2012年 3月の記事一覧

«Prev1Next»
12年03月29日 23時59分00秒
Posted by: matsuuratax
A 赤字を翌年3年間の黒字と相殺することができます(純損失の繰越しと繰戻し)。


・ 事業所得などに損失(赤字)の金額が発生したこと。



・ 損失額を翌年以後3年間にわたって繰り越して、各年分の所得金額から控除できます。



・ 前年も青色申告をしている場合は、純損失の繰越しに代えて、その損失額を生じた年の前年に繰り戻して、前年分の所得税の還付を受けることもできます。



「まつうら 税理士」で検索!
~まつうら税理士事務所~ http://matsuura-tax.com
12年03月28日 23時59分00秒
Posted by: matsuuratax
A 売掛金残高の5.5%と経費に計上できます(貸倒引当金)。



・ 事業所得で生じた売掛金、貸付金などがあること。



・ 翌年に回収可能であったとしても年末における帳簿残高の5.5%の金額を必要経費に計上することができます。



・ 翌年の申告時は、必要経費に計上した金額を収入に計上し・翌年の年末における帳簿残高の5.5%と必要経費に計上します。



「まつうら 税理士」で検索!
~まつうら税理士事務所~ http://matsuura-tax.com
12年03月27日 23時59分00秒
Posted by: matsuuratax
A 親族へ支払った給与が経費に計上できます(青色事業専従者給与)。



・ 生計を一にしている配偶者や親族



・ 事業に専ら従事していること



・ 事前に届出書を提出すること



※ なお、上記の者は、支払った金額が扶養の範囲内(103万円以内)であっても、本人の控除対象配偶者や扶養親族になることはできません。


「まつうら 税理士」で検索!
~まつうら税理士事務所~ http://matsuura-tax.com
12年03月26日 19時25分24秒
Posted by: matsuuratax
A 所得(利益)から、最高で65万円控除できます(青色申告特別控除)



・ 事業所得を営んでいること







・ 不動産所得を営んでいること(5棟以上又は10室以上の不動産貸付の規模に限られます)







・ 取引を複式簿記により記帳すること。







・ 貸借対照表と損益計算書を確定申告書に添付して確定申告期限内に提出すること。







※ 上記の要件に満たない場合であっても、事業所得、不動産所得、山林所得を通じて最高10万円を控除することができます。



「まつうら 税理士」で検索! http://matsuura-tax.com

~まつうら税理士事務所~
12年03月16日 18時34分35秒
Posted by: matsuuratax
A 原則、業務を承継した日から2か月以内に手続きが必要ですが、被相続人が青色申告だった場合には下記の特例があります。



1.相続開始:1月1日~8月31日の間
 死亡の日から4か月以内



2.相続開始:9月1日~10月31日の間
 12月31日まで



3.相続開始:11月1日~12月31日の間
 翌年2月15日まで



http://matsuura-tax.com/ 「まつうら 税理士」で検索!
~まつうら税理士事務所~
12年03月15日 13時20分40秒
Posted by: matsuuratax
本年も多数のご依頼誠に有り難うございました。



引き続き更なる処理能力向上に努めて参る所存でございます。



何卒ご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。



 所長 松浦 道昭
12年03月08日 22時48分41秒
Posted by: matsuuratax
A 会計ソフトと手書き帳簿などで取引を記録して申告をする人については、所得金額の計算などについて有利な取扱いが受けられる制度です。


【対象者】
→ 不動産所得、事業所得、山林所得のある人です。


【手続】
原則→ 青色申告を行う年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を提出します。



※ 24年分(25年申告)から適用する場合には、24年3月15日まで。



新規開業→ 業務開始から2か月以内に「青色申告承認申請書」を提出します。



http://matsuura-tax.com/ 「まつうら 税理士」で検索!
~まつうら税理士事務所~
12年03月07日 23時36分49秒
Posted by: matsuuratax
A 給与や事業などの所得(黒字)と相殺できる場合とできない場合があります。



原則:他の所得の金額(黒字)と相殺(損益通算)することができます。



例外:下記の場合には、給与や事業の所得(黒字)と相殺することはできません。



・ 別荘等の保養施設の賃貸による赤字



・ 赤字のうち土地を取得するため金利部分



http://matsuura-tax.com/ 「まつうら 税理士」で検索!
~まつうら税理士事務所~
12年03月06日 21時59分26秒
Posted by: matsuuratax
A 給与や事業の所得と相殺することができます。(マイホームを買換えた場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例)



下記の要件が必要です。詳しくは税務署等にお問い合わせください。



・ マイホーム(旧居宅)を12月31日までに売却。



・ マイホーム(旧居宅)の所有期間が5年を超えていること。



・ 新たにマイホーム(新居宅)を購入。



・ マイホーム(新居宅)を住宅ローンで購入。



・ 住宅ローンの返済期間が10年以上であること。



・ 確定申告書の提出。



※ 相殺しきれない損失は翌年以後3年間の給与や事業の所得と相殺することができます。



http://matsuura-tax.com/ 「まつうら 税理士」で検索!
~まつうら税理士事務所~
12年03月05日 20時37分52秒
Posted by: matsuuratax
A 不動産の売却損を他の不動産の売却益から控除できますが、なお控除しきれない損失の金額は、他の所得(事業所得や給与所得など)と相殺することはできません。



なお、居住用財産の売却損については、一定の要件を満たす場合に限り、事業所得や給与所得など他の所得と相殺することができます。



控除しきれない損失の金額については、その譲渡の年の翌年以後3年間にわたり繰り越して控除することができます。



http://matsuura-tax.com/ 「まつうら 税理士」で検索!
~まつうら税理士事務所~
12年03月02日 02時10分49秒
Posted by: matsuuratax
A 証券会社で開設している特定口座に保管されている上場株式等の配当等を特定口座に受け入れることができます。



配当等に係る源泉徴収税額を計算する際に、同じ口座内で上場株式等の売却損が出た場合には、その配当等の金額からその損失を相殺して所得税の計算をすることになります。



なお、その口座内で生じた損失が配当等の金額から相殺しきれない場合には、他の特定口座の利益や上場株式等に係る配当等の金額から控除するときは、確定申告が必要です。



※ 上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除については、まず株式等に係る譲渡所得等の金額から控除し、なお控除しきれない損失の金額があるときは、上場株式等に係る配当所得の金額から控除します。



※ 繰越控除については、平成20年以降の年分に生じた上場株式等に係る譲渡損失の金額で平成23年に繰り越されているものが、平成23年分の株式等に係る譲渡所得等の金額及び上場株式等に係る配当所得の金額から控除することができます。



http://matsuura-tax.com/ 「まつうら 税理士」で検索!
~まつうら税理士事務所~
12年03月01日 00時00分00秒
Posted by: matsuuratax
本年も多数のお問い合わせ誠に有り難うございました。

弊所の受注定数に達したため、誠に勝手ながら本年度分の新規受付を終了させていただきました。

引き続き更なる処理能力向上に努めて参る所存でございます。

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

所長 松浦 道昭


http://matsuura-tax.com/ 「まつうら 税理士」で検索!
~まつうら税理士事務所~
«Prev1Next»