2009年 1月の記事一覧

«Prev1Next»
09年01月10日 16時05分28秒
Posted by: osadakimihito
こんにちは。

 図書館で借りて、読んだ 「マーフィーの成功人生の法則」 謝世輝 著

から、手帳に書き留めた言葉を少し、ご紹介します。


 失敗をしたところで止めてしまうから失敗になる。

成功するまで続けたら、失敗は失敗でなくなる。


 他人の幸運を喜ぼう。そのことは、あなたに幸運を引きつけることになる。


 人間とは、その人が一日中考えているところのものであり、人の一生とは、その人が人生をいかに考えたかである。


 人生最高の幸福とは、自分のやりたいことを見つけ、それに取り組むことである。人はそれを”生きがい”と呼んでいる。


良いことを思えば、良いことが起きる。
悪いことを思えば、悪いことが起きる。
09年01月07日 02時11分47秒
Posted by: osadakimihito
こんにちは。

本年1月から、香川県唯一の経済情報誌である「かがわ経済レポート」に小さい広告を出していきます。

1月5日号(新年特別号)が、さきほど、届きました。

新春トップ対談(7ページの特集記事)のなかで、読者が必ず、目を通す場所に掲載して頂きました。

かがわ経済レポート編集部の方に感謝です。

null

09年01月01日 11時43分58秒
Posted by: osadakimihito
明けましておめでとうございます。

2009年もよろしくお願いします。

null

金子哲雄(著) 価格:735円(税込)
おみくじの原価は1円!―時代を超えて生き残るビジネス (宝島社新書)

本書は、「ラクして儲ける」方法が書かれています。

おみくじビジネスはなぜ1000年以上続いているのか? 

1杯390円のラーメン店はなぜ儲かるのか? 

 ものやサービスの原価を切り口に現代の消費を分析しながら、儲けのからくりを解き明かし、ビジネスのヒントを提示しています。
 ぜひ、目線を低くして、セコくなって、捨てるものを利用することを考えてみてください。

 これが著者の提唱するセコい+エコロジー=”セコロジー”です。

 これからは”セコロジー”を実践することが、資源の少ない日本、お金をかけたくない企業が唯一生き残っていく戦略になるのではないかと思います。
原価について考えるにあたり、おみくじを引き合いに出したのは、「暴利多売」ということを説明するためです。

 消費者には、”暴利”を悟られずに、正しく利益を得る方法を、これからの企業やビジネスマンは目指すべきだと思うのです。

  ふだんから、あらゆるものの原価を意識し、身のまわりの商品やサービスに対してアンテナを張りめぐらせることを心がけてください。
それがビジネスセンスをみがき、最小の手間で最高の利益を上げる方法です。


本書は、非常に読みやすく、ビジネスのヒントがちりばめられています。お薦めの一冊です。



«Prev1Next»