2009年 5月の記事一覧

«Prev1Next»
09年05月31日 08時54分09秒
Posted by: mizoe
 札幌市豊平区の 税理士 溝江諭(みぞえさとし) です。
 
 ここ札幌では、この時期、様々な花が一斉に開き出します。戸建の庭には必ず幾種類かの花が植えられ、それらが競うように咲いています。百花繚乱、春爛漫というところでしょうか。とてもあでやかです。
 
 昨日は、市内のほとんどの小学校で運動会。本州では秋に行われることが多いと聞きますが、北海道では春に開かれます。各種の行進曲やウイリアムテル序曲など運動会定番の音楽が校庭のスピーカーから流れているのが、かすかに聞こえて来ます。
 
 そういえば、私の場合は中学生の時も運動会がありましたが、今もあるのでしょうか。運動会と言えば、昼食のお弁当。母親が丹精込めて作ったお弁当を家族みんなで食べるのがたまらなく楽しかったことを思い出します。たまにしか拝めなかったバナナもこの時ばかりは必ず用意され、われわれの楽しみを倍増させてくれました。
 
 さて、今日は最近私が聞いているお勧めの「ネットラジオ局」のひとつをご紹介します。
 
Jazz Vocal for You !

 「1.FM」という放送局ですが、全部で37チャンネルのジャンルが用意されています。音質も選択可能で、128kを選ぶとかなりの高音質で楽しむことができます。
 
 続きは以下のサイトの「ブログ」で

http://www.ksc-kaikei.com/ 

 その他のネットラジオやネットテレビを楽しみたい方のために、KSC会計事務所のサイトには、たくさんのネットラジオとネットテレビを掲載しています。
 
 以下のサイトの「リンク」→「趣味」で、お試し下さい。
 
 http://www.ksc-kaikei.com/
  
 see you next !

**************************************************************************
 独立開業を検討の方 開業前に経営者として十分に理解し、決定しておかねばならない項目がたくさんあります。当事務所では、豊富な経験を基に、これらの相談に対し、各ポイントを解説しながら、あなたと一緒に、親身になって考え、検討し、より良いアドバイスをさせて頂きます。今まで、モヤモヤしていたものが、徐々に解消していくことを実感できるでしょう。
 既に開業中の方へ 毎月の巡回監査、節税や税務調査対策などの「税務対策」としっかりした「経理制度の確立」を通して、貴社の『健全な繁栄』を支援します!迅速、正確な社会保険、労働保険もお任せ下さい。貴社の身近な相談相手としてどうぞ!!
 (対応地域)
札幌市豊平区、札幌市清田区、札幌市白石区、札幌市厚別区、札幌市南区、札幌市中央区、札幌市東区、札幌市西区、札幌市北区のほか北広島市、恵庭市、千歳市、江別市などの札幌近郊
 
 そうそう、節税もお忘れなく!

 『ズバリ節税99 一問一答』 好評 無料進呈中!! http://www.ksc-kaikei.com/

 『予約制 30分無料相談』 実施中!!

  TKC全国会会員
  税理士・社会保険労務士・行政書士 溝江 諭 KSC会計事務所
      Tel  011-812-1672  http://www.ksc-kaikei.com/
   
   札幌学院大学  客員教授  学 部 で 税務会計論担当
                     大学院で 税務会計論演習担当**************************************************************************
09年05月29日 12時00分23秒
Posted by: mizoe
 札幌市豊平区の 税理士 溝江諭(みぞえさとし) です。

 第4回目の今回は、「 住宅耐震改修工事」の減税です。
 
 住宅の耐震改修工事を行った場合の減税です。この減税は平成18年に創設されたものですが、今回、適用要件が緩和され利用しやすくなりましたので、以下に概要を記します。(新措法41の19の2①)
 
save tax 

 住宅耐震改修工事とは、耐震性能の一定の向上を目的とする改修工事をいい、この制度は、当初約75%と言われていた住宅の耐震化率を、10年間で90%まで引き上げることを目標として創設されたものです。
 
1 要件
 
① 居住者が
② 平成21年1月1日から平成25年12月31日までの間に
③ 地方公共団体が作成した一定の計画の区域内において
④ 自己の居住の用に供する家屋(昭和56年5月31日以前に建築されたものに限ります。)について
⑤ 一定の耐震改修工事をした場合
 
2 所得税額からの控除額
 
 続きは以下のサイトの「お知らせ」で

http://www.ksc-kaikei.com/  


 その他のためになる情報は
http://www.ksc-kaikei.com/

**************************************************************************
 独立開業を検討の方 開業前に経営者として十分に理解し、決定しておかねばならない項目がたくさんあります。当事務所では、豊富な経験を基に、これらの相談に対し、各ポイントを解説しながら、あなたと一緒に、親身になって考え、検討し、より良いアドバイスをさせて頂きます。今まで、モヤモヤしていたものが、徐々に解消していくことを実感できるでしょう。
 既に開業中の方へ 毎月の巡回監査、節税や税務調査対策などの「税務対策」としっかりした「経理制度の確立」を通して、貴社の『健全な繁栄』を支援します!迅速、正確な社会保険、労働保険もお任せ下さい。貴社の身近な相談相手としてどうぞ!!

 (対応地域)
札幌市豊平区、札幌市清田区、札幌市白石区、札幌市厚別区、札幌市南区、札幌市中央区、札幌市東区、札幌市西区、札幌市北区のほか北広島市、恵庭市、千歳市、江別市などの札幌近郊
 
 『ズバリ節税99 一問一答』 好評 無料進呈中!!
 『予約制 30分無料相談』 実施中!!

                   税理士 溝江 諭 KSC会計事務所
              Tel  011-812-1672 Mail info@ksc-kaikei.com
                   http://www.ksc-kaikei.com/  
 
             札 幌 学 院 大 学  客員教授  税務会計論担当 
************************************************************************** 
 

09年05月27日 17時31分05秒
Posted by: mizoe
 札幌市豊平区の 税理士 溝江諭(みぞえさとし) です。

 第3回目の今回は、「省エネ改修工事」の減税です。
 
save energy 

 ローンを借りて省エネ改修工事を行った場合の住宅ローン控除は既にありましたが(注1)、今回は工事費用控除によるものが創設されました。(新措法41の19の3Ⅰ②とⅡ)このため、自己資金で改修した場合でも減税されます。
 省エネ改修工事とは、エネルギーの使用の合理化に著しく資する改修工事を指します。
 
1 要件
 
① 居住者が
② 自己の居住する家屋について一定の省エネ改修工事をして
③ 平成21年4月1日から平成22年3月31日までの間にその者の居住の用に供した場合
④ 合計所得金額3,000万円以下であること
 
2 所得税額からの控除額


 続きは以下のサイトの「お知らせ」で

http://www.ksc-kaikei.com/ 

**************************************************************************
 独立開業を検討の方 開業前に経営者として十分に理解し、決定しておかねばならない項目がたくさんあります。当事務所では、豊富な経験を基に、これらの相談に対し、各ポイントを解説しながら、あなたと一緒に、親身になって考え、検討し、より良いアドバイスをさせて頂きます。今まで、モヤモヤしていたものが、徐々に解消していくことを実感できるでしょう。
 既に開業中の方へ 毎月の巡回監査、節税や税務調査対策などの「税務対策」としっかりした「経理制度の確立」を通して、貴社の『健全な繁栄』を支援します!迅速、正確な社会保険、労働保険もお任せ下さい。貴社の身近な相談相手としてどうぞ!!

 (対応地域)
札幌市豊平区、札幌市清田区、札幌市白石区、札幌市厚別区、札幌市南区、札幌市中央区、札幌市東区、札幌市西区、札幌市北区のほか北広島市、恵庭市、千歳市、江別市などの札幌近郊
 
 『ズバリ節税99 一問一答』 好評 無料進呈中!!
 『予約制 30分無料相談』 実施中!!

 
                   税理士 溝江 諭 KSC会計事務所
              Tel  011-812-1672 Mail info@ksc-kaikei.com
                   http://www.ksc-kaikei.com/  
 
             札 幌 学 院 大 学  客員教授  税務会計論担当 

**************************************************************************

09年05月26日 05時34分45秒
Posted by: mizoe
 札幌市豊平区の 税理士 溝江諭(みぞえさとし) です。

 第2回目の今回は、「バリアフリー改修工事」の減税です。

barrier free

 ローンを借りてバリアフリー改修工事を行った場合の住宅ローン控除は既にありましたが(注1)、今回は工事費用控除によるものが創設されました。(新措法41の19の3Ⅰ①)このため、自己資金で改修した場合でも減税されます。
 バリアフリー改修工事とは、高齢者等が自立した日常生活を営むのに必要な構造及び設備の基準に適合させるための改修工事を指します。


 続きは以下のサイトの「お知らせ」で

http://www.ksc-kaikei.com/ 

**************************************************************************

 独立開業を検討の方 開業前に経営者として十分に理解し、決定しておかねばならない項目がたくさんあります。当事務所では、豊富な経験を基に、これらの相談に対し、各ポイントを解説しながら、あなたと一緒に、親身になって考え、検討し、より良いアドバイスをさせて頂きます。今まで、モヤモヤしていたものが、徐々に解消していくことを実感できるでしょう。
 既に開業中の方へ 毎月の巡回監査、節税や税務調査対策などの「税務対策」としっかりした「経理制度の確立」を通して、貴社の『健全な繁栄』を支援します!迅速、正確な社会保険、労働保険もお任せ下さい。貴社の身近な相談相手としてどうぞ!!

 (対応地域)
札幌市豊平区、札幌市清田区、札幌市白石区、札幌市厚別区、札幌市南区、札幌市中央区、札幌市東区、札幌市西区、札幌市北区のほか北広島市、恵庭市、千歳市、江別市などの札幌近郊
 
 『ズバリ節税99 一問一答』 好評 無料進呈中!!
 『予約制 30分無料相談』 実施中!!

 
                   税理士 溝江 諭 KSC会計事務所
              Tel  011-812-1672 Mail info@ksc-kaikei.com
                   http://www.ksc-kaikei.com/   
 
             札 幌 学 院 大 学  客員教授  税務会計論担当 

**************************************************************************
09年05月22日 16時43分10秒
Posted by: mizoe
 札幌市豊平区の 税理士 溝江諭(みぞえさとし) です。

 経済対策の一環として、毎年のように改正される住宅税制。これを利用するためには、住宅ローンを借入れることが前提となっていました。それが、今回の改正では、「自己資金」で新築・改修等を行う場合でも利用できるようになりました。

return tax

 今までの住宅ローン控除はローン利用者の「利子補填」による内需拡大が目的でしたが、創設された主な新制度は、「工事費用控除」とも呼ぶべきもので、ズバリ、国による「工事費用の一部」返金により内需拡大を目指すものです。住宅建築は経済波及効果が高いとされていますので、現在の厳しい経済状況下における景気底上げに貢献するものと期待されています。
 
 一方、中小建築業者にとっても売上増大の武器に利用できます。他社よりも一刻も早くしっかりと学習し、貴社の営業戦略に積極的に取入れ、ご活用ください。
 
 第1回目の今回は、「長期優良住宅を新築・取得した場合」の減税(所得税額の特別控除)です。
 
 長期優良住宅を新築・取得した場合の減税が今回二つ創設されました。ひとつ目は住宅ローン控除によるもの(注1)、二つ目は工事費用控除によるものです。(注2)
 
 ここでは、工事費用控除について説明しましょう。(新措法41の19の4①)
 
1 要件
 
①居住者が国内において
②長期優良住宅を新築または取得して
③平成21年6月4日から平成23年12月31日までの間に居住の用に供した場合
④合計所得金額3,000万円以下であること
 
2 所得税額からの控除額


 続きは以下のサイトの「お知らせ」で

http://www.ksc-kaikei.com/ 

*****************************************************************
『ズバリ節税99 一問一答』 好評無料進呈中!!
『予約制 30分無料相談』 実施中!!

    札幌市豊平区  税理士 溝江 諭 KSC会計事務所  
          http://www.ksc-kaikei.com/ 
 
    札幌学院大学  客員教授 溝江 諭 税務会計論担当 
******************************************************************
09年05月18日 22時30分08秒
Posted by: mizoe
 札幌市豊平区の 税理士 溝江諭(みぞえさとし) です。
 
 この国を日々底辺から支えている個人の納税者・担税者が現行の税金をどのように感じ、どのような方向への改革を望んでいるのかという視点に立った報道がテレビ、ラジオ、新聞とも極めて少ないように感じられます。
 
 その背景には、わが国においては、①納税者・担税者である国民の「税に対する関心度」が一部の者を除いてあまり高くないこと、②マスコミも予算の使途についてはかなり詳しく報道する割には、その主要財源となる「税そのものに対する問題意識」があまり高くないという要因があるようです。
 
 どうしてこのようになってしまったのでしょうか?その原因はどこにあるのでしょうか。私は大きく分けて2つの原因があるのではないかと考えています。一つ目は年末調整制度、二つ目は間接税制度です。今回は間接税制度についてです。
 
save tax
  
2 間接税制度
 
 税金の分類方法のひとつに直接税と間接税という分け方があります。直接税は納税義務者が自ら税の負担者(担税者)になることを予定した税であり、間接税は納税義務者ではない、物品やサービスの最終的な購入者が担税者となることを予定した税です。直接税の代表例としては、法人税、所得税、相続税、固定資産税などがあり、間接税には、ガソリン税(揮発油税、地方道路税)、酒税、タバコ税、自動車重量税、入湯税などの特定の物品やサービスに課税する個別間接税(注1)と消費税、地方消費税のように消費一般に課税する一般間接税があります。
 
 国税と地方税全体の税収に対する割合で見ると直接税は72.6%、間接税は27.4%となっています(注2)。この割合を直間比率といいます。
  
 間接税のうち、最大のものは消費税(国税4%+地方税1%)で全税収の13.7%を占め、間接税の約半分となっています。
 
 最終的な担税者である国民から見た間接税の問題点は次の点です。
 
 続きは以下のサイトの「ブログ」で

http://www.ksc-kaikei.com/ 

  ◎次のサイトのブログで、『民主党による税制改正』について解説しています。

 今後、あなたのご家庭や会社に大きな影響をもたらす【税制】と【社会保険】。民主党の「政策集INDEX 2009」に書かれているものを税理士・社会保険労務士の立場からその内容を検証します。
 
1回目・・・「納税者の視点に立った税制へ」
        「税制改正過程の抜本改革」
        「税・社会保障共通番号の導入」
        「納税者権利憲章の制定と更正期間の見直し」
        「国税不服審判のあり方の見直し」
2回目・・・「所得税改革の推進」
        「所得控除の整理、税額控除、手当等への切り替え」
        「給与所得控除の見直し」
3回目・・・「年金課税の見直し」
      「住宅ローン減税等」
4回目・・・「給付付き税額控除制度の導入」
      「金融所得課税改革の推進」
5回目・・・「消費税改革の推進」
6回目・・・「法人税改革の推進」
7回目・・・「中小企業支援税制」
8回目・・・「相続税等改革の推進」
9回目・・・「国際連帯税の検討」
10回目・・・「個別間接税改革の推進 」
11回目・・・「酒税・たばこ税」
12回目・・・「自動車関係諸税の整理等」
        「自動車関連諸税の整理、道路特定財源の一般財源化、
        地球温暖化対策税」
       「徴税の適正化」
13回目・・・「社会保険の再設計等」
        「後期高齢者医療制度の廃止と医療保険の一元化」
「公平な新しい年金制度を創る」
        「求職者支援など雇用のセーフティネットの拡充」
 
 ぜひ、ご覧下さい。
 

http://www.ksc-kaikei.com/ 
 

**************************************************************************
 『ズバリ節税99 一問一答』 好評無料進呈中!!『予約制 30分無料相談』 実施中!!
          札幌市豊平区  税理士 溝江 諭 KSC会計事務所  
                http://www.ksc-kaikei.com/ 
                 
          札幌学院大学  客員教授 溝江 諭 税務会計論担当 
**************************************************************************
09年05月11日 20時23分44秒
Posted by: mizoe
 札幌市豊平区の 税理士 溝江諭(みぞえさとし) です。

 税金について、自民党税制調査会の「自民党税調の答申」、内閣総理大臣の諮問機関である「政府税調の答申」や経団連などの「財界からの要求」などは度々ニュースとしてマスコミで取上げられています。しかしその割には、この国を日々底辺から支えている個人の納税者・担税者が現行の税金をどのように感じ、どのような方向への改革を望んでいるのかという視点に立った報道がテレビ、ラジオ、新聞とも極めて少ないように感じられます。

tax payer?
 
 このことは、マスコミが、税金を徴収する行政側や政府に対する圧力団体である経団連等からの要求、すなわち政官財からの要求を報道する頻度に比べ、税金の実際の負担者(タックスペイヤー)である国民、すなわち、納税者・担税者としての国民の視点に立った報道があまりなされていないことを意味します。
 財政赤字を改善するためには、近い将来、消費税の税率を引き上げざるを得ないだろう(?)との報道はよく見かけますが、所得税、法人税、消費税、相続税その他の税金を含めた税制全体、すなわち税とはどうあるべきかという根本問題について、納税者・担税者としての国民はどう考えるべきかという視点からの報道はほとんどありません。

 なぜなのでしょうか?
 
続きは以下のサイトの「ブログ」で

http://www.ksc-kaikei.com/ 

 ここ札幌では、毎日好天に恵まれ、かってないほどのとても暖かい黄金週間でした。連日のように20度を超え、日中は長袖では暑苦しく、半袖で過ごしたほどです。こんなに暖かなゴールデンウイークは私の人生においても初めての経験です。お蔭様で、連休初日に、念願だった、庭の畑の土起こしも終わらすことができました。酸性だった土を中和するための石灰も入れました。掘り返された土たちは春の息吹を全身に受け、喜んでいるようでした。土起こしが終わったときは、顔も体も汗だらけ。そこへ一陣の風がさーっと吹き抜けていきます。それはそれは心地良い春風でした。
 あと数週間後にカッコウの鳴き声が聞こえ始めたら、いよいよ種まきのシーズンとなります。
 
 あなたはどのような連休を過ごされましたか? 
 
 See you next !
 
  
**************************************************************************
 独立開業を検討の方 あなたと一緒に、親身になって考え、検討し、より良いアドバイスをさせて頂きます。今まで、モヤモヤしていたものが、徐々に解消していくことを実感できるでしょう。
 既に開業中の方へ 貴社の身近な相談相手としてどうぞ!!
 
 (対応地域)
札幌市豊平区、札幌市清田区、札幌市白石区、札幌市厚別区、札幌市南区、札幌市中央区、札幌市東区、札幌市西区、札幌市北区のほか北広島市、恵庭市、千歳市、江別市などの札幌近郊
 
 『ズバリ節税99 一問一答』 好評 無料進呈中!!
 『予約制 30分無料相談』 実施中!!

  
                   税理士 溝江 諭 KSC会計事務所
              Tel  011-812-1672 Mail info@ksc-kaikei.com
                http://www.ksc-kaikei.com/   
             札 幌 学 院 大 学  客員教授  税務会計論担当 
 
**************************************************************************
 
«Prev1Next»