2013年 5月の記事一覧

«Prev1Next»
13年05月31日 00時59分40秒
Posted by: mhirai
20130531-2013-05-30 極小.jpg

山手線渋谷駅のホームで

インスタントそばの飲食店を見つけました。

面白そうなのでお店に入ってみたところ

店内は普通のそば屋とまったく同じ。


カウンターからカップそばが出てきたときは

思わず笑ってしまったものの、外で食べるからか

なんとなくいつもより美味しく感じました。


1杯200円と割高ですが

家賃や人件費を考えると、採算は合わないように思います。

やはり話題作りがねらいなんでしょうかねえ。
13年05月30日 07時25分08秒
Posted by: mhirai
以前の勤務先の方々の

懇親会に参加してきました。

いまだに声を掛けていただけるのは

ありがたいですね。
13年05月29日 09時38分28秒
Posted by: mhirai
倉庫が近いのか、

午前中にアスクルに発注すると

その日の夕方には商品が届くことが

よくあります。


おかげで必要なときに必要な分だけ

頼むようになりました。

「時短」はありがたいですね。
13年05月28日 07時46分23秒
Posted by: mhirai
同じモノやサービスを提供しても

評価は人によってバラバラです。


例えば、関東では7割くらいの方が

「甘い卵焼きが好き」だそうなので、

しょっぱい卵焼きを提供すると

支持層は3割くらいになります。


この3割を、

少ないと考えて味付けを変えるのか、

多いと考えて味付けを変えないのか、

どちらをとるのかで、商売の方向性も

決まるような気がします。


中小零細企業であれば、

多数派の意見に目をつぶり、

シェアが低くても個性を徹す、

というのもひとつかもしれませんね。
13年05月27日 06時19分24秒
Posted by: mhirai
先日開催されたセミナーは無事に終わりました。

http://www.hirai-ao.com/access/koushi/koushi_20130521.pdf

出席者は50名ほどで、皆さん真剣に聞いていらっしゃいました。

セミナーの内容がお仕事のお役にたてば幸いです。
13年05月22日 08時07分15秒
Posted by: mhirai
時代の変化にあわせて

お客様や商品を変えていかないと

商売は長続きしないようです。


例えば、

実質100年以上も続く税務代理業は

すでに成熟産業だと思うので

従来の申告代理や節税提案だけだと

売上減少・競争激化に巻き込まれてしまう

ように感じます。


こうした環境で商売を続けるためには

資金繰り支援や業績改善アドバイスといった

新しいサービスを提供することが

必要だと考えています。


売上が伸びない・利益が出ないと感じたときは

自社の産業がどういった時期にあるのか

考えても良いかもしれませんね。
13年05月21日 07時48分29秒
Posted by: mhirai
人に行動してもらうためには、

なにをするのかを伝える、

なぜするのかを伝える、

だれが伝える、

どうやって伝える、というのが

大切なようです。


逆に、人が動かないときは

内容を理解していないか、

理由に納得していないか、

指示者に反発しているか、

言い方が気に入らないか、

いずれかが原因かもしれませんね。
13年05月20日 07時44分54秒
Posted by: mhirai
「なぜ問題が起こったのか」という原因を

具体的・論理的に説明できないときは

現状把握が不足している証拠かもしれません。


例えば、

帳簿上の粗利率が低下しているのであれば

「売値はいくら下がったか」

「仕入値はいくら上がったか」

「ロスはいくら増えたか」

「在庫はいくら間違っているか」

といった要因別の影響度合いを把握していないと

精度の高い原因分析はできません。


「なぜ」にうまく答えられないときは

情報の取り方を工夫してみると

良いかもしれません。
13年05月17日 22時31分03秒
Posted by: mhirai
レビュー5月号を事務所HPにアップしました。今月のテーマは

『アベノミクスでひと儲け! ? 値動きと利益のしくみ』です。

お時間ある方、ご興味ある方はお気軽にご覧いただけたら幸いです。



レビュー5月号 ⇒  http://www.hirai-ao.com/review/PDF/review_1305.pdf

過去のレビュー⇒  http://www.hirai-ao.com/review.html

執筆記事など ⇒  http://www.hirai-ao.com/access.html
13年05月16日 08時02分53秒
Posted by: mhirai
「自社の評判が下がるような安い仕事はしない」

とおっしゃる経営者の方がいらっしゃいます。


確かに、顧客や価格を維持するために

ブランドイメージを守ることも大切ですが、

こだわりすぎると逆に売上が先細りするケースも多いようです。


会社の実情によっては

こだわりを捨てて柔軟に考えることも

必要なのかもしれません。
13年05月15日 07時40分52秒
Posted by: mhirai
10年国債の金利が上昇しました。

http://www.bb.jbts.co.jp/marketdata/marketdata01.html


閣僚の金利上昇容認発言がきっかけで

金融機関の債券売りが活発になり

一時的に9か月ぶりの水準をつけたようです。


利率そのものが高すぎるわけではないのでしょうが、

住宅ローンにも影響がある指標なので

急激な変化は避けてほしいですね。
13年05月14日 07時53分21秒
Posted by: mhirai
仕事と遊びのバランスが良い方は

時間やおカネの管理が上手なようです。


例えば

向こう1ヵ月の行動スケジュールや

おカネの出入りをしっかり予測して

ムダな時間やムリな出費を極力抑えている、

という方がいらっしゃいました。


経営にも応用できる考え方かもしれませんね。
13年05月13日 06時06分03秒
Posted by: mhirai
革靴を新調しようと思い

お店に行きました。

入店してすぐに店員の方に声をかけられましたが

ゆっくりデザインや価格をみたかったので

「大丈夫です」といって断りました。


5分くらい物色した後、

よいなと思った商品があったので

それを手にとった瞬間、

他の店員の方から声をかけられました。

ちょうど履いてみたいと思ったので

サイズを伝えて持ってきてもらいました。

その後、いろいろと相談して

納得いく靴を買うことができました。


買い物するときは

「声をかけてもらいたいくない」タイミングと

「声をかけてもらいたい」タイミングがありますが、

そのサインを上手に見極めできる方が

売れる販売員になれるのかもしれませんね。
13年05月10日 06時42分06秒
Posted by: mhirai
ドル円が100円を突破しました。

http://jp.reuters.com/investing/currencies/quote?srcAmt=1.00&srcCurr=USD&destCurr=JPY&destAmt=&historicalDate=

4年ぶりの安値とのことです。

さらなる景気回復につながるとよいですね。
13年05月09日 08時08分26秒
Posted by: mhirai
営業は、商品の特徴を話すよりも

お客様の都合を聞き出すことの方が大切だと思います。


例えば生命保険であれば、

お客様の都合によって活用目的が

次のようにかわってきます。
-----------------------------------------------------
・黒字の会社=法人税の節税

・相続税がかかる資産家=相続税の節税

・相続人同士の関係が良好でない方=相続のトラブル回避

・貯金以外の資産形成をしたい方=貯蓄

・資産を安全に増やしたい方=資産運用

・独身の方=本人の保障

・家族がいる方=家族の保障

・借入金があって家族がいる方=家族への負担回避

・中小企業の経営者=社員への保障
------------------------------------------------------
法人税の節税を提案したければ「その会社は黒字なのか」、

相続税の節税を提案したければ「その方はどれくらい財産を持っているのか」、

ということを聞き出さないと話ははじまりません。


商品知識はバッチリなのに売上が伸びない営業マンは

お客様の都合を聞き出すテクニックを磨くと

よいかもしれませんね。
13年05月08日 08時41分01秒
Posted by: mhirai
もうけが少ない会社は

情報の伝達経路が

きちんとしていない印象です。


例えば、

役員のAさんに生産量の質問をしたのに返答できず

後から工場のBさんから直接資料が送られてきて

Aさんは内容を知らないまま、ということがあります。


こうした質問をする本当のねらいは

「責任者に現状を認識してもらう」ことにあるので

本来はご自身からお返事を頂きたいのですが、

こういう方に限って、部下任せにしてしまうようです。


情報をきちんと伝達できない会社

=責任感が薄い会社=業績が悪い会社、

ということかもしれませんね。
13年05月07日 07時51分09秒
Posted by: mhirai
先日もアナウンスいたしましたが

以下の要領で「無料セミナー」を開催します。
-------------------------------------------------------------------
テーマ:経営者のための簿記講座
日 時:5月24日(金) 18:30~20:00
場 所:リーブラ集会室2(港区立男女平等参画センター)<JR線田町駅より徒歩2分>
       http://www.minatolibra.jp/etc/access.html
費 用:無料
持参物:ノート、電卓、名刺
定 員:10名
-------------------------------------------------------------------

経営者なら知っておきたい決算書の読み方やキャッシュフローを

理解するため簿記の基礎知識を分かりやすくお話しいたします。

お時間ある方は是非ご参加ください。

※当日参加でも構いませんが、できれば事前にご連絡をいただけると幸いです。
  連絡先:m_hirai@hirai-ao.com
13年05月02日 00時56分20秒
Posted by: mhirai
学生時代の友人からフェイスブックの

「友達リクエスト」があったので承認したところ、

同姓同名の他人でした。


あまり多くない氏名のうえに、

漢字もまったく同じだったので

一般人のなりすまし、かもしれません。


やりにくい世の中ですね。
13年05月01日 07時15分53秒
Posted by: mhirai
“どうなるか”と“どうするか”は

似ているようで、まったく違う言葉です。


例えば、天気予報をみて

「雨が降るかどうか」、「気温が高いかどうか」、

と考えるのは“どうなるか”、

「傘をもっていくか」、「涼しい服装で出かけるか」

と考えるのは“どうするか”となります。


ビジネスでいえば

景気やマーケットなどの「経済の話題」は“どうなるか”、

問題解決や資金繰りなどの「経営の話題」は“どうするか”と、

いえるかもしれません。


会議の場でも

“どうなるか”がテーマなのか

“どうするか”がテーマなのか

意識して議論することが大切だと思います。
«Prev1Next»