険に強制加入となるため保険料コストがかかる。
 個人事業の場合、国民健康保険、国民年金に加入となります。
 国民健康保険は、前年の所得や家族構成に応じて保険料が計算されます。
 国民年金は、所得の金額に関係なく、毎月の保険料は一定額となります。

 会社の場合、協会けんぽ等の健康保険、厚生年金に加入することになります。
 保険料は、給料やボーナスの金額に応じて計算されます。
 その際に加入社員(役員も含む)の保険料の半分は会社負担となるため、個人事業の水準の人件費に会社負担の社会保険料部分が上乗せされることとなるため注意が必要です。

 負担は増えますが、将来受け取る年金額は、国民年金より厚生年金の方が多くなります。

2.会社の税金の申告の作成に税理士費用が必要。
 個人事業の場合、自分自身で「所得税」の申告を行うことも十分可能です。

 会社の場合、「法人税」という税金の申告が必要となってきます。
 計算の仕組みが個人事業とは大きく異なるため、申告には専門知識が必要となります。
 また、個人と会社は別々の人格となるため「どんぶり勘定」では到底管理できませんし、会社特有の税金の仕組みを知らなかったために、必要以上の税金を納付することも少なくありません。

 税理士費用は、依頼する仕事内容によって異なります。
 理想としては、「会計入力」「その他の業務」は自社で行いつつ、「申告書作成」「税務相談」を税理士へ依頼する方が費用的にもベターです。

 「会計入力」はパソコンを使った会計ソフトが市販されており、パソコンが苦手でなければ数ヶ月間で自社入力が可能です。
 会計入力する人手が慢性的に不足している場合、自社で社員、バイト募集するのが理想ですが、人件費を考えると、税理士に会計入力をお願いした方が安上がりかもしれません。


http://www.matsuura-tax.com
(まつうら税理士事務所)
11年02月04日 12時22分56秒
Posted by: matsuuratax
この時期から税務署は確定申告の問い合わせなどで混雑します。

国税庁のホームページに「確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A」として掲載しています。

基本的事項や税務署の受付時間、申告書の提出、税金の納付・還付など掲載されていますので参考になさってください。

 「確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A」↓
 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/01.htm


http://www.matsuura-tax.com
(まつうら税理士事務所)
«Prev1Next»