2012年 6月の記事一覧

«Prev1Next»
12年06月25日 18時42分14秒
Posted by: shimura511011
河童橋
食事時間を含めて、1時間15分ほど掛かって河童橋まで到着しました。春は大正池から河童橋まで緑が大変綺麗に感じられます。
12時50分、残り2時間45分あるので頑張って明神池まで行きたいと思い出発しました。

 alt=""title=""
明神池まで
上流に向かって梓川の左岸は右岸に比べ距離が多少長くなるもののアップダウンが少なかったような気がしていたので、川左岸を上流へ向かいます。
 alt=""title=""

 alt=""title=""

 alt=""title=""

 alt=""title=""

 alt=""title=""
 

 alt=""title=""

 alt=""title=""

 alt=""title=""
 
 

 alt=""title=""
 私はガーミンで時間を見て見物しながら歩きですが、前を行く惠子は、時間を気にしてか、ひたすら前に進む、ゆとりの無い歩き方をして、途中で疲れてしまわないか心配になるほどです。
明神橋
明神橋が見えて、一安心
 alt=""title=""
嘉門次小屋の脇を通って、明神池へ予定通りに到着。1時40分、45分は時間が取れそうと
 alt=""title=""
明神池
入り口で池の拝観料300円を払って中へ
新緑の明神池
 alt=""title=""

 alt=""title=""

 alt=""title=""

 alt=""title=""

 alt=""title=""

 alt=""title=""
 一番奥まで行って、一休み
穂高神社奥宮穂高神社奥宮を参拝し
 alt=""title=""
2時30分まえに明神池を出発しました。
同じ道を帰ろうとするのを、「違う道で帰ろう」と明神橋を渡って梓川の対岸へ出ました。やはり反対側の方が足にやさしいかも
 alt=""title=""
ビジタ-センタ-
上高地が閉鎖される冬になると三鷹の船舶技術研究所へやってくるS氏をビジタ-センタ-受付に尋ねました。3度目の空振りで、外に出たところで汗を拭きながら帰ってくるS氏が偶然目に入り3年ぶりに目的達成です。
 alt=""title=""

 alt=""title=""

事故渋滞
渋滞もなく来たので、8時過ぎに三鷹到着と思ってバスに乗っていたのですが、松本で長野道に入ると「大きな事故が有ったようで、上野原で大渋滞発生との情報です」とアナウンスがあります。三鷹到着も遅れそうなので諏訪湖SAで「横川の峠の釜めし」を夕食に購入しました。
 alt=""title=""
 順調に思えたバスも、予報通り笹五トンネルを超えた先で渋滞に突入し、止まってしまいました。上野原から13キロとのことで、距離は大したことはないと思えるのですが、時間だけが進みます。
それでも10時15分ころに国立駅に到着しました。バスには乗っているだけ、帰ったら風呂に入って寝るだけの私は納得の上高地行でした。
最終降車地清瀬まで送るドライバ-と添乗員さんは大変だったろうと感謝の思です
12年06月18日 18時21分04秒
Posted by: shimura511011
24.06.10 (日) 晴れ「上高地行」 格安バスツア-
楽しみで予定より30分以上も早く目が覚めてしまい
4時50分、起床、着替えて 54.7
天気を見に外へ出る。昨晩からの雨は止んで、良い天気になりそうな期待を抱かせます。
早すぎるので、ストレッチ
予定の5時30分、朝食のコーヒ-をドリップして時間をかけて朝食
6時35分 出発
今回参加する読売旅行企画の上高地行バスツア-は、三鷹駅乗車のツア-が無くなってしまい、国立駅まで中央線で行くことになります。
7時20分
今回のバスツア-は上高地まで5,550円と格安ながら、バスツア-の重大事故が有ったためか、運転手が2名体制と慎重です。バスは国立駅前を出発し、府中の大國魂神社前経由で国立インタ-から中央道路を利用して松本インタ-で、一般道路へ出て11時45分ころ上高地に到着しました。
大正池下車
今回は、明神池まで春の上高地を見る目的で来たので、バスターミナルで降りつもりでしたが、「大正池で降りていただきます」と、全員が大正池で下りることになってしまいました。4時間後にバスタ-ミナル集合で出発しました。

 alt=""title=""
昼食
大正池湖畔へ降りると、もうお昼です。まずは昼飯、今回のツア-は、おかずが付いた「おにぎり弁当」で、前回の助六よりおかずが付いている分得した感が有ります。時間がないので楽しんで食べる暇もないのが残念
 alt=""title=""
田代橋まで
新緑がきれいです。
トイレが少ないので、田代橋側に有る公衆トイレを忘れず利用してから対岸へ渡りました。
 alt=""title="" alt=""title=""

 alt=""title=""

 alt=""title=""

 alt=""title=""

 alt=""title=""

田代橋
 alt=""title=""

 alt=""title=""

 alt=""title=""

 alt=""title=""
 alt=""title=""
12年06月09日 16時58分53秒
Posted by: shimura511011
6月9日(土) 小雨
4:20  起床   55.1
着替えをして、ストレッチ
5:10  雨支度にて傘を持ち、玉川上水沿いに三鷹駅方面へ向かい~三鷹駅東側地下通路で北口へ出て~八丁通り~武蔵野税務署前を通って、井之頭動物園北側信号~井の頭公園の池へ下り、~神田川に沿って三鷹台~久我山駅前へ
久我山駅前の橋を渡って神田川の反対側へ~井の頭公園~ジブリ東側の公園を回って西園鉄棒下へ
9キロ75分
ストレッチ、懸垂
ラジオ体操の時間になると、雨でもやって来る人がいます。
54.4
所内研修
7年前に登録したISOを卒業し、1段階レベルアップしようと試み事務所内で朝から研修しています。午前中一杯2時間半椅子に座っていると、左腰が痛んで手で支えるほどでしたが、午後は順調痛みを感じずに終了しました。
23年~24年にかけての税法改正、調査事案等の検討など有意義な研修時間でしたが、ISOを卒業してしまって良いものかは疑問を感じます。

 
12年06月07日 16時45分15秒
Posted by: shimura511011
6月7日(木) 曇り
今日は健康診断、朝ランが終わっても食事はもちろん水もダメとのこと
4:15 起床、採尿 55.5
着替えて、ストレッチ
5:10 万助橋交差点から井之頭駐車場脇の林を抜けて、井の頭公園の池へ降ります。
池を回りながら上にある住宅地との間を上下走
池から先は神田川に沿って井之頭線三鷹台駅までの上下走で1周して西園へ
ストレッチ
10キロ 80分
54.6
野村病院にて健康診断
11時20分受付を済ませ、「更衣室」で検査着に着替え幾つかの検査の後、メインの胃のレントゲン待ちになりました。
「志村さん」とよばれて検査室へ入り「検査台」に乗って発泡剤を口に含んで10ccほどの水で飲み込みバリウムが250ccほど入った紙コップを手渡されました。「まず、半分飲んで、さらに残りを飲んで」の指示で飲み込むと、検査台が動き出します。
「両手で手すりにつかんで下さい」といわれ、手すりをつかむと検査台が回転し、「息を止めて」、「息を吸って」、「息を吐いて」の指示に合わせてゲップを出さないように頑張りました。
レントゲンは、撮影前に胃の活動を止める筋肉注射をした記憶が有ったのと、紙コップが大きくてバリウムの量が倍ほど入っていた記憶が有り、ずいぶん楽になったと思いながら帰ってきました。
12年06月05日 18時13分02秒
Posted by: shimura511011
1.平成24年7月、源泉所得税の納期の特例のお知らせ    H24.6.05
        今年も6月に入り源泉徴収した所得税の納期の特例の時期がやってきました。
 (1) 平成24年7月10日が納付期限です
役員や使用人の給与から控除した所得税を、1月から6月までに徴収した税額を7月10日までにまとめて納付する作業です。
今年は710日(火)が納付期限となります。早めに準備して、忘れずに納付しましょう。納付が遅れると、不納付加算税10%と高率の延滞税がかかってしまいます。
 (2) 【前年の年末調整還付分が残っている場合】
昨年(平成23年)の7月から12月分の源泉税を納付する際には、「7月から12月までに源泉徴収した税額」の合計から「年末調整による還付分」(年末調整による超過税額)を差し引いて納付します。
       この「年末調整による還付分」が「7月から12月までに源泉徴収した税額」よりも多い場合には、納期の特例による1月の納付はなく、その多かった金額を平成24年1月から6月分を納付する際に差し引くことができます
 (3)【納付する額がない場合】
7月10日の納付税額がない場合は、納付書を銀行は受け取ってくれません。この場合は、納付書を納付額ゼロで作成して税務署に直接提出することになります。(郵送や電子申告もできます。)
2.源泉徴収した所得税の納税方法
 (1) 源泉徴収した所得税の納税の原則
会社や給与を支払う個人の事業者(源泉徴収義務者)が、給与や報酬を支払う場合に、一定の源泉所得税を天引きして所得税を預かっておき、預かった所得税は、原則として、給与や報酬などを実際に支払った月の翌月の10日までに国に納めなければなりません。
 (2) 納期の特例
毎月所得税を支払う作業は面倒なので、給与の支給人員が常時9人以下の源泉徴収義務者は、源泉徴収した所得税を、半年分まとめて納めることができる特例制度があり、これを納期の特例といいます。
納付手続は、原則の毎月から年2回に減少するので、事務手続が楽になりますが、半年分をまとめて納付することになるため、1回の納付額が高額になるので、資金繰に注意する必要があります。
 (3) 特例の対象は限定されています
① この特例の対象となるのは、給与退職金から源泉徴収をした所得税と、税理士報酬などから源泉徴収をした所得税に限られています。
② 外交員等の報酬や剰余金の分配をした場合の源泉徴収については、対象にならないので注意してください。
③支払日
この特例を受けていると、その年の
1月から6月までに源泉徴収した所得税は    7月10日
7月から12月までに源泉徴収した所得税は翌年1月20日(平成24年改正)
が、それぞれ納付期限になります。
 (4)納期の特例を受けるための手続申請が必要
① この特例を受けるためには、「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を提出することが必要です。
② この申請書の提出先は、給与等の支払を行う事務所などの所在地を所轄する税務署長あてになります。
③ 申請書を提出した翌月分から、半年に1回の納付に変わりますので、提出した月の分までは、今まで通り、毎月納付となります。
④ 税務署長から納期の特例申請の却下の通知がない場合には、この申請書を提出した月の翌月末日に、承認があったものとみなされます。
この場合には、承認を受けた月に源泉徴収する所得税から、納期の特例の対象になります。
 (5) 納付期限が日曜、祝日などの休日に当たる場合の納期
納付期限が日曜、祝日などの休日に当たる場合にはその翌日が、また、土曜日に当たる場合にはその翌々日が、それぞれ納付期限となります。
 (6) 納付書は特例用のものを使用する
納付書は特例用のものを使用しなければなりません。特例用の納付書は、右上の「納付の目的」が「自○○年○○月、至○○年○○月」となっています。
納付書見本
 style="width: 446px; height: 215px;"alt=""title=""
 (7) 納期の特例をやめる場合
① 給与の支給対象者が、常時10人以上となった場合や、納期の特例をやめて、毎月納付に変更したいと思った場合には、納期の特例の要件に該当しなくなったことの届出書を提出することになります。
② 提出した月の翌月から、毎月納付に変わります。提出した月の分までは、納期の特例の対象ですが、納期限は、提出した月の翌月10日になりますので、注意してください。
わからないことは気軽に
cms@cms-89.co.jpへお問い合わせください。
«Prev1Next»