2009年 12月の記事一覧

«Prev1Next»
09年12月28日 06時59分20秒
Posted by: mhirai
多くの方のご支援のおかげで

今年も無事に年末を迎えることができます。

本当にありがとうございました。


来年も新しい出会いや新たな挑戦が

たくさんありそうです。


一層、前向きに取り組んでまいりますので

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
09年12月25日 07時21分38秒
Posted by: mhirai
売上が伸びないなかで

利益を残すには

経営トップが先頭に立って

コストを切り詰める取り組み

をしないといけません。


そのためには

どういった名目で

どこの相手先から

いくら受取っていて

いくら支払っているのか

トップ自らが

内訳を把握しておく

必要があります。


すべて会計担当者任せで

何か問題が起こっても

組織のトップが

責任をとらなくていいのは

一部の恵まれた環境の方だけです。
09年12月24日 07時13分59秒
Posted by: mhirai
クリスマスになると

小さいお子さんのいるご家庭は

いろいろと大変なようです。


お父さんが変装してあらわれる、

子供が寝つくまでプレゼントを隠す、

手紙のやりとりをするなどなど

いろいろな趣向をこらしているようです。


どんな世の中であっても

子供の夢くらいは守ってあげられる

大人でありたいですよね。
09年12月22日 07時28分26秒
Posted by: mhirai
年末は高校時代の部活仲間と

忘年会をするのが恒例行事になっています。


卒業から15年。

この間、様々な環境の変化があって、私も

性格や考え方がだいぶ変わったと思いますが

部活仲間と集まると、リラックスするのか

一気に昔の感覚に戻ってしまいます。


年の最後に原点に帰ることで

気分も一新されて、新しい1年を

気持ちよく迎えられる気がするので

最近はありがたいイベントだなーと

感じるようになってきました。


良い仲間に恵まれたことに感謝です。
09年12月21日 14時09分07秒
Posted by: mhirai
以下の内容でセミナーを開催いたします。
ご興味のある方、お時間のある方は是非お越しください!

内容:「赤字にしない!節税する!今からできる決算対策のポイント」
日時:平成22年1月20日(水) 13:30-16:30
場所:中央大学駿河台記念館(千代田区神田駿河台3-11-5)
共催:エヌ・ジェイ出版販売、日本実業出版社

↓詳細はこちら
http://www.njh.co.jp/seminar/seminar2009/index2010_01.html
09年12月21日 07時02分09秒
Posted by: mhirai
最近は、フリートークが上手でないと

お笑い芸人は売れないようです。

昨年のM-1グランプリ覇者「NON STYLE」も

今年のM-1グランプリ覇者「パンクブーブー」も

口をそろえて、漫才とは別の能力が求められる

トーク番組への出演の不安を語っていました。


会計事務所の仕事でも、いくら会計や税金に詳しくても

会話が上手でないと社長にはあまり好かれません。


一方通行のパフォーマンスより

双方向のコミュニケーションが重要なのは

どんなサービス業でも同じようです。
09年12月20日 21時13分58秒
Posted by: mhirai
レビュー12月号を事務所HPにアップしました。今月のテーマは

『その商品、本当に儲かってますか?利益と効率の考え方』です。

お時間ある方、ご興味ある方はお気軽にご覧いただけたら幸いです。

レビュー12月号⇒http://www.hirai-ao.com/review/PDF/review_0912.pdf
09年12月18日 07時12分18秒
Posted by: mhirai
最近の税務調査では

根拠書類の作成日を確認するために

プロパティの「原作者の作成日時」

まで調べることがあるそうです。


作成日時が新しすぎると

書類を後付けで作成したと判断されて

会計処理の妥当性を疑われる可能性もあります。


つまらない誤解を与えないためには

データの保存方法にまで気を配らないと

いけない時代になったようです。
09年12月17日 07時00分44秒
Posted by: mhirai
二代目税理士の方とお話しをする機会がありました。


ご本人は、どこかヨソの事務所に就職して

気楽な雇われの身で働きたかったそうなのですが、

お父様の意向もあって実家の事務所で働くことになり

結局はズルズルと跡継ぎになってしまったと

おっしゃっていました。


士業の場合は、資格を持っていないと

親子であっても事業を引き継ぐことはできません。

なので、もし試験に合格した子供がいたら

せっかくなので後を継いでほしい、

と考えたくなるのも、仕方ないかもしれません。


気の早い話ですが

自分の子供が税理士試験に合格したらどうするか?

少し考えました。

たぶん、同じように後を継いでほしくなるのでしょうね。
09年12月16日 07時01分28秒
Posted by: mhirai
交流会で結婚相談所の方にお会いしました。

昨今の「婚カツ」ブームの割には

利用者はあまり増えていないそうです。


その方の話では

「婚カツ」という、出会いのイベントを

楽しむヒトが増えているだけで

真剣に結婚をしたいと考えている人は

あまり多くない、というのが実情のようです。


その道のプロに話を聞くと

色々と勉強になりますね。
09年12月15日 07時10分30秒
Posted by: mhirai
事務所では

「はやい!わかい!わかりやすい!」

をウリ文句にしているのですが

「はやい、わかいと何がよいの?」と

聞かれることがあります。


それぞれ、


はやい=資料の作成がはやいと

・業績をはやく把握できるので改善策も早期にうてる

・銀行への融資申し込みもスムーズ


わかい=年齢が若い方が

・お客様目線で対応するので話しやすい

・元気があるのでムリもきく


と、いう理屈なのですが

年配の税理士の方とお付き合いして

実際に不満を感じた方でないと

こうしたイメージはスグには

わかないようです。


自分が当たり前だと思っていることが

意外と伝わっていないのが

コミュニケーションの難しいところです。


小さなすれ違いを解消するためには

色んな方の意見を素直に聞いて

表現を工夫するのが大切なんだと思います。
09年12月14日 06時58分36秒
Posted by: mhirai
最初の会社では総務係の配属でした。

毎日が単調な業務の繰り返しで

役に立つような経験は一つもないと

当時は感じていました。


ところが独立してみると

会議資料の準備や議事録の作成など

当時の経験を生かした仕事が

意外とニーズが多いことが

わかってきました。


どんな仕事も

経験したことはムダにならない

と最近は感じています。
09年12月11日 11時55分29秒
Posted by: mhirai
さきほど税理士試験の合格者が発表されました。

今年も1,000名ほどの方が合格されたようです。

自分が合格してから、もう3年経ってしまいました。


この3年で

思ったようにできたこと

思ったようにできていないこと

いろいろとありますが

合格当時の純粋な気持ちは忘れずにいよう、と

この時期になると思います。
09年12月10日 06時57分41秒
Posted by: mhirai
21:00過ぎの田町駅の改札付近で

10名くらいの小学生の男女のグループが

はしゃいでいるのを見かけました。


子供にとっては

夜遅い時間帯のようにも思いますが

そんなことお構いなしに

大きな声で明るく元気に走り回っていて

帰宅途中の疲れた大人たちとは対照的でした。


若いパワーはまぶしいですね!
09年12月09日 06時33分10秒
Posted by: mhirai
公認会計士の予備軍が増えているようです。


試験制度を緩和して合格者を増やしたものの

不景気の影響で、資格の登録に必要な

実務経験を積みにくいことが原因のようです。


そんな優秀な人材が活躍できる場をつくるためか

金融庁で、公認会計士に準じる新しい資格を

創設する案が浮上しているとのことです。


公認会計士との業務範囲の違いや

税理士資格との兼ね合い

(現行、公認会計士は税理士を兼ねることができる)

が、どうなるのか分かりませんが

全体的に資格保持の優位性が薄れる方向に

向かっていくのかもしれません。


これからの時代を生き残るためには

資格に頼らない、新しいサービスを

どんどん考えないといけません!
09年12月08日 06時51分04秒
Posted by: mhirai
不景気でも利益が出ている会社は

メールや電話で問い合わせをした際の

返事がはやい気がします。


はやく仕事をしようとすると

自然とムダな動きも減るのかも知れません。


利益を出すのに悩んだら

即断/即決/即実行ができているか

チェックするのがおススメです。
09年12月07日 07時22分52秒
Posted by: mhirai
大学を卒業して最初に入った会社では

「お酒の席のマナー」を厳しく教わりました。


皆のグラスの減り具合を常に意識する、

レモン絞りやニンニク皮むきなどの

手作業には真っ先にとりかかる、

出席者の好き嫌いを覚えておくなどなど、

上司2名がお酒好きだったこともあって

ほぼ毎晩のように細かく指導されました。


若い頃は単なる雑用程度に思っていましたが

面識の薄い方々とお酒を飲む場面では

細かい気遣いができた方が相手の話しも弾むことが

転職や独立を経験する中で段々と分かってきました。

貴重な教育を受けたと、今では感謝しています。



人生経験の少ない若い頃は

自分の知りたいことだけを学ぶのではなく

目上の方のいろいろな教育的指導を

素直にきく方が賢明だと思います。
09年12月04日 07時38分41秒
Posted by: mhirai
本日(12/4)の日経新聞の一面に

「扶養控除 国・地方とも廃止」

とありました。


子ども手当の創設に伴う財源確保のため

扶養控除が廃止されるという方針は規定路線でしたが、

地方税についての取扱いははっきりしておらず、

これまでほとんどのマスコミが

地方税の税負担を考慮せずに報道していました。


しかし結局は地方税部分も増税の対象になるようです。

扶養控除の廃止が地方税部分まで拡充されることで

ほとんどの方がさらに3.3万円増税になります。

(ただし適用は1年遅くなりますが)


ちなみに、

15歳以下(子ども手当の対象者)のお子様がいる

サラリーマンの家庭では


年収300万円で
増収=2.6万円×12月=31.2万円
増税=38万円×5%+33万円×10%=△5.2万円
差引=+26万円


年収500万円で
増収=31.2万円
増税=38万円×10%+33万円×10%=△7.1万円
差引=+24.1万円


年収1500万円で
増収=31.2万円
増税=38万円×33%+33万円×10%=△15.8万円
差引=+15.4万円

くらいになるでしょうか。


なお、子ども手当がもらえないお子様等(年齢23歳以上)がいる

サラリーマンの家庭では“救済策”がないと

「増税」部分がそのまま負担増となる見込みです。



収入のない大人を養っている家庭には

厳しい社会になるのかもしれません。
09年12月03日 08時19分17秒
Posted by: mhirai
以前に勤めていた事務所は現在

スタッフの半分近くが今年入った方で

さらに全員が20代の「新しく若い組織」になっています。


当初は外部から見て心配に感じる面もありましたが

所長や先輩の教え方が良いのか

新人の方々の覚えが早いのか

わずかな期間でみなさん成長され

私が在籍していた頃よりも

しっかりとした組織になってきました。


若い世代の急激な成長を見ていると

自分ももっと頑張ろう!と思います。
09年12月02日 07時11分51秒
Posted by: mhirai
年賀状の準備をしていると

今年も多くの方にお世話になったことを

改めて実感します。


デジタルなメールがあっても

アナログなハガキがなくならないのは

単なる挨拶だけでなく

感謝の気持ちを伝えたいから

かもしれません。
09年12月01日 07時32分25秒
Posted by: mhirai
先日のジャパンカップでは

現役最強の牝馬ウオッカが見事に勝利し

史上タイ記録のGI7勝を達成しました。


18頭、2400mで行われたレースは

終盤の残り200m時点で

ウオッカが後続を引き離して

一時は完勝かと思われたのですが

ここから昨年の菊花賞を勝ったオウケンブルースリが

ただ1頭、猛然と追い込んできて

最後はその差わずか2センチの大接戦となりました。


競馬ではこのように「最後の1/12」で

意外な展開になることがよくあります。


いよいよ今年も「最後の1/12」です。


順調な方は気を引き締めて

そうでない方もあきらめずに

悔いの残らない1年にしましょう!
«Prev1Next»