2011年 12月の記事一覧

«Prev || 1 || Next»
11年12月28日 11時57分03秒
Posted by: sprout
消費税の改正の骨子を
年内にまとめるという
政府の方針について
連日報道されています。

今のところ
2015年度から
消費税率を10%に上げる
という予定のようですね。

昔自民党の橋本政権の頃に
3%だった消費税を5%に
引き上げた結果
景気に対する影響が
かなりあったので

5%から10%に上げるという
のは非常に大きな決断に
なると思います。

我が国は
今後ますます
少子高齢化が進んでいき
現在の年金制度や医療保険制度
では、運営が厳しいことは
目に見えていますので

やはり消費税の増税は
避けられないと
個人的には思っています。

今までの首相は
その決断から逃げてきましたが

野田総理は
本気で実行するつもりだと
いうことが発言や行動からも
よくわかります。

一税理士としては
増税は仕方がないとして

その他の仕組み

例えば
・低所得者層への配慮(給付付き税額控除など)
・公平性の確保(不合理に得をする人、損をする人がでないように)
・増税分を価格に転嫁しにくい中小企業への配慮
・一度に納税することによる重税感が少しでも
 軽減できるよう、納税のタイミングを増やす措置

などを
きちんと検討し
納得感のある制度として
作られることを願います。



税理士 名古屋/名古屋の税理士法人スプラウト





11年12月22日 17時48分05秒
Posted by: sprout
11月のサイトリニューアルから
週に2~3本ずつ
「スプラウトペディア」という
税務に関する
マニアックな記事を
スタッフブログに居候して
書いています。

ちょうど年末調整のシーズンだったので
所得控除から書き始め
ここまで18本書きました。

生命保険料控除
地震保険料控除
社会保険料控除
小規模企業共済
扶養控除
配偶者控除
配偶者特別控除
寡婦(寡夫)控除
勤労学生控除
障害者控除
医療費控除
雑損控除
寄附金控除
所得控除
青色事業専従者給与、事業専従者控除
年末調整
一時所得
給与所得

一個書くのに結構時間がかかりますが
大変勉強になります。

一番書くのが大変だったのは
「寄附金控除」です。

「寄附金控除」は所得税と住民税で
考え方が違いますし
今回は東日本大震災の特例もあるので
いろいろ調べるのに苦労しました。


できるだけ細かいことまで
網羅しようと思っているので
だんだんとマニアックになってきて

事務所内では
「難しすぎる」という意見も出ていますが
この路線で続けていきたいと思います。
11年12月20日 12時54分33秒
Posted by: sprout

東日本大震災の影響で
遅れていた
平成23年の税制改正のうち
積み残しになっていたものが
12月にようやく公布・施行されました。

相続税等の改正は再び積み残しですが
それ以外は大体とおりました。

一部は6月くらいにとおっています。

個人的には
更正の請求期限についての改正
が一番インパクトがあります。

あとは
「申告要件の緩和」なども。

このあたりの改正は
納税者にとってはありがたいですね。

法人税の税率も下がるようですが
バーターで課税ベースの拡大もあります。


そして
来年(平成24年度)の税制改正大綱も
公表されました。

平成23年に積み残された
・給与所得控除の改正
・特定支出控除の改正
・短期勤務役員の退職所得の改正
は平成24年度の税制改正大綱に入っています。


それぞれの適用時期等について
整理しておかないと
ちょっと混乱しますね。



税理士 名古屋/名古屋市千種区の税理士法人スプラウト


11年12月09日 14時43分56秒
Posted by: sprout
本日
平成23年度の税理士試験の合格発表がありました。

合格率等はこちら↓

http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/shikenkekka2011/01.pdf

見事官報合格された方
本当にお疲れさまでした。

ただし本当のスタートはこれから。

税理士として
身につけるべき知識は
会計・税法に限らずたくさんあります。

社会に貢献できる
素晴らしい税理士になるよう
今後もより一層努力してください。
«Prev || 1 || Next»