2010年 10月の記事一覧

«Prev1Next»
10年10月29日 06時52分51秒
Posted by: mhirai
近所のスーパーでは

早くもおせち料理の予約が

はじまりました。


お正月までまだ2カ月もあるので

いつもなら気が早いと感じるところですが

ここ数日の寒さのせいで

本当に年の瀬になったような

気になってしまいました。


急な気温の変化に目が回りそうですが

体調管理に気をつけましょう。




10年10月28日 07時23分22秒
Posted by: mhirai
政府の事業仕分けは目標額を定めていないそうです。

政策実現に必要な財源を捻出するための

画期的な取り組みだと期待していましたが

どうやら単に国民受けを狙ったパフォーマンス

だったのかもしれません。少しガッカリですね。
10年10月27日 08時00分33秒
Posted by: mhirai
20代の女性社長のお客様がいらっしゃいます。

いつお会いしても明るく前向きで

ホームページに事業理念を記載するなど

考え方もしっかりとされています。


事業が軌道に乗るまではまだ時間がかかりそうですが

きっとよい結果を出されると期待しています。


年齢や性別は関係なく

やりたいことをやろうと思って行動した人間だけが

経営者になるんだと思います。

10年10月26日 07時04分26秒
Posted by: mhirai
ほとんどの経営者は事業を継続させることを

最大の使命だと考えています。

事業を続けるためにはおカネが不可欠なので

経営者の最大の悩みはおカネを確保することと

いっても過言ではありません。


ちなみにおカネを確保する方法は

1.利益を増やす

2.融資を受ける

3.出資を受ける

の3つしかありません。


経営者のよき相談相手になるためには

どれかに強みを持つことが肝心かもしれません。

10年10月25日 06時50分37秒
Posted by: mhirai
財務数値などの金額ベースの数字を分析するコツは

1)部門別、商品別、エリア別など「内訳を区分する」

2)価格×数量、時給×時間など「要素を分解する」

の2つです。


とくに2)の分析をすると、問題点を深掘りすることができます。

分析に息詰まったら是非おためしください。
10年10月22日 06時53分17秒
Posted by: mhirai
お客様のご依頼を受けてエクセルの書式を作ることがよくあります。

SUMIF、VLOOLUPといった数式やフィルタ、マクロなどを使った

売上管理資料、案件管理表、売れ筋商品ランキング表などの

データベースをお渡しして、自社で入力して活用していただいてます。


こうした対応は

本業の税金や会計の業務よりも喜ばれることが多いので

専門家としては複雑な心境ですが

ニーズに応えるというのは、そんなものかもしれません。
10年10月21日 01時06分07秒
Posted by: mhirai
お客様の会議に取り組む意識が変化してきました。

期日までに全員が報告書類を提出する、

会議前に会場準備が終わっている、

欠席者の伝言等を聞いてある、などなど

事前の準備に力が入ってきました。


意識の変化は必ず行動の変化につながります。

結果に反映される日も近いと感じています。
10年10月20日 06時44分06秒
Posted by: mhirai
開店から3年、毎年着実に売上を増やしている

ラーメン店のお客様がいらっしゃいます。

とくに宣伝などせずに

口コミでお客様が増えているそうです。

お伺いした話をまとめると

①粉から麺をつくる・スープの味を常に研究するなど

 味にとことんこだわる

②他店のラーメンをいろいろと食べに行く

③ラーメンが好き

④人通りの多い場所を丁寧に調べて開店場所を選ぶ

⑤ムダな経費をかけない

といった点が好調の秘訣のようです。


どれも当たり前のような気もしますが

すべてができる人は少ないとのことでした。

成否の境は意外と単純なのかもしれません。
10年10月19日 21時52分03秒
Posted by: mhirai
経理女性向けの月刊誌「経理ウーマン」11月号に記事を執筆しました。

「辣腕税理士が教える『経理スキル』を磨く術」と

少々大げさなタイトルで恐縮ですが

中身はソフトで読みやすくなっています。

http://www.hirai-ao.com/access/kiji/kiji_20101019.pdf

ご興味のある方、お時間のある方はご覧いただければ幸いです。
10年10月19日 10時21分08秒
Posted by: mhirai
レビュー10月号を事務所HPにアップしました。今月のテーマは

『厳しい時代を乗り切ろう!知っておきたい必要人数の公式』です。

お時間ある方、ご興味ある方はお気軽にご覧いただけたら幸いです。

レビュー10月号⇒ http://www.hirai-ao.com/review/PDF/review_1010.pdf

過去のレビュー⇒ http://www.hirai-ao.com/review.html
10年10月19日 06時42分58秒
Posted by: mhirai
久しぶりに自転車で客先訪問をしました。

前回は猛暑の中、フラフラになって自転車をこぎましたが

今はすっかり気候もおだやかになり、快適に移動できました。

まさに運動の秋ですねぇ。

10年10月18日 07時01分51秒
Posted by: mhirai
食品メーカーや飲食店の商品を

料理人や評論家が評価してランキングをつける

番組を見ていると

商品の売れ行きと料理人の方々の評価が

意外と一致しないことがよくあります。


料理人や評論家の立場からすると

「売れている商品だからといって美味しいとは限らない」

と主張しているように見えますが

自分のように数字ばかり扱っている立場からすると

「専門家が美味しいと思う商品だからといって売れるとは限らない」

と感じてしまいます。


品質の向上を追求するだけでは

成功しないのが商売の難しいところだと

改めて感じています。
10年10月15日 06時37分06秒
Posted by: mhirai

地元の信用組合の方の話だと

飲食店、不動産賃貸、卸売、海運、システムなどなど、

事業種目にかかわらず、売上が前年割れとなっている

業績不振の会社がたくさんあるようです。


とくに信用組合のメイン顧客である中小企業は

大資本の系列会社に押され気味のようで

安心して融資できる会社がドンドン減っていると

嘆いていました。


このままだと地元の信用組合自体も

存続が危うくなるのかもしれません。

本当に厳しい時代になりました。

10年10月14日 06時54分17秒
Posted by: mhirai
チリ鉱山の落盤事故で閉じ込められた33人は

どうやら無事に全員救出されるようです。


大規模な事故だったにもかかわらず

1名も死者が出なかった理由の1つは

全員があきらめずに励ましあったことに

あるようです。


不況を乗り切るために全社一丸となっている会社と

共通するものがあるように思います。
10年10月13日 07時14分33秒
Posted by: mhirai
「コストの安さばかりを気にして

 実際の効果まで考えるクライアントが少ない」

と広告関係の会社社長がなげいていました。


例えば発行10万部の雑誌に広告を載せる場合、

120万円で見積もりを出すA社と

50万円で見積もりを出すB社があると

ほとんどのクライアントがB社を選ぶそうです。


しかし、社長に言わせると

クライアントのターゲットにあわせた

デザインやキャッチコピーなどの工夫の違いで

同じ10万部の雑誌でも

A社の広告は3万人が興味を持ち

B社の広告は1万人しか興味を持たない

といった違いが起こりうるそうです。


コストに対する効果の割合を考えると

A社は1人当り4万円で済むのに

B社は1人当り5万円かかっているので

結果としてA社の広告の方が割安になることを

クライアントに理解してもらいたい、

と社長はおっしゃっていました。


コスト=C、効果=P、と考えると、

C1>C2 ∴2案

または

P1<P2 ∴2案

といった単純な絶対額の比較だけで

意思決定をするのではなく

P1/C1>P2/C2 ∴1案

といったコストに対する効果の割合まで比較して

意思決定をすることが、どんな商売でも大切なのかもしれません。
10年10月12日 06時56分44秒
Posted by: mhirai
売上をのばす方法のひとつとして

安定収入を増やす、というものがあります。


一般的には

卸売業なら定番商品を増やす、

システム会社なら保守運用の仕事を増やす、

雑誌なら定期購読を増やす、

といったケースがありますが、

メーカーが機械を他社にリースしたり、

クリエイターが学校を運営したり、

といったかわったケースもあります。


売上が伸び悩んだら

「安定収入」を切り口にして

自社の付加価値を分析してみても

いいかもしれません。
10年10月08日 07時10分43秒
Posted by: mhirai
昨日は、当初は外出や来客の予定がなく

時間にゆとりができるはずだったのですが、

出張中のメールや電話に対応しているうちに

外出や来客の予定が急きょ入ったり、

新たな作業が増えたり、といったことになって

あっという間に時間が過ぎてしまいました。


どんどん予定がかわったので少しあわてましたが

おかげで長期間停滞していた案件が解決したり、

新しいご依頼をいただけたりと、仕事が大きく前進しました。


年末から春先にかけて繁忙期に突入しますが

効率的に業務を進めるために

一日一日を大切にして、仕事に取り組みたいと思います。
10年10月07日 01時44分34秒
Posted by: mhirai
お客様の新事業年度の年間目標作成のため

5日(火)の朝から1泊2日で出張に行ってきました。


弊事務所で作成する年間目標は

トップダウンで単に金額目標を決めるのでなく

各部門代表者が設定した個別目標を積み上げて

ボトムアップで会社全体の金額目標を決めていきます。


多くの従業員の方々に意見を交わしていただくので

大変な時間がかかりますが

その分みなさんの目標達成に対する意識も

高まっているように感じられます。


実はつい先ほど出張から帰ってきたのですが

みなさんの熱気を浴びて私も気持ちが高まっているので

深夜のブログ更新となりました。



引き続き厳しい経済情勢が続きますが

お客さまにとっては、よい1年になると信じています。
10年10月05日 06時38分11秒
Posted by: mhirai
目標管理はスタート段階の設定が肝心です。

細かい数値目標や個人別の目標を管理したいのであれば

計画段階で全体の目標と有機的に結びつけて

それぞれの目標を設定する必要があります。


例えば社員に、販売量目標を設定したいのであれば

全体の売上目標と全体の販売量目標を連動するように

目標価格も設定しないとつじつまがあいません。

さらに全体の販売量目標と各人の販売量目標の合計とが

一致しないとやはりつじつまがあいません。


この段階でつじつまがあってないと

目標の管理が1年間、うまくいかないので

注意が必要です。
10年10月04日 07時25分55秒
Posted by: mhirai
競馬の世界最高峰のレース「凱旋門賞」で

日本のナカヤマフェスタが僅差の2着に入りました。

http://france-galop-2010.empreinte.com/site/kiosque/index.php?lang=fr&themeid=2
(右段の「QATAR PRIX DE L’ARC DE TRIOMPHE」をクリックすると映像が見られます)


http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2010/10/04/01.html


凱旋門賞はフランスで行われる90年近い歴史のあるレースですが

ヨーロッパ所属の競走馬以外に勝利した馬は過去に1頭もいません。

日本から挑戦した馬は過去に2着が最高で

あのディープインパクトも

レースでは生涯最低の3着(その後失格)でした。


ナカヤマフェスタは日本ではG1レース1勝しかしておらず

過去に日本から凱旋門賞に挑戦した馬のなかでも

とくに成績がずば抜けているわけではありません。

そんな競走馬が世界最高峰の舞台で好走できたということは、

日本競馬のレベルが世界競馬のレベルに近づいてきた証拠だと思います。


今回の結果に自信を持って、来年以降も日本の競走馬にはドンドン世界の競馬に

挑戦してもらいたいです。いつか凱旋門賞も勝てるでしょう!

10年10月01日 07時16分24秒
Posted by: mhirai
9月が終わって、今年も3/4が過ぎました。

早速、昨日までの実績を集計したところ

売上、利益ともに目標を20%近く上回っています。


既存のお客様から引き続きご依頼を頂いているのに加えて

今年は、新しいお客様からのご依頼も増えました。

売上のうち20%強は今年からお付き合いが始まった

お客様からご依頼をいただいたものです。


多くの方との新しい出会いがあったから

今があるんだと改めて実感しました。

これからも出会いを大切にしたいと思います。
«Prev1Next»