新着記事

■相続人は借金も負担? 相続人は、お亡くなりになった方(被相続人)の財産 (不動産、預貯金など)を取得するだけでなく、債務 (銀行借入金、クレジットロ ーンなど)も負担することになります。 「相続人は、相続開始の時から、被相続人の一切の権利義務を承継する(...

■グループ法人税制とは?  グループ会社間(親子会社、兄弟会社等)で生じた資産の売却益(売却損)は、売却時にはその売却益(売却損)はなかったものとして税金の計算をします。  その後、その資産が第三者に売却された時などに、はじめてその売却益(売却損)を税金の計...

■一物四価? 物にはいろんな値段(価格)が存在しています。 不動産の「土地」にはなんと4つの価格が存在します。 (一つの物に四つの価格が存在するので、「一物四価」と言われています。) 1.実例価額…実際の売買で成立する数値 2.公示価格…売買価格の判断...

■一人オーナー会社課税は廃止 一定の同族会社が社長に支払った給与の一部を損金不算入扱いとする「一人オーナー会社課税」は、今回の税制改正により廃止されました。 これにより、平成22 年4月1日以後終了事業年度から同制度は適用されません(平成22年3月31日終...

★税法の改正★ 通常下記の流れを経て毎年4月頃に行われます。 ■税法改正の流れ →12月に原案(「大綱」)が公表 →3月までに国会審議 →4月に法律施行 ※実際には与党が作成した大綱の内容が大幅修正されることは少ないため、現状では大綱の内容がそのまま改...

★★葬式費用★★ ■相続税の計算式 (遺産合計-債務-葬式費用+生前贈与-基礎控除)×税率 となります。 上記算式のうち「葬式費用」は、お亡くなりになった方(被相続人)が負担するものでなく、遺族の方が負担するものです。 ただ、実際には被相続人の現金等から補填...

★死亡届の提出★ ■いつまでに? 死亡した日から7日以内 ■どこに? 死亡した場所又は死亡者の本籍地の市町村役場(市民課) ■だれが?  お亡くなりになった者の親族 ■必要なもの (1)死亡届1 通  死亡診断書とセットになっています。  医師に必要事項...

★★相続対策★★ 3つの対策が有効といわれております。 ■節税対策 財産を減らす(財産の生前贈与、売却) 財産の種類を変更する(現預金→収益不動産の購入) 税金上の非課税枠を増やす(孫養子、婿養子、墓地等の生前購入、非課税限度額までの生命保険の...

住宅ローン控除(一般) ■概要 最大50万円が所得税から控除されます。 ■控除額 年末借入金残高(10年以上の借入期間)×1% ■申告時に必要な書類 土地及び家屋の登記事項証明書(法務局で発行) 売買契約書のコピー 住民票の写し(市町村役場で発行) ...

小規模宅地等の減額金額 以前は土地の高騰により、高額な相続税を支払うために、宅地を引き継いだ遺族は、生活基盤(居住用又は事業用)の宅地を泣く泣く手放すケースが少なくありませんでした。 そこで、お亡くなりになった人(被相続人)所有の居住用又は事業用の...

人気記事ランキング