2010年 1月の記事一覧

«Prev1Next»
10年01月27日 13時00分00秒
Posted by: takadakaikei
 今週25日は初天神です。21日が初弘法で毎年賑わうところですが、よく弘法さんが雨になったら天神さんは晴れるといわれています。今年の弘法さんは雨でしたから、今日はきっと晴れる?
 これは天気の周期がちょうどそうなりやすいからで、それを京都の人は面白おかしく表現したものです。天神さんの祭神は菅原道真で9世紀後半の人で、弘法さんの空海は9世紀前半の人なので二人が会うことは無かったのです。
 今年は寅年ですが、正月三日に北野天満宮へ初詣に行きました。私が丑年なのと天神さんが牛に縁があるのでよく行くのですが、大勢の人でなかなか前に進めない状態でした。特に受験生が目に付きましたが書初めをする子ども達もいて境内は大変賑やかでした。
 そんな中で今年はいくつか見たいところがあったのですが、1つは中門で重文の「三光門」です。三つのひかりとは”太陽、月、星”をさすのですが、この三つのひかりがこの門に刻まれているといいます。そこでよく探してみたのですが、太陽と月はありましたが星が見当たりません。聞くところによると門の上に北極星が輝いていたために刻まれていないと伝えられ”星欠けの三光門”といって北野天満宮の七不思議の一つといわれています。
 あと一つは京都にある鳥居の中で、三珍鳥居として知られている鳥居が北野天満宮の中にあるといいます。鳥居の台座がハスの形をしたもので、伴氏社といって菅原道真の母の伴氏(ともうじ)が祭ってある社です。北野天満宮へ行かれたら探してみてください。
 ちなみにあと二つの鳥居は「太秦の蚕の社の三つ鳥居」と「京都御苑の中の九条家址にある厳島神社の唐破風鳥居」です。こちらも是非一度見に行ってください。
 そして今年も家族が健康で息災に過ごせますよう祈りつつ天満宮をあとにしました。

 追伸 昨年12月より相談役になりました。          

 源   忠

                           
10年01月25日 13時00分00秒
Posted by: takadakaikei
 2010年になって初めてのブログ登場です☆
昨年もこの位の日に記事をアップした様な気がしますが・・・。今年もよろしくお願いします!
昨年も日本経済はリーマンショックから世界的にも続いている厳しい状況でしたが、今年は少しでも良い兆しが見える様な年になって欲しいものですね。
自分自身としては、昨年の世相をあらわす漢字は『新』でしたが、今年は受身ばかりではなくて、自分発信でひとつでもいいから『新しい』物事を起こす事が出来る1年にしたいな・・・と思っています。
 何も無いところから事を起こすのは難しいものですが、その様な事に挑戦しようという気持ちを忘れずに頑張っていこうかなと。そうすれば日々の生活にも気持ちの張りが出て来ますよね♪
 皆様はどの様な気持ちでお過ごしでしょうか?

 業務管理課
 佐々木 麻由
10年01月18日 13時00分00秒
Posted by: takadakaikei
 元旦から意気揚々と初売りに行って参りました。
元旦はイオンモール、2日に大丸や高島屋を巡りましたが、どこもものすごい人手でビックリしました。
 特に、元旦のイオンは「1日やし、皆さん自宅でまったり過ごしてるから空いてるはず・・」という私の予想は見事に裏切られ、広い店内は人・人・人!!で大変なことになってました。
 個人的な感想ですが、今年は去年よりも安価な福袋が増えた一方で、初売りと同時にスタートするバーゲンの方はいまいち・・と思いました。
 ・・などとぶつくさ言いながらもしっかり福袋をゲットし、バーゲンで戦利品を多数勝ち取りました!幸せ~♪
 やはり、すれ違う人がみーんな福袋とかブランドの袋を持っているのを見ると「うっっ・・、私も買いたいーー!」と思ってしまうのですよね。
 その後もネット通販であれこれお買い物してしまい、年始から出費がかさんでしまいました・・。以後は節約に努めます。

 業務管理課
 風間 理恵
10年01月06日 13時00分00秒
Posted by: takadakaikei
 あけましておめでとうございます。

 また新たな年が始まりましたが、毎年新年を迎えると気持ちを新たにしてその年の目標を定めたり、自分自身での決め事を決意したりするものです。
 思い返すと昨年の今頃は痩せることを私生活の目標にしていたと記憶していますが、その決意もいつのまにか日々の生活に流され、結果として現在の体型におちついてしまっています。

 そうした自分自身の甘えを考えますと、1年に1回というスパンではなく半年でも毎月でも毎週でもより頻繁に気持ちをリセットし、自分自身を見直す機会を設けることが、年頭の目標を達成するためにも必要かと思います。

 ここに書いた気持ちを忘れないように1年を充実した年にしたいと思います。

 業務2課
 進藤 力也
«Prev1Next»