2011年 10月の記事一覧

«Prev1Next»
11年10月28日 19時06分18秒
Posted by: shimura511011
「富岡製糸場」
 名古屋の製糸工場で働いた経験のある惠子は、埼玉出身の私にも群馬県にあるというくらいしか知らなかった「富岡製糸場」を見に行きたがっていました。
富岡製糸場は日本初の機械製糸工場で、明治5年(1872年)に、政府が日本の近代化のために最初に設置した官営模範機械製紙場だそうです。
行き方は
 富岡製糸場をネット検索して、行き方とともに、車の乗り入れが禁止であること、駐車場の有り場所を知りました。
 東京から関越を使って行くと約2時間ほどで到着するはずなので、いつもの通りの朝ランを済ませた後、食事。9時30分に三鷹を出発して、関越自動車道路で新座から入って、信越道・富岡インタ-で下りるたところからは、「富岡製糸場」への案内標識が有るので、標識に従って進むと、10時30分前に「富岡まちなか交流館」駐車場へ到着しました。駐車料は30分100円です。
「富岡製糸場」入場料は
mini_23.10.20 002.jpg
 「富岡製糸場」の入場料は500円です。JAFカ-ドの提示をすると400円の団体扱いで入場でき、もうけでした。
解説が付きます
 入場券売り場で「個人の入場者に対しても解説をするボランティアが1時間おきに出発する」と案内があり、入場券売り場の脇のベンチから出発するそうで、20分ほど待てば11時の出発があると言うことでした。
 解説は、場内を案内しながら、富岡製糸場の成り立ちから、当時の社会状況までを1時間ほどを掛けた、ゆったりした解説で、ぜひ利用したいものです。
東繭倉庫
mini_23.10.20 004東.jpg
 入って直ぐのところある、建物で繭の保管場所に使用していたそうです。現在は向かって左側で「花繭」の展示会、右側が富岡製糸場の歴史展示・売店になっています。
11時から始まる解説までの時間、「花繭」展を見ました。写真撮影禁止の張り紙で、紹介できないのが残念、素晴らしいものです。
23.10.20 001東.JPG
以下、解説による
官営の製糸場を作ったのは
 江戸末期に開国した直後の日本にとって、最大の輸出品はお茶と生糸、特に生糸でしたが、繭から生糸をつくる製糸工程は人力や前近代的な小規模な器具によるところが大きく、輸出の急増によって粗悪品問題が発生したそうです。また、フランスやイタリアの製品から見て質の面で大きく劣ると評されたそうです。そこで明治新政府は、これらの国々と同様に大規模な機械を装備した近代的な製糸工場を稼動させ質・量ともに増大することが殖産興業推進のために必要と考え、生糸の品質改善・生産性向上と、技術指導者の育成の見本を示すため、最新設備を備えた模範工場をつくることにしたのだそうです。
建物は(木骨レンガ造)
mini_23.10.20 005.jpg
 製糸場のほとんどの建物は木造レンガ造で、柱と梁を木で作り、外壁に赤レンガを使用、ガラス窓、天井と西洋風でありながら、屋根は瓦葺と言った、今ではレトロな感じのする建物も、当時では西洋の新技術を取り入れた日本最先端の建物であったようです。
外壁に使用されたレンガは、埼玉県から来た瓦職人が中心となって作ったそうです。富岡製糸場に使われているレンガの品質は瓦より柔らかく簡単な作りである印象を持ちました。
 木骨の骨組みは、日本の木造のようにほぞ穴を使ったものではなく、かなり荒削な出来栄えですが、地盤が良いのと、土台の石(と言うより高さ1mほどの所までの岩)の上に太い木造の木枠が立ち、木枠の中にレンガの壁が収まって大変頑丈にできている様子です。
検査人館
貴賓の来館が有ると休息等に利用するそうです。
女工館
mini_23.10.20 037女工.jpg
 女工館は当時としての高級マンションだそうです。
繰糸場
mini_23.10.20 015繰糸場.jpg
23.10.20 004繰糸.JPG
 当時、世界最大規模を誇る、長さ約140.4m、幅12.3mの繰糸場は、木造でも中間に柱が無く巨大な空間に繰糸器が置かれて、数百人の工女が働いたようです。
mini_23.10.20 021.jpg
ブリュ-ナ館
mini_23.10.20 026ブ.jpg
 解説者は、ブリュ-ナの月給が、工女の数百倍になると、何度も強調していました。
 (案内板によれば)明治6年に建築され広さ約320坪の木骨レンガ造平屋建ての住宅で、高床で廻廊風のベランダを持つこの建物は、首長ボール・ブリューナ一家とそのメイドが住んでいた。ブリューナは明治8年末の任期満了までここで生活していたが、その後工女の夜学校や片倉富岡高等学園の校舎として利用されたため、内部は大幅な改造が加えられおり、当初の面影が少ないとのこと。現在の講堂となっている床下には、食料品貯蔵庫に使用したと思われるレンガ造りの地下室が三室残されている。」
西繭倉庫
mini_23.10.20 050西.jpg
 建物の骨組みは木で、壁の部分はレンガを積み並べた「木骨レンガ造り」になっています
11年10月18日 18時26分03秒
Posted by: shimura511011
23.10月09日(日) 快晴 第29回 新潟シティマラソン
5:00  起床、コンビニおにぎり1個を食べて
      ストレッチをして競技場まで15分ほど散歩して帰ってくると

6:00  入さわ旅館の女将さんは、スタ-ト時間に合わせて、予定より早く朝食の準備をしてくれていました。同宿の5人は食事を始めていますので、私も。
 旨いとがっついて昨年失敗した焼き豚は、おかみさんには申し訳ないながらパスしましが、。ご飯はちゃんと3杯食べてしまいました。毎年おかみさんの用意してくれる他気持ち2枚は、今年はスタ-ト1時間前に食べるように、競技場に持って行きました。
膝のテ-ピング
 記念品入れに入っていた、膝かんたんというテ-ピングを試してみました。結果的にはこれが良かったようで、時折軽い違和感は出ましたが、膝はゴールまで持ちました。ぜひ次のマラソンにも使いたいと思います。
スペシャルドリンク
6:50  出発、競技場スタンドに荷物を置き、7時半まで受付しているスペシャルは20、30、35にアミノバイタルゼリ-を預ける。一応全て飲みました。エネルギ-切れを感じずに完走できたので、他のマラソンでは小さめのエネル源を携行すると良いと思いました。
ウエア-
  長袖、ロングタイツ。気温14度、風が無く厚くなりそうなので、スタ-ト直前に半袖に着替える
7:30  集合位置が決まっているので、スタ-トまで10分もあれば十分な気がします、今年もスタ-ト1時間前には、トラックの練習を終了し、スタ-ト地点への集合するようにアナウンスがありました。今年は多数がアップを続けていました。スタ-トまでの運営は再考してほしいものです。
 私は競技場の外へ出て、トイレへ入りサブトラックを回り戻ってくると、8時前にはトラックの3分の2ほどに列が出来ています。今年は、スタ-ト位置に入りやすく10分前に、列に参加
mini_23.10.09 003.jpg
スタ-ト
8:30  10キロと同時スタ-ト、キロ6分60秒、4時間30分で完走を目標に
端を走って、早い人をやり過ごしつつ、膝の様子を聞きます。1キロほどでテーピングとサポ-タ-が効いている様子です。
 万代橋を渡って、新潟市内に入ったころから身体が動き始め、先年きもちのわるかった5キロ近辺では、回りが速いので早すぎてはいけないと思うほどです。
 5キロまで、6分を切っているので、キロ6分でいってみることに修正、20キロで2時間、いけそうと思ったときから突然心拍数が180から200を超えに急上昇しました。若干の登りとしても走りきれない不安、心拍計が異常と思うことにして、3キロほどして140台に回復しました。
 35キロを超えると給水所が止まる人が多くなり、左1列は歩きになっています。
私は、止まると膝痛が出る予感があるので決してゴ-ルするまで歩かないと、言い聞かせました。
 5キロ 28:59
10キロ 29:41
15キロ 29:39
20キロ 30:58 1:59:27
25キロ 30:03
30キロ 31:30 3:01:00
35キロ 30:50
40キロ 30:40
42キロ 14:55 4:17:25
mini_23.10.09 020.jpg

ゴ-ルが最後の関門
mini_23.10.09 008.jpg
 ゴールした後、ストレッチ、着替えをしながら最後まで観戦しました。
同宿の人が「新潟はゴ-ルも関門で、5時間になるとピタリ閉鎖になる」と言っていました。10分前くらいから分読みになっても、トラックにランナ-はびっしりです。秒読みになって懸命に走ってましたが、ゴ-ル直前出タイムアップです。関門閉鎖後も、ぞくぞくトラックに帰ってくる人が続いています。
送迎バス  初めての無料送迎バスを利用しました。満員になっても出発せず、運営方法には再考が必要と思います。
銭湯は朝日湯
mini_23.10.09 010.jpg
 競技場近くの有馬湯は混むので、昨年から新潟駅近くの朝日湯にしました。新潟駅近くの分かりにくい路地を入って、入口のドアの上に大きな温泉マ-クが入付いた小ぶりの銭湯です。洗い場はカランの前が硝子で、庭が開けて明るく、綺麗で気持ちの良い銭湯です。競技場近くのイモ洗い銭湯のような状況になくゆったり入浴できました。
11年10月18日 17時55分32秒
Posted by: shimura511011
新潟マラソン2011受付
2時40分 新幹線にて新潟駅到着
mini_23.10.08 (1).jpg
mini_23.10.08 (6).jpg 越後線・内野行き、出発まで15分待ちに乗り換え白山駅へ向かいます。
3時過ぎているので、旅館の「入さわ旅館」に荷物を預けてから、
新潟市の体育館へ受付に向かいます
ゼッケンと
mini_23.10.08 (14).jpg参加賞のタオル(例年のスポ-ツタオルより一回り大きなバスタオルでした)
mini_23.10.08 (13).jpg ログラムを受け取り、
出店しているスポ-ツショップはお買い得品が有ります。
ウインドブレ-カ-がダメになったので、50%以上安くなっているブレ-カ-上下を5,800円で購入
mini_23.10.08 (9).jpg「入さわ旅館」へ
 今年も、お土産に「魚沼産コシヒカリ」の新米2キロいただきました。ありがたいのですが、帰りのリュックが重いのです。
夕食は、なんと言っても米が美味しい。
mini_23.10.08 (15).jpg
 昨年からのメンバ-4人と新メンバ-1人が一緒に食事。私を含め年寄り組はアルコ-ルを飲みませんが、50代の2人はそれぞれ「ビ-ル3本くらいは大丈夫ですよね」と元気です。マラソン談義で、食事の後かたずけが遅れたようでした。おかみさんごちそうさまでした。
11年10月13日 16時03分28秒
Posted by: shimura511011
東京マラソン2012 《抽選結果(当選)のお知らせ》が、来ました。

 さっそく、参加手続用URLにアクセスし、参加料および手数料の支払の登録をし、ファミリ-マ-トで支払いを完了しました。
受付
 大会当日の受付は行わず、受付時に写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード等)による本人確認を行い、本人写真付きの身分証明書を持参しない場合は受付けできず、本人と認められない場合や、委任状などによる代理受付もできない」との注意事項があります。
板橋シティマラソン エントリ-
 新潟でも「ランナ-が増えてエントリ-が大変」それぞれのエントリ-の仕方を教えあっていました。
 2年連続の中止で来年の板橋シティマラソンは優先エントリ-の連絡メールからエントリ-し、阿部ちゃんとの約束の三浦マラソンと合わせて3つエントリ-すると2万円を超えてしまいました。
 来年3月は確定申告中、青梅、東京(くじ引き)、三浦と3週続き、2週後には板橋の予定になりました
11年10月06日 18時49分28秒
Posted by: shimura511011
10月5日(水) 雨模様

4:25  起床、54.4
着替え、ストレッチ、
ザムストのふくらはぎサポ-タ-を試す
5:15  西園トラックへ
アップ 4キロ        9月7日(トラックにて) 
9:29  96         7:26 106         
7:34 137         6:30 118         
6:36 119         6:10 122         
6:12 125         5:59 129         
(29:51            26:05            )
(1キロ +  400m) × 5本
4:45 147 2:47 137  4:34 151 2:32 149
4:37 153 2:36 148  4:30 157 2:26 154
4:51 152 2:48 144  4:30 162 2:27 157
4:35 155 2:49 149  4:26 165 2:30 158
4:35 159 2:49 136  4:28 164 2:35 157
   4:34 162 2:52 152
( 23:23   13:52    27:02    15:22  )
11キロ70分
歩き、ストレッチ、懸垂
53.5
ふくらはぎ用サポ-タ-
サポ-トの無いロングタイツの下に、膝の下部分からふくらはぎにかけてサポ-タ-を着用し、タイツの上から、膝に15mmほどのサポ-トバントを巻く。
歩き始めると靴が大きいと感じ、いつもは足がむくんでいたのに気付かなかったのかと思う。走り始めは、やはり痛み、4キロ近くになると楽になってくる。
1キロ走始めると左足には、ほとんど痛みを感じなくなりましたが、反対の右足は、足の付け根から下にかけて、違和感が生ずる。
一度止まると、走り始めはやはり痛みが出るので、止まらないように注意すること

11年10月05日 18時40分45秒
Posted by: shimura511011
9月19日(日)快晴 牧丘、巨峰の丘マラソン
  今年で8回目になります。ブドウの巨峰が有名な牧丘、ブドウ栽培で町が豊かな様子です。消防団を始め沢山のボランティアが出て、牧丘の町全体がマラソンの応援をしているようです。
4:00  起床、54.0
 家では軽く食事(餅2枚、ヨ-グルト、納豆)して、牧丘に到着後食事の予定で、コ-ヒ-を落とします。現地食には、いつものイギリスパン6枚切りにブルベリ-ジャムをつけたもの1枚、おにぎり2個、コーヒ-
 高速代最高1,000円が終了したので、高速は昨年ほど込まないであろうと思い、昨年と同じ5時家を出発、事務所に自転車を置いて、車で出発しました。
 調布で中央道へ入ると車は途切れることなく続いていますが、追い越し車線を、ほぼ100キロで走行、順調に勝沼インタ-を降りて、7時前に笛川中学に到着しました。
 7時30分からの受付まで時間があるので、パンとコ-ヒ-で朝食後、ブドウの売店を覘きながら、会場になっている小学校へ移動しました。
受付 23.09.18 (3).jpg
参加賞の巨峰 23.09.18 (10).jpg
事務所にも種なし巨峰を3キロほどお土産に
 気温30度超えの予報に、迷わずにランニング、ランパンにしました。
9:40 スタ-ト位置は、牧丘第一小学校校門付近の外側の道路からのスタ-トです。<br />
膝痛があるのでリタイアしないことのみを目標に列に並び、ピストルの合図から40秒ほどでスタ-ト位置に到着、そこから約150mが急な下り坂で1番の注意所で、そろそろと下りました。<br />
その後2kほどの上りは問題なく乗り切ったのですが、下り道になると、たいした下りでもないのに、膝が不安で、上を向いて下っています。その後5キロまでの急な登りでは、暑さで腕から汗が滴り落ちました。下り坂になると、体重が乗せられないのでスピ-ドはあがりません。<br />
10k地点の鼓川温泉まで続いた登りが終わって、折り返すと、急激な下り道となり、膝に負担がかからないように、そろそろ下りました。鼓川温泉(10k)地点61分02通過。<br />
左をかばって右足に痙攣の予兆を感じた12キロ地点からは、ゴールまでいかないと終わらないと、足をだましだまし走り続けました。<br />
距離は短いのですが止まってしまいそうに思える急な登りと、転げ落ちそうな下りを乗り切って、最後の下り坂の途中で学校の屋根が見えてくると残り300mほどでゴールになります。<br />
10キロまで6:57、6:08、5:51、6:14、4:56、5:34、5:41、6:28、6:30、6:53<br />
折り返しゴ-ルまで8キロ5:15、5:42、5:07、4:58、5:25、6:42、5:55、5:52
タイムは1時間46分52、ゴールできてほっとしました。
23.09.18 (11).jpg
ゴ-ル後に巨峰
 ブドウ農家は「今年は暑くて巨峰の出来が悪い」と言っていましたが、手渡された両手いっぱいの巨峰は種無しで、皮ごと味わえてマラソン後の甘味に最高でした。
23.09.18 (6).jpg
23.09.18 (8).jpg
帰りは、20号線で笹子峠によって、笹子餅を土産に購入
23.09.18 (9).jpg


«Prev1Next»