《コラム》通勤災害の認定・保険給付等(労災保険) ~その1~
 

大阪の税理士事務所 福永会計事務所

介護事業に特化!法人税申告・決算をサポート!福永会計事務所

 

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

 

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!

 

《コラム》通勤災害の認定・保険給付等(労災保険) ~その1~

 

 

 


通勤災害の認定・保険給付等(労災保険) ~その1~ 労災保険では、仕事中や通勤途中の災害により生じた傷病に対し、 保険給付が行われます。 今回は、通勤途中の被災について見ていくこととします。

 

 

◆通勤災害とは 【原則】 労災保険における「通勤」とは、就業に関し、次の①から③の移動を、 合理的な経路及び方法により行うことをいい、 業務の性質を有するもの(例えば、緊急用務のため休日に呼出しを受けて出勤するなど)を 除くものとされています。

 

①住居と就業の場所との間の往復

②就業の場所から他の就業の場所への移動

③住居と就業の場所との間の往復に先行し、  又は後続する住居間の移動  (例えば、転任に伴い、配偶者等と別居することとなった場合の住居間の移動など) 【逸脱・中断があるとき】 移動の経路を逸脱し、又は移動を中断した場合には、 逸脱又は中断の間及びその後の移動は「通勤」とは扱われません。 ただし、日常生活上必要な行為であって、 厚生労働省令で定めるやむを得ない事由により行うための最小限度のものである場合は、 逸脱又は中断の間を除き通勤として扱われます。 「日常生活上の必要な行為」とは、以下の行為です。

①日用品の購入その他これに準ずる行為

②職業能力の開発向上に資する教育等を受ける行為

③選挙権の行使その他これに準ずる行為

④病院又は診療所において診察又は治療を受ける行為

⑤要介護状態にある配偶者、子、父母、配偶者の父母、孫、祖父母および  兄弟姉妹の介護(継続的に、または反復して行われるものに限る。) 。

 

 

 

大阪の税理士事務所 福永会計事務所

 

介護事業に特化!法人税申告・決算をサポート!福永会計事務所

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

 

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!

 

補助金・融資にも完全対応!各種許可申請対応!

提携:福永会計事務所

会社設立専門チーム・会社設立の手数料1,000円のみ! 顧問契約は不要!

 

運営:

---------------------

福 永 会 計 事 務 所

---------------------

「大阪 法人税申告」で検索!

中小企業庁認定 

経営革新等支援機関

電話:06-6390-2031