2013年 10月の記事一覧

«Prev1Next»
13年10月31日 07時47分20秒
Posted by: mhirai
以前参加した「現場カイゼン」のセミナー主催社から

別のセミナー紹介の電話がありました。

毎月1回全6回の講座でスタートは11月、

料金は70万円とのことでした。


スケジュールの都合もあって

丁重にお断りをしましたが、

直前になって会計事務所にまで

営業の電話をしてくるということは

集客があまり芳しくないのかもしれません。


昔ながらのモノづくりの会社が少なくなって

「現場カイゼン」のニーズも減っている、

ということだと少しさみしいですね。
13年10月30日 07時35分14秒
Posted by: mhirai
予算を立て、日々実績を管理し、

毎月会議等で進捗管理を行う、

というPDCAサイクルを長年実施すると

年度開始から3カ月くらいで年度の着地見通しが

おおむね分かってくるようになります。

見通しが悪いと落ち込むこともありますが、

早いうちから軌道修正に着手できる利点もあるので

経営者の方はぜひチャレンジしてほしいですね。
13年10月29日 08時53分11秒
Posted by: mhirai

一度は融資を断られた会社でも

事業計画書を作成していると

融資に応じてくれるケースが

最近、増えたように思います。

銀行に門前払いされても

あきらめないことで計画書を

作成してみましょう。


ジャンル:ウェブログ
13年10月28日 07時33分12秒
Posted by: mhirai
子育て雑誌のフェアに家族で参加してきました。

ミルクやおしめ、せっけんなどのメーカーが

たくさん出展していて、無料サンプルをもらえるのですが

QRコードからアンケートにこたえたり、

フェイスブックで「いいね!」を押すなどの準備が必要で、

あちこちのブースの周りでたくさんのお母さんが

携帯を操作している風景が印象的でした。


イベントそのものはアナログでも

データ収集はデジタル化が進んでいますね。
13年10月25日 07時52分31秒
Posted by: mhirai
コンスタントに売上を伸ばしている方に

仕事を増やす秘訣をたずねると

「他人がやりたがらないコト、

 大変で面倒くさいコトを

 すすんで引き受けるのが大事」

とのお返事をよく聞きます。


とことんお付き合いして

お客様の信頼を得ることが

結局は近道なのかもしれませんね。
13年10月24日 08時03分31秒
Posted by: mhirai
娘との生活がはじまってから1ヵ月がたちました。

世話をする機会を重ねるうちに、

泣き方の違いが分かってきたような気がします。

最初は赤ちゃんの泣き声なんて全部同じだろうと

思っていましたが、何でも慣れは大切ですね。
13年10月23日 07時55分24秒
Posted by: mhirai
仕事が増えて売上も伸びているのに

ちっとも経済的にゆとりがでない、

というときは、決算書や試算表を分析してみましょう。


例えば、

・借入の返済などが多い

・仕入や経費がかかっている

といった問題が発生している可能性があります。


借入の返済が問題であれば借換やリスケなどの交渉をする、

仕入や経費が問題であればコストを見直す、

といった取り組みが必要になります。


売上だけでなく、色々な視点で

経営状態をチェックすることが大切ですね。
13年10月22日 09時32分58秒
Posted by: mhirai
レビュー10月号を事務所HPにアップしました。今月のテーマは

『来年4月から消費税が8%! 増税の影響は?』です。

お時間ある方、ご興味ある方はお気軽にご覧いただけたら幸いです。



レビュー10月号 ⇒  http://www.hirai-ao.com/review/PDF/review_1310.pdf

過去のレビュー⇒  http://www.hirai-ao.com/review.html

執筆記事など ⇒  http://www.hirai-ao.com/access.html
13年10月22日 08時05分41秒
Posted by: mhirai
執筆や講演のご依頼を頂くさいは、

たいてい読者層・受講者層の説明、

テーマや文体、資料などの指定があります。

場合によっては参考として

過去の資料を送ってくださる方も

いらっしゃいます。


決算書や申告書のような

ルールが決まっている仕事でないので、

お互いのイメージをすり合わせるためには

とても大切なプロセスだと思います。


逆に仕事を依頼する立場になったさいは

イメージ共有ができるような工夫をしないと

いけませんね。
13年10月21日 07時24分09秒
Posted by: mhirai
群馬県民にはおなじみの「上毛かるた」の著作権と商標権が

県に無償譲渡されるそうです。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/131020/gnm13102002050002-n1.htm


これまでは権利関係の問題で

自治体主催の公式な大会を開催できなかった、

という話を聞いたことがあります。


これで問題が解消されるなら、

今後は各地(とくに東京)で公式な大会をドンドン開催して

知名度をアップさせてほしいですね。
13年10月18日 02時03分57秒
Posted by: mhirai
限られた売上のなかで

収益や資金繰りの改善をしたければ、

ムダな支出を減らす必要があります。

ところが、決算書や試算表を見ても

ムダかどうかの判断は意外とつきません。


そんなときは「総勘定元帳」という

帳簿資料をみてみましょう、

いつ、だれに、どんな内容で、いくら支出したのか、

といったことが細かく書いてあるので、

決算書よりもムダを見つけやすくなります。


手元になければ、

顧問税理士の先生に頼んで取り寄せてください。

どんどんムダが見つかるかもしれませんね。
13年10月17日 08時53分12秒
Posted by: mhirai
先月9月は不動産業界が好調だったようです。

首都圏の新築マンションの発売は前年同月比77.3%増、

大手住宅メーカーの注文住宅の受注金額も

前年同月比35%~74%増と、いずれも大きく伸びたそうです。


「今年9月末までに契約をすれば、来年4月以降の引き渡しでも

消費税が5%ですむ」という経過措置を受けるための

駆け込み需要が多かったことが、好調の原因とのことです。


ただ、消費税が8%になっても、

住宅ローン控除が拡充されるのでかえって有利だったり、

販売が不振で不動産価格が下落するので安く買える、

といったこともあります。

あまり反動が出ないと良いですね。
13年10月16日 07時42分21秒
Posted by: mhirai
湾岸エリアでは、昨晩から

強い雨風が続いています。

通勤時間帯になりましたが、

付近を歩いている人も

ほとんどいません。

関東一帯では午前中一杯

荒れた天気になるようなので

外出する場合は充分、注意しましょう。
13年10月15日 08時29分50秒
Posted by: mhirai
弊事務所では、お客様の試算表を作成するさいに

必要に応じて

得意先別前期比売上、

部屋別前期比賃貸料、

損益計算書予実管理表、

などをエクセルで作成しています。


作業の負担は少し増えますが、

採算状況をより細かく把握できるので

お客様にはとても喜ばれます。


ご依頼を長く続けて頂くためには、

ご請求に見合う範囲で

ちょっとしたひと手間をかけることが、

大切かもしれませんね。
13年10月11日 07時24分21秒
Posted by: mhirai
鈴与シンワート様のサイトで

「問題解決型経理のススメ」というテーマの

コラムを執筆することになりました。

http://www.shinwart.co.jp/tech-column/column05/001/

お時間あるときにご一読いただければ幸いです。
13年10月10日 07時56分00秒
Posted by: mhirai
銀行にリスケをお願いしている会社は

リスケを延長するさいに銀行から

「経営改善計画書」の提出を求められる

場合があります。


「経営改善計画書」とはいっても、

そんなにおおげさなものではなく

簡素な書式であれば、

向こう5年間の損益計算書と

課題や改善案を数行書くだけですみます。


ただし、書式が簡素だからといって

数字を漫然と成り行きで書いてはいけません。

実現可能な範囲で、期間内に

黒字化や債務超過の解消、償還年数の短縮(10年未満)と

いった目標実現の意思を込める必要があります。


銀行に言われたからとしぶしぶ作成するのではなく、

経営者として会社をどうしていくのかを考える

よい機会と考えて、前向きな気持ちで作成しましょう。
13年10月09日 07時00分20秒
Posted by: mhirai
今月に入ってから

新しい仕事のご依頼が続いています。

これもオリンピック効果なのかも

しれませんね。

いずれにせよ、ありがたいことです。
13年10月08日 07時54分56秒
Posted by: mhirai
業績を根本から改善するためには、

窮境状態になった原因として、

どんな問題がいつ発生したのかを

つきとめなくてはいけません。


そんなときはまず、

過去10年くらいの経営数値の推移を見比べて

「経営数値の異変はいつ頃から発生したのか」を

調べてみるのもひとつです。


ちなみに「売上」や「利益」よりも

「フリーCF」や「要債務残高」、「償還年数」などの

経営数値の変化に注目すると、思わぬタイミングで

窮境原因が発生していることが分かるかもしれません。


業績悪化から抜け出せない会社は

ぜひ過去の経営数値を調べてみてください。
13年10月07日 08時25分46秒
Posted by: mhirai
世界最高峰の競馬レース「凱旋門賞」に

日本のトップホース2頭が参戦しました。

http://www.jra.go.jp/news/201310/100701.html
それぞれ2着、4着と残念な結果に終わりましたが、

素晴らしいチャレンジスピリットだと思います。

自分も見習わないといけませんね。

13年10月04日 07時31分05秒
Posted by: mhirai
消費税増税にともなう価格転嫁や価格表示について

「消費税転嫁対策特別措置法」という法律が

平成25年10月1日より施行されました。

http://www.jftc.go.jp/oshirase/syouhizeisekoukijitu.files/5.pdf

消費者の誤解を招かないような価格表示に気を配るのはもちろん、

不当な価格引き下げで中小納入業者の税負担が増えないように、

国全体で注意する必要がありますね。
13年10月03日 07時27分53秒
Posted by: mhirai
特定社会保険労務士の佐藤広一先生が新DVDを発刊されました。

https://www.officesato.co.jp/contents/index.php

雇用主目線で労務トラブル回避のポイントを分かりやすく解説されています。

会社の規模にかかわらず、経営者・労務担当者の方は必見ですね。
13年10月02日 06時42分44秒
Posted by: mhirai
来年4月1日から予定通り消費税率8%に

引き上げられることが決まりました。

消費税は広く多くの取引に影響がある税目なので

税率引き上げによって現場の混乱が予想されます。

会社の経理担当者は、

経過措置、価格表示、価格転嫁などのルールを

社内に周知徹底することが大切ですね。
13年10月01日 07時15分43秒
Posted by: mhirai
契約書を作成したさいは「収入印紙」を貼って

印紙税を納めるのが一般的です。

納税額は取引金額等によって異なりますが、

契約内容を変更する場合は、

どのような取扱いになるのでしょうか。


例えば、請負契約書の契約金額を変更した場合、

変更した契約書(覚書)の記載のしかたによって

以下のように納税額がかわってきます。
------------------------------------------------------------
「△月△日に締結した契約金額の2億円を2.2億円に増額」と記載
→増額分の金額(0.2億円)のみが納税の対象

「△月△日に締結した契約金額を0.2億円増額」と記載
→増額分の金額(0.2億円)が納税の対象

「当初契約の契約金額の2億円を2.2億円に増額」と記載
→増額後の金額(2.2億円)が納税の対象

「当初契約の契約金額を0.2億円増額」と記載
→増額分の金額(0.2億円)が納税の対象
------------------------------------------------------------

詳細は国税庁のHPで紹介されています
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/12/07.htm


減額変更の場合はさらに納税額が大きく異なる場合があります。

ムダな税金を納めないように注意が必要ですね。
«Prev1Next»