2015年 4月の記事一覧

«Prev1Next»
15年04月30日 06時17分26秒
Posted by: mhirai
他人の提案に承認や拒否するだけなら

「はい」や「やだ」の返事だけで済むのに対して

自分の要望を伝達したければ

「あっち」とか「だっこ」とか「ミルク」などの

固有名詞を覚えて発音できないといけません。


激しいワガママには手を焼きますが

これも成長の証なのかもしれませんね。
15年04月28日 06時24分21秒
Posted by: mhirai
最近、日中に

乗り換え駅でダッシュしたり

バス停でキョロキョロしている

真新しいスーツ姿の若者をよく見かけます。


就職活動、真っ盛りなのかもしれません。

あの必死さを皆が持てば

社会はもっと活発になりますね。
15年04月27日 05時40分45秒
Posted by: mhirai
娘と公園で遊んでいると

たまに、しっかりした

お子さんを見かけます。


ブランコで遊んでいたら

「空いたら次、乗せて」

と話しかけてきたり、

すべり台で順番を抜かした子に

「ちゃんと並んで」

と注意する姿を見ると

えらいもんだ、と感心します。


そういったお子さんの

ご両親は自分の子を信頼しているのか

近くでアレコレ言わずに

遠くで見守っていることが

多いように感じます。



子供の自立心を育てたいなら

親も過保護を克服しないと

いけないかもしれませんね。
15年04月24日 05時49分34秒
Posted by: mhirai
学歴や職歴が同じでも

人によって差がつくことが

よくあります。


受験や就活の合格を

ゴールと考えている人は伸びない、

スタートと考えている人は伸びる、

といった違いがあるように感じます。


選挙も似たようなものかもしれませんね。
15年04月23日 06時15分17秒
Posted by: mhirai
資産の処分や管理のために

親族で共有している不動産の持ち分を

親族間で交換することがあります。


例えば、2人兄弟がA土地とB土地を

それぞれ1/2ずつ持っている場合、

A土地の弟の持ち分と

B土地の兄の持ち分を交換して

A土地は兄の全所有、

B土地は弟の全所有のように整理します。


所有者と不動産の権利を1対1にすることで

不動産の売却や将来の相続の手続きが

簡素化できるのがメリットです。

ただ税務上はいくつか注意点があります。


まず物件の交換は税務上、

“譲渡(売った)”と同じと考えます。

なので利益が出ていれば

確定申告をする必要があります。

また売った値段は

“交換したさいの時価”で考えるので

交換した持ち分の時価に差額があれば

現金で穴埋めしないと、場合によっては

贈与税が発生します。


不動産の交換を検討している方は

税務もバッチリ準備してくださいね。
15年04月22日 06時54分55秒
Posted by: mhirai
会計の分かりにくい項目の一つに

「現預金」と「剰余金」の違いがあります。

一般的に「現預金」とは手元資金のことで、

「剰余金」は過去の業績の蓄積のことです。


例えば、

1億円で設立した会社が

過去に3億円の利益を出していて、

さらにすべて現金化している場合、

貸借対照表<A>は次のようになります。
--------------------------------------------
(現預金)4億円
(資本金)1億円
(剰余金)3億円
--------------------------------------------

この時点では

「現預金」と「資本金+剰余金の合計額」は

ともに4億円で一致します。



この会社が手元資金の半分で

土地を購入した場合、

貸借対照表<B>は次のようになります。
--------------------------------------------
(現預金)2億円
(土  地)2億円
(資本金)1億円
(剰余金)3億円
--------------------------------------------

手元資金で土地を購入したので

「現預金」は2億円に減りましたが、

土地の購入は業績には直接関係ないため

「資本金+剰余金の合計額」は4億円で変わりません。


さらにこの会社が銀行から4億円を借りて
 
4億円の土地を購入した場合、

貸借対照表<C>は次のようになります。
--------------------------------------------
(現預金)2億円
(土  地)6億円
(借入金)4億円
(資本金)1億円
(剰余金)3億円
--------------------------------------------

借入金で土地を購入したので

「現預金」は2億円のまま、

資金の借り入れも業績には直接関係ないため

「資本金+剰余金の合計額」は4億円で変わりません。


3つの貸借対照表を比較すると

剰余金の額は

<A:3億円>、<B:3億円>、<C:3億円>

とすべて同じです。


一方、手元資金は

<A:4億円>、<B:2億円>、<C:2億円>

となり、Aが一番多くなります。


ちなみに、手元資金から借入金(有利子負債)を引いた

ネットキャッシュは

<A:4億円>、<B:2億円>、<C:-2億円>

となり、Cが一番少なくなります。


これら手元資金やネットキャッシュの違いは

土地(設備投資)の額や

<A:なし>、<B:2億円>、<C:6億円>

借入金(有利子負債)の額

<A:なし>、<B:なし>、<C:4億円>

の違いが原因で生じています。



つまり、現預金の額は

剰余金の額だけでなく

設備投資の額や借入金の額によっても

増減するという性質があります。

これが現預金と剰余金の違いを

分かりにくくしている原因です。



ちなみに、過去の業績の割に

現預金が少ない会社は

将来の業績アップに積極的なので

業績の推移に注目、

現預金が多い会社は

将来の業績アップには消極的なので

配当などの株主還元に注目、

と考えてもいいかもしれませんね。
15年04月21日 07時18分07秒
Posted by: mhirai
家族で横浜のアンパンマンミュージアムに行った帰り、

たまたま近くに噂の大塚家具があったので覗いてみました。

ビルの4階~12階を占める大型店でしたが、

4階に上がるエレベーターの前からすでに長蛇の列。

2つあるエレベーター前に40人くらい並んでしまっていたので、

社員の方が、急きょ業務用エレベーターを開放していました。


お店の中は広いのであまり混んでいませんでしたが、

スタッフの方に案内をお願いするのは1時間以上まち、

とのことなので、家族だけで店内をブラブラすると、

数十万~百数十万の値札だらけ。

「値引き後でこの値段じゃ、おいそれと手が出ないね」

ということでそそくさと退散。

お店を出ると、すぐ近くにニトリがあったので

ついでに家具を物色しようということに。

ちょうど欲しかったソファが手ごろな値段

(に見えた。大塚家具の後なので。まさにコントラスト効果)

だったので即、お買い上げとなりました。


興味本位で大塚家具へ

→高くて何も買わない

→ついでにニトリも見てみよう

→やっぱり安い!せっかくだから買う?

という行動パターンに はまった家族が

あの日だけで100組はいたとにらんでいます。


一連の騒動の宣伝効果で一番恩恵を受けているのは

意外とニトリかもしれませんね。
15年04月20日 07時35分43秒
Posted by: mhirai
顧問税理士の先生が

「病院に入院した」とか「連絡がとれなくなった」

といった理由で相談を受けることが

最近、増えました。


そもそも税理士は

平均年齢60歳と高齢者の多い業界ですが、

「子供がいない」、「家族がいない」という方が増えて

「後継者不足」や「孤立化」といった問題が

顕在化しているように思います。


これも“少子高齢化のひずみ”

なのかもしれませんね。
15年04月17日 08時18分25秒
Posted by: mhirai
地元の金融機関の方にお聞きした話しですが、

芝浦周辺の不動産取引は相変わらず活況なようです。


オリンピック開催や新駅発表の効果で

3年前に比べ相場は15%程度値上がりしたので

ちょっと割高感がありましたが、

円安の影響もあり外国人投資家の購買意欲は

相変わらず旺盛とのことでした。


とくに中国人投資家の勢いがモノすごいそうで

家電やおむつを買うように

投資用マンションをまとめ買いするとも

おっしゃっていました。


小売業の業績が中国人観光客に左右されるように

不動産の相場も中国人投資家がカギを握っているのかも

しれませんね。
15年04月16日 07時41分40秒
Posted by: mhirai
以前、設備投資を考えている中小企業の社長から

セカンドオピニオンとして

数億円規模の資金集めの依頼を受けました。


事業計画書の作成や

銀行説明の同行などのサポートをして

資金集めは順調に進んだものの、

用地買収の交渉に手間がかかってしまい

計画から3年かかって

ようやく設備が完成しました。


長い時間はかかりましたが

立派な設備ができて

社長も大変、満足されていました。

多少は役に立てたようで

自分も嬉しいですね。
15年04月15日 07時29分42秒
Posted by: mhirai
これからのWebサイトは

スマホやタブレットなどの携帯端末に合わせたデザインを優先する

「モバイルファースト」という考え方と、

表示画面に応じて自動的にデザインを変化させる

「レスポンシブデザイン」という技術がカギになる、

との話を聞きました。


例えばこんなサイトがあるそうです。

http://www.ichimishin.com/

http://www.chanpontei.com/


画面を開いてウインドウのタテヨコを変えると

確かにウインドウにあわせてデザインも変わります。

不特定多数に宣伝する飲食店業や小売店業には

必須かもしれませんね。
15年04月14日 09時32分54秒
Posted by: mhirai
先週の桜花賞では単勝1.6倍のルージュバックが

9着に惨敗しました。

競馬ではこのように圧倒的人気の馬が

あっさり負けることがよくあります。

なぜ、惨敗するような馬に人気が集中したのでしょうか。



競馬では人気が集中する要因は大きく2つあります。

1つは成績が抜群であることで、

1つは競馬新聞が推奨していることです。


「成績が抜群」の馬は、簡単に言うと

「いつも勝っているから、次も勝つだろう」

という理由で人気が集中します。

“伝統に対する信頼”と言ってもいいかもしれません。


先のルージュバックも桜花賞までは

3戦3勝の無敗(しかもぶっちぎり)という

強烈な成績を残していたことで

圧倒的な人気を集めていました。

しかし今思えば

多頭数のレースをこれまで経験しておらず、

戦ってきた相手のレベルもあまり高くなかったので

過大評価だったのかもしれません。

“環境が変化すれば結論も変わるかもしれない”

というのが盲点になっていたように思います。


「競馬新聞が推奨」している馬は、簡単に言うと

「専門家が勝つといってるから、勝つんだろう」

という理由で人気が集中します。

“権威に対する信頼”と言ってもいいかもしれません。

ルージュバックは直前にスポーツ紙で特集が組まれるなど

新しいスター候補にメディアも過熱気味でした。

オーナークラブは名馬を何頭も所有する名門なので、

お付き合いとかご機嫌伺いで評価も甘かったのかもしれません。

“専門家も人の子で絶対ではない”

というのが盲点になっていたように思います。



ビジネスでも“まさか”や“よもや”が起こりますが

事後の結果が問題なのではなく、

伝統や権威を過信した事前の評価に

問題があるのかもしれませんね。
15年04月13日 08時24分02秒
Posted by: mhirai
音楽関係のお客様にお聞きした話ですが、

最も精力的に仕事をしたのは40代の頃だったそうです。


朝の7:00から曲を書き始め、

夕方17:00までに2曲を書き上げ、

そこからスタジオに移動して

夜の19:00から演奏者30人の

生演奏で収録を開始、

22:00過ぎに終わった後

深夜3:00まで打ち上げをして

翌朝の7:00からまた曲を書き始めるというサイクルを

週 5日間こなしていたそうです。


曲を書くときは目の前に時計をおいて

常に締め切りを意識し、

アイディアが出ないときは壁に頭をぶつけていた、
 
ともおっしゃっていました。

収録が遅れるとスタジオや演奏者への

延長料金だけで100万円近くのおカネが余計にかかるので

毎日のプレッシャーも相当だったと話されていました。


日本レコード大賞を受賞したのも

その時期だったようです。

私も今年40歳ですが、これからの10年を

充実させていきたいですね。

» 続きを読む

15年04月10日 08時04分46秒
Posted by: mhirai
舞台役者の方に聞いた話ですが、

たくさんの演劇を鑑賞した見識の高い人が

必ずしも演技がうまいとは限らないそうです。


ビジネスの世界も同じように

豊富な知識や合理的な思考を持っているビジネスマンが

必ずしも成功できるとは限りません。

演技力を磨くために稽古が不可欠なように

ビジネスマンも知識や思考を具現化するための

“実技力”の練習をしないと

成功できないかもしれません。


ちなみに舞台の稽古は、自分の演技を他人に見てもらい

客観的に指摘してもらうことで欠点を認識し改善していく、

というプロセスを何度も繰り返すそうで、

素直で強いメンタルがないと耐えられないようです。


ビジネスマンも“実技力”を磨きたかったら、まずは

他人の指摘を受け入れる健全で強靭な精神を持たないと

いけないかもしれませんね。
15年04月09日 07時29分01秒
Posted by: mhirai
ここ数日、東海道線や高崎線での

移動が多かったこともあって

グリーン車に乗る機会が重なりました。


あるとき、

空席があるのにデッキに立っている初老の男性を見かけました。

「はは~ん、グリーン料金を払ってないな」とピンときたものの、

まあよくある話かなと思っていたら

発車直後に女性乗務員の方が駆け寄って

「この車両はグリーン料金を支払っていないと乗車できません」

「お支払い頂けないなら一般車両に移動してください」

とピシャリと言い放ちました。

男性は「間違って乗っただけ」、「次で降りる」と言い訳して

ささやかな抵抗をしていましたが、

乗務員の厳しい態度にすぐに白旗をあげて

スゴスゴと一般車両に歩いていきました。


また別のとき、

デッキで若い男性ビジネスマンが携帯で話をしていました。

「うるさいけど座席じゃないし、お互い様だから仕方ないか」なんて思っていたら、

すぐに女性乗務員の方が駆け寄って

「グリーン車はデッキを含めて通話禁止です」

「お客様、通話はお控えください」

と注意していました。

ビジネスマンは電話を切れないのか、なかなか通話をやめませんでしたが

女性スタッフは電話を切るまでずっとビジネスマンの横で注意していました。

ビジネスマンが電話を切った後、女性スタッフは念押しで

「グリーン車はデッキを含めて通話禁止です」と告げて去って行きました。


ルールについては人それぞれ感想があると思いますが、

どんなルールにせよ決めた以上は運用を徹底しないと秩序が守れません。

そのためには、ただ周知して理解を求めるだけでなく

ルールを取り締まる人の毅然とした態度が不可欠なのかもしれませんね。
15年04月08日 06時17分09秒
Posted by: mhirai
顧問先様のご親族の出版パーティーに

出席してきました。


著者は会社経営者でもあり

テレビにも何度か出演したことのある

業界の有名人だけあって、

代表作が映画化もされた大作家の先生、

何度も日本一になった囲碁棋士の大御所の先生、

大手新聞社の取締役など

著名な方々が来賓として

いらっしゃっていました。


会場中にエネルギーがみなぎっているようで

こちらもたくさん元気をもらえたような気がします。

とてもよい体験ができましたね。
15年04月07日 06時17分24秒
Posted by: mhirai

お誘いを受けてニューハーフのダンスショーを見てきました。

http://show-the-konparu.com/


まったくなじみのない世界なので

どんな舞台かと最初はビクビクしてましたが、

ショーが始まると華やかな踊りや力強いダンスが

テンポよくドンドン続くので、

見ているこっちもテンションがあがって

最後はノリノリで手拍子をしていました。



イキイキと輝いているダンサーの方々を

見ていると、誇りを持って生きるのに
 
マイノリティーとかマジョリティーとか

関係ないようにも思えますね。
15年04月06日 08時38分24秒
Posted by: mhirai
事業承継では

後継者への株の移転や創業者の退任のタイミング、

さらに創業者の生活の保障など

多岐にわたる話し合いが必要になります。


税務相談というよりも

人生相談のつもりで対応することが

大切かもしれませんね。
15年04月03日 06時32分36秒
Posted by: mhirai
ある成功者の方に秘訣をお聞きしたところ

「自分は最初負けた分野でしか勝負しない。

 最初に負けておくと次は勝ってやろうと

 執念を燃やすので必ず勝てる」と

おっしゃっていました。


ということは、色んな失敗をした人は

成功のチャンスがゴロゴロ転がっている、

ということかもしれませんね。
15年04月02日 06時55分38秒
Posted by: mhirai
母校がセンバツで優勝しました。

といっても今話題の甲子園ではなく

中学校のテニスの大会です。

http://news.tennis365.net/news/today/201503/103984.html


大会の規模やレベルはよく分かりませんが

分野にかかわらず日本一の称号を得ることは

素晴らしいことです。選手に皆さんにとっても、

今後の大きな自信になるだろうと思います。


ニッチでトップを目指す、という戦略は

中小企業の参考にもなりますね。
15年04月01日 07時39分43秒
Posted by: mhirai
子育てをしていると

ケガをしないようにとか、

モノをこわさないようにと

先回りして危険を排除しようと

してしまいます。


でも最近、子供が

失敗の練習をする貴重な機会を

奪っているのかもしれないな、

と思うことがあります。


失敗してもめげない

タフなメンタルを身につけさせるなら

多少のヤンチャやイタズラも

大目にみないといけないかも

しれませんね。
«Prev1Next»