2012年 10月の記事一覧

«Prev1Next»
12年10月30日 10時13分44秒
Posted by: mhirai
業績悪化に伴って、本店の閉鎖を

検討しているお客様がいらっしゃいます。

利益を出すためにはやむを得ない措置ですが、

創業から長くやっていたお店なので複雑な気持ちかと思い、

創業者の会長に意向をお聞きしたところ

「まったくこだわりはないので進めてほしい」

「むしろ他人に迷惑をかける前に手を打ちたい」

とのことでした。

経営者は

感傷的な思いよりも合理的な考えを優先しないと

いけないのかもしれません。
12年10月29日 08時00分17秒
Posted by: mhirai
新規の仕事をとるためには、

積極的に人と出会える場に行って、

相手のことを聞いたり、自分のことを話したり、

といった営業努力が必要です。


しかしだからといって、

やみくもに人に会ってるだけでは

なかなか仕事の受注には結び付きません。


商品や自分のアピールポイントは何なのか

といった分析や、

コンパクトにアピールポイントを伝えるための

スピーチの工夫や資料の作成、

アピールポイントがイマイチであれば

新たな勉強や技術の習得、などが必要になります。


仕事をとるのが収穫、人と出会うのがタネまき、

とすれば、いろいろな準備は土を耕すようなもの、

なのかもしれませんね。
12年10月26日 08時43分12秒
Posted by: mhirai
不動産投資のために借入を検討しているお客様がいらっしゃいます。

すでにマンション1棟を所有していてメインの取引銀行もあるのですが、

今後を見越して新しい取引銀行を開拓されていらっしゃいます。


そんな中、某リース系銀行に話を聞きにいったときのお話です。


その銀行のチーフ級の方は、

決算書を見るなり「これでは貸せない」と相談を一蹴したそうです。

社長のお話しでは「銀行借入残高÷税引後利益」で計算した年数が80年を

オーバーしているのが原因と言われた、とのことでした。


話を聞いて私は「それは完全な誤りです」と社長にお伝えしました。


決算数字から理論的に返済可能年数を計算する場合は

「銀行借入残高÷(税引後利益+減価償却費)」で計算するのが一般的です。

さらにその期は臨時の経費が発生して利益を圧縮していたので、

減価償却費と適正利益で計算した年数は23年になることをご説明しました。

この年数は、既存の借入額の返済期間とぴったり一致します。


その銀行は事業資金の融資をあまりやっていない印象なので、

チーフ級の方も決算書の見方を知らないのかもしれません。

私の考えをお話しすると、社長はとても安心されていました。

早速、別の銀行を探してみるとおっしゃっていました。


「銀行員」と聞くと、おカネのプロ、の印象があるので

言ってることは何でも正しいと思いがちですが、

会社も個人もレベルはまちまちです。

誤った情報に振り回されないように、

経営者も多少の知識は必要なんだと思います。

12年10月25日 14時53分15秒
Posted by: mhirai
アックスコンサルティング様からのご依頼で

「中小企業向け『数値力』強化講座」

というテーマでDVDを収録しました。

http://www.bisco24.com/products/detail2748.html



バンクビジネス様からのご依頼で

「キャッシュフロー計算書の基本構造と見方」

というテーマで記事を執筆しました。

http://www.hirai-ao.com/access/kiji/BB201211.pdf



どちらも定期的にご依頼を頂いています。

ありがたいことですね。
12年10月24日 08時02分55秒
Posted by: mhirai
レビュー10月号を事務所HPにアップしました。今月のテーマは

『もう銀行には甘えられない! キャッシュフローを勉強しよう』です。

お時間ある方、ご興味ある方はお気軽にご覧いただけたら幸いです。


レビュー10月号 ⇒  http://www.hirai-ao.com/review/PDF/review_1210.pdf

過去のレビュー⇒  http://www.hirai-ao.com/review.html

執筆記事など ⇒  http://www.hirai-ao.com/access.html
12年10月23日 08時02分30秒
Posted by: mhirai
受注型の業種の会社では、

注文を受けた際に価格をいくらにするのか、

という判断の積み重ねで売上はつくられます。

同じ仕事量をこなしたとしても、

判断が甘くなれば赤字になりかねません。

価格を決める際は相手に流されずに

強い気持ちで臨まなければいけませんね。
12年10月22日 07時56分54秒
Posted by: mhirai
大井町にできたスーパー銭湯に行ってきました。

来場者が多かったこともあって、

スペースは少し狭いように感じましたが、

駅から近く設備も新しいので快適に過ごすことができました。

なんだか体調もよいですね。
12年10月19日 01時26分11秒
Posted by: mhirai
事務所に戻るために

山手線の内回り電車に乗っていたところ、

車両点検のため恵比寿駅で運転見合わせに

なってしまいました。


停車から5分ほど経過してから

「次の目黒駅までは運転するがその先は未定」

「先を急ぐ人は埼京線に乗り換えてほしい」

との車内放送が入りました。

アナウンスを受けて半分以上の乗客が

電車を降りましたが、

私は時間にゆとりがあったこともあって

「目黒駅から地下鉄三田線で帰ればいいや」と

気にせずそのまま乗っていました。


その後すぐに恵比寿駅を発車したところで

「問題ないので、このまま目黒駅以降も運転します」

とのアナウンスが。

結局「乗り換えなくてラッキー」という結果になりました。



「思い立ったらスグ行動」するばかりでなく

たまには「おおらかな気持ちで待つ」というのも

大切なのかもしれませんね。
12年10月18日 11時16分22秒
Posted by: mhirai
最近は、だいぶ涼し(というか寒)くなってきました。

会計業界はこれからが書きいれどきなので、

体調を崩さないようにしないといけませんね。
12年10月17日 08時43分13秒
Posted by: mhirai
数年前、

不振だった本業に見切りをつけ、

副業の不動産賃貸のみに

事業を縮小したお客様がいらっしゃいます。


10名程度の従業員を抱え、

多額の借入金もあったので、

弁護士を交えたリストラやリスケの交渉は

相当難航しました。しかしおかげで、

その後は、景気の悪化に左右されずに

安定した不動産収益をあげ

借入も計画とおりに返済しています。

「あのとき決断してよかった」と

社長はよくおっしゃいます。


当時、社長が事業縮小を決断した材料のひとつに

「資金繰り表」がありました。

何度、つくりなおしても将来の資金残高がプラスにならず、

「これはもう辞めよう」と思ったそうです。


資金の収入・支出の実績や見通しを、

月次で項目別に記入するシンプルなもので、

社長就任当時に取引銀行からすすめられたのをきっかけに

10年以上、毎月ご自身で作成されていたそうです。

おかげでB/SやP/Lでは分からない、資金の動きを把握できるようになり、

事業の見切りもはやくできたようです。



経営者が事業を続けたいと思う気持ちはよく分かりますが

好転のきざしがなければ、他人にあまり迷惑をかけないうちに

事業を縮小・廃止するのも経営者の責任です。

誤った判断をしないために、

自分で努力して資金繰りを把握できるようになることが

大切かもしれません。
12年10月16日 08時08分06秒
Posted by: mhirai
生命保険の営業マンの方に

景気のよい業界があるかお聞きしたところ、

数年前まではソフトウェア関連がよかったものの

リーマンショック以降は全体的に停滞気味の印象、

とのことでした。


自分の景況感に近い返答でしたが、

改めて他人の意見を聞くと実感が増しますね。
12年10月15日 08時57分11秒
Posted by: mhirai
上場企業の株価の動きとキャッシュフロー計算書は

多少、関連性があるようです。


P/Lは似たような赤字額でも、

営業CFのマイナスが小さい(資金支出の経費損失が少ない)、

財務CFがマイナス(借入を返済している)、

預貯金のストックが多い、といった会社は

株価の下げ幅は少ないのに対して、

営業CFのマイナスが大きい(資金支出の経費損失が多い)

財務CFがプラス(銀行借入が増えている)、

預貯金のストックが少ない、といった会社は

株価の下げ幅は大きくなっているようです。



P/LよりもC/Fを重視するのは

銀行も投資家も同じかもしれませんね。
12年10月12日 08時33分42秒
Posted by: mhirai
一連の騒動の影響で

中国に進出している大手小売業の

業績が悪化したような印象がありますが、

現地の売上は全体の2%程度なので

事業への痛手はほとんどないそうです。


印象が強くても、ちゃんと数字を調べると

実は影響額はたいしたことはない、

ということのようです。


在庫金額を削減したいときに

目についた在庫にすぐ手をつけるよりも

しっかりデータを分析してから対策を考えた方が

効率があがるのと、同じ理屈かもしれませんね。

12年10月11日 07時44分45秒
Posted by: mhirai
経済環境が悪化していくなかでは

これまでと同じ業績を維持するだけでも

新しい取り組みが不可欠、と感じています。


やることが増えるので

現場のスタッフは大変ですが

文句を言っても利益は増えません。


「日々考え、即行動」の姿勢で

前向きにやるしかありませんね!
12年10月10日 08時16分51秒
Posted by: mhirai
会議を行うときは検討事項を次第に

記載しておくのがおススメです。


忘れドメになるのはもちろん、

ペース配分の目安にもなります。


ひとつのテーマに議論がかたよってしまい、

なかなか会議が進まないときは

参考にしてみてください。
12年10月09日 07時54分17秒
Posted by: mhirai
京都大学の山中伸弥教授が

ノーベル医学・生理学賞を受賞しました。

世界で日本人が活躍するニュースを聞くと

元気になりますね。


※一昨日も「オルフェーヴル」という

日本で生まれ育った競走馬が

「凱旋門賞」という世界最高峰のレースで

あと一歩で勝利という走りを見せました。

こちらは来年以降に期待しましょう。
12年10月05日 08時18分12秒
Posted by: mhirai
業種にもよりますが、

自営業はサラリーマンと違って

収入がずっと安定して入る保障がありません。


なので自然と、

「環境がこう変わったらこうなるだろう」とか、

「もしかしたらこんなトラブルがあるかも知れないから

事前にこういう手を打っておこう」といった、

先のことを考えるクセがついてくる気がします。


自分の能力を高めるためには

多少の不安や危機感も大切なのかもしれませんね。
12年10月04日 08時16分06秒
Posted by: mhirai
数字の仕事をしていると、

著しい増減やズレにしばしば出くわします。


そのさいは、

問題発生を示す意味のある変化なのか、

実態には異常はなく妥当な変化なのか、

単純な作業ミスや勘違いなのか、

といった判断を速やかに行う必要があります。


暗算の速さだけでなく、

考える力も大切ですね。
12年10月03日 12時20分50秒
Posted by: mhirai
来月のセミナーに向けて、少しずつ準備を進めています。

http://www.smrj.go.jp/inst/sanjyo/list/shousai24/064816.html

昨年も同じテーマで講師をしましたが、

今年はより良い内容にしたいですね。
12年10月02日 07時53分04秒
Posted by: mhirai
道を歩いていたら落し物(社員証)を拾いました。

たまたま近くに交番があったので届けたところ、

いろいろな確認があって10分近くかかりました。


でもおかげで、

おカネが入っているかどうかはその場でスグ確認する、

「拾得物件預り書」という書類の受理番号は他の場所(警察署?)に

電話をして確認する(ダブルチェックのため?)、

書類の控がもらえる、

といったことがわかりました。


不正(横領)防止のためのルールだと思いますが、

さすがしっかりしてますね。
12年10月01日 09時08分26秒
Posted by: mhirai
事務所の売上は9月末時点で

若干ですが前年を上回っています。

残り3カ月でさらに上乗せして

前年比10%増を達成したいですね。
«Prev1Next»