2008年 8月の記事一覧

«Prev1Next»
08年08月11日 12時34分34秒
Posted by: takadakaikei

 先日、東大阪にある石切神社を参拝してきました。

子供の頃から祖父母と共に、何度か参拝したことがありますが、

物心ついてからは久々に参拝にやってきました。

 

 石切神社は、天照大神(あまてらすおおみかみ)の御孫の
瓊々杵尊(ににぎのみこと)の
御兄 
饒速日尊(にぎはやひのみこと)をお祀りされており、

昔から『でんぼ(デキモノ)の神様』と言われ、腫れ物が出来た際には

願をかけて参拝に来たそうです。

 

 石切さんは、拝殿と神社入り口にある百度石の間を願いをこめて行なう

お百度参りが全国的にも有名です。石と石の間は20メートルくらいでしょうか。

 さほど距離が無いのですが、私が参拝に行った日は真夏日で、

駐車場から境内へ歩く間にも滝のような汗が流れておりました

 

 暑い日差しの中、多くの方々が参っておられましたが、

皆さんどなたかのことを願いつつ無言で熱心に参っておられました。

 自分以外の誰かのために熱心に参っておられる人々を見ながら、

自分の利己心がとても恥ずかしく思えました。

 

 無事、お参りを終え、帰りの茶店で食べたいちご氷が

なんとも言えずおいしかったです。


髙田直浩

 

08年08月02日 12時52分32秒
Posted by: takadakaikei
先日、女優 高木美保さんの講演をお聞きする機会を頂戴しました。最近はコメンテーターとしてワイドショーや各方面でご活躍の高木さんですが、現在は栃木県那須高原に在住され、仕事のために東京へ新幹線で移動されるというライフスタイルを通しておられるということでした。東京での女優業のストレスから、自然との共生の道を選ばれたということでした。自然と触れ合い、子供と共に農作業をすることにより、自然の怖さや偉大さ・感謝の心を知り、また、それを通じて人間関係の距離感をも学んだという高木さん。子供の頃から、親の保護の下で接してこられた『自然』のなかで生活することにより、現代に不足しているものを痛感されている様子でした。
毎日のニュースや新聞では数多くの残虐な事件が画面・紙面を覆っています。『どこか、何かがおかしい』みんながそう思っている中で、具体的にどうしたらいいのか対策を打ちあぐねているのが現代だと感じます。高木さんの講演をお伺いした後、先日、農業に従事されているお客様を訪問しました。毎年4月から6月初旬は田植えの超繁忙期です。会計の帳面を見せていただく為にパソコンを見てみると、スクリーンセーバーに田植えを楽しむお子様の写真が映し出されていました。あまりにも楽しそうな写真を見て、『お子さん、田植えを楽しそうにされていますね』とお伺いすると、『いつまで手伝ってくれるものだか・・・』と。確かに子供心には泥遊びの延長かもしれません。しかし、子供の頃に触れた泥の感触は大人になっても忘れないはず。ゲンゴロウやカエル、秋の稲穂にはトンボが飛び交い、全ての生き物がそれぞれに役割を果たしてお米の成長を育み、その命を我々が戴き生命をつないでいく。生命のあるものしか食さない我々人間が、生命の大切さを忘れている現代。自然に触れ合う機会を持つことが何かを変えていく原動力になるかもしれない。私も今秋にはタマネギを植えるお手伝いと、来年の田植えをお手伝いさせていただくことになりました。忘れかけていた土や泥の感触、自然とのふれあいを通じて現代に欠けているものを思い出さればいいと感じる今日この頃でした。

副所長:髙田直浩


08年08月02日 12時43分16秒
Posted by: takadakaikei
テスト
08年08月01日 14時13分12秒
Posted by: takadakaikei
京都府京都市上京区西大路町
髙田総合会計事務所
髙田 收 

takadakaikei@md.neweb.ne.jp 
TEL:075-451-7766 
FAX:075-432-2127 
ご要望があれば、どこへでも参ります!
京都以外のお客様も大歓迎です!
税務・会計のご相談は
0120-068-036までお気軽にどうぞ。

» 続きを読む

«Prev1Next»