2009年 2月の記事一覧

«Prev1Next»
09年02月24日 12時14分37秒
Posted by: mizoe
 札幌市豊平区の 税理士 溝江諭(みぞえさとし) です。
  
 今回の税制改正で、自民党は、資本金1億円以下の中小企業に対し、所得金額年800万円までの部分を22%に軽減している法人税率を18%まで引き下げることに決めましたが、はたしてどれだけ中小企業の支援につながるのでしょうか?
  
 軽減税率の引下げによる中小企業の減税額の試算については、以下のサイトの「お知らせ」にある「法人税の軽減税率が下がります。」をご覧下さい。

http://www.ksc-kaikei.com/ 
 
 この改正は、景気悪化による収益悪化に苦しむ中小企業を支援するためと言われていますが、大企業でさえ大幅な赤字決算が予想される厳しい経済状況にある現状において、多くの中小企業も赤字決算を余儀なくされることになるでしょう。今までさえ、約70%が赤字法人と言われているところへ、今回の金融危機を発端とする経済危機が直撃したのですからその影響は計り知れないほどです。
 
 政府はこの改正による減税規模を1千億円ほどと見込んでいるようですが、赤字法人が急激に増加することにより、ほんのひとにぎりの黒字企業しか減税の恩典を受けることができないのではないでしょうか。それも黒字企業1社あたりの平均減税額(法人税と法人住民税)は約20万円前後と中小企業支援という威勢のいい言葉の割にはあまりにも少額です。
 
 今回の経済危機が外需頼みの日本経済に警鐘をならすものであるならば、どのようにして内需を拡大すべきかが問われることになります。税制をその経済政策の一つとして使おうというのであれば、今回のこの改正はまことに的外れのものに見えます。
 
 あまねく広く内需の拡大に結び付けようとするならば、これだけ冷え切った消費をどのように振興させるかが焦点になるのではないでしょうか。公共事業で一部の業界を下支えするだけでは内需の拡大に結びつかないことは過去の歴史が証明しています。やはりここはGDPの約60%を占める消費をいかに喚起させるかということにならざるをえません。
 
 私見ですが、私は消費税の税率をダウンさせることを検討しても良いのではないかと考えています。それほど現在の危機は深刻なものだと思われます。これにより消費税収はダウンしますが、あまねく広く内需の下支えが可能となります。どなたか経済学的にこの経済価値を試算していただける方はいないでしょうか?
 
 See you next !
 

その他のためになる情報は

http://www.ksc-kaikei.com/ 



**************************************************************************
 独立開業を検討の方 開業前に経営者として十分に理解し、決定しておかねばならない項目がたくさんあります。当事務所では、豊富な経験を基に、これらの相談に対し、各ポイントを解説しながら、あなたと一緒に、親身になって考え、検討し、より良いアドバイスをさせて頂きます。今まで、モヤモヤしていたものが、徐々に解消していくことを実感できるでしょう。
 既に開業中の方へ 毎月の巡回監査、節税や税務調査対策などの「税務対策」としっかりした「経理制度の確立」を通して、貴社の『健全な繁栄』を支援します!迅速、正確な社会保険、労働保険もお任せ下さい。貴社の身近な相談相手としてどうぞ!!

 (対応地域)
札幌市豊平区、札幌市清田区、札幌市白石区、札幌市厚別区、札幌市南区、札幌市中央区、札幌市東区、札幌市西区、札幌市北区のほか北広島市、恵庭市、千歳市、江別市などの札幌近郊
 
 『ズバリ節税99 一問一答』 好評 無料進呈中!!
 『予約制 30分無料相談』 実施中!!

 
                   税理士 溝江 諭 KSC会計事務所
              Tel  011-812-1672 Mail info@ksc-kaikei.com
                    http://www.ksc-kaikei.com/ 
                札 幌 学 院 大 学   客 員 教 授 
                北海道情報大学大学院 非常勤講師 溝江 諭

**************************************************************************
09年02月05日 11時39分09秒
Posted by: mizoe
 札幌市豊平区美園の税理士 溝江諭(みぞえさとし)です。

 金融危機を発端とする今回の不況はかってない程の深さと広がりを持ったものとなりそうです。そこで、政府が打ち出した「緊急保証制度」、「セーフティネット貸付」、「資金繰り円滑化借換保証制度」などの中小企業向けの「緊急不況対策」。これらの制度を既にご利用になられた会社もたくさんあることでしょうが、その一方で、うちの会社は赤字だから新規の借入なんか無理だよなとあきらめている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

以上の各種制度については、以下のサイトの「お知らせ」にある「緊急不況対策」をご覧下さい。)
  http://www.ksc-kaikei.com/  

 そこで今回は、そんな方のために、「赤字でも借入できるか?」について書いてみましょう。

 結論から言うと、「赤字会社でも借入できる可能性は十分にあります。」ということになります。

 金融機関は融資を審査する際に総合的にその会社の業績を判断しています。例えば、前期が赤字決算だから融資を見送る、今期が赤字だから融資を拒絶すると言うわけではありません。もちろん、赤字よりも黒字の方が審査上有利なことは間違いありませんが、赤字の場合でも融資を行うケースはあるのです。

 では、どのような場合に赤字会社でも借入できるのでしょうか?

 それは、①赤字の原因をしっかりと把握し、②実行可能な黒字化対策を真剣に検討し、実行している会社です。すなわち、「不景気によって売上が減少した。得意先の放漫経営によって貸倒が発生した。」というように赤字原因を世の中や他人のせいにしたりせず、自社を冷静に厳しく見つめ直すことにより、赤字の本当の原因を分析すること。さらには、赤字原因の具体的な撲滅対策やさらなる収益力強化対策を検討し着手している会社の場合です。

 金融機関としては、融資したお金が返ってこないかもしれないと考えれば、当然に融資を見送ることになります。そこで、「貸したお金は返ってくるよ」という積極材料を会社は金融機関へ提示する必要があるのです。

 金融機関としても不景気で売上が減少するのはやむを得ないと考えている部分もあるはずです。ただそれを「不景気」という外部要因だけのせいにするのではなく、経営者が率先して原因究明にあたり、自分たちの力で黒字化していくんだという強い姿勢を訴えることができたならば、金融機関の融資担当者も審査の稟議書が書きやすくなりますし、「何とか応援してあげたい」という気持ちになってもらうことも可能です。それだけ、融資の可能性が広がるわけです。

 うちの会社は赤字だから新規の借入なんか無理だよと初めからあきらめないで、次の2点を実行し、ぜひ、融資に結び付けてください。

①赤字の原因をしっかりと把握し、
②実行可能な黒字化対策を真剣に検討、実行


 そうそう、融資を申し込むときはできるだけ長期返済にすると良いですね。今回の不況はかなり長期化しそうです。まさに生きるか死ぬかの状況にさらされることになるかもしれません。ですから、毎月の借入金の元金返済額を少しでも低めに抑え、不況の長期化に耐えることが大切になってくるのです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ここ札幌ではいよいよ雪祭りが始まりました。大通公園と東区の「つどーむ」では雪像、ススキノでは氷像を見ることができます。今年は気温が高めで、雪像が溶けやしないか心配でしたが、ここ最近の低温により無事オープンにこぎつけたようです。雪像や氷像を見てすっかりシバレきった体を温めるのにはススキノで飲む燗酒が最高!体の芯から温まり、ほっと人心地つくことができます。

 ぜひ、皆さんも一度雪祭りへどうぞ!!

 See you next!

 その他のためになる情報は以下のサイトへ
 税理士 溝江 諭KSC会計事務所          http://www.ksc-kaikei.com/ 
  **************************************************************************
 独立開業を検討の方 開業前に経営者として十分に理解し、決定しておかねばならない項目がたくさんあります。当事務所では、豊富な経験を基に、これらの相談に対し、各ポイントを解説しながら、あなたと一緒に、親身になって考え、検討し、より良いアドバイスをさせて頂きます。今まで、モヤモヤしていたものが、徐々に解消していくことを実感できるでしょう。
 既に開業中の方へ 毎月の巡回監査、節税や税務調査対策などの「税務対策」としっかりした「経理制度の確立」を通して、貴社の『健全な繁栄』を支援します!迅速、正確な社会保険、労働保険もお任せ下さい。貴社の身近な相談相手としてどうぞ!!

 (対応地域)
札幌市豊平区、札幌市清田区、札幌市白石区、札幌市厚別区、札幌市南区、札幌市中央区、札幌市東区、札幌市西区、札幌市北区のほか北広島市、恵庭市、千歳市、江別市などの札幌近郊
 
 『ズバリ節税99 一問一答』 好評 無料進呈中!!
 『完全予約制 30分無料相談』 実施中!!

 
                   税理士 溝江 諭 KSC会計事務所
              Tel  011-812-1672 Mail info@ksc-kaikei.com
                    http://www.ksc-kaikei.com/ 

                札 幌 学 院 大 学   客 員 教 授 
                北海道情報大学大学院 非常勤講師 溝江 諭

**************************************************************************



«Prev1Next»