【贈与税】カテゴリー記事一覧

新着記事

null

住宅取得等資金にかかわる贈与税 平成22年度税法改正 1. 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税措置について、次の措置が講じられました。 (1) 非課税限度額(現行500万円)が、次のように引き上げられます。  (イ)平成22年中に住宅取...

8.0 住宅取得資金贈与500万円は非課税 8.1 概要      平成21年1月1日から平成22年12月31日までの間に、直系尊属からの贈与により住宅取得等資金の取得をした特定の受贈者は贈与により取得した住宅取得等資金で自己の居住の用に供する一定の家屋の新築若しくは取得又...

7.0  相続時精算課税 7.1 相続時精算課税制度の概要 相続時精算課税制度とは、生前贈与について受贈者の選択により、従来の暦年課税制度(年間110万円の基礎控除額の利用)に替えて、贈与時に贈与財産に対する贈与税を納め、その後の贈与者の相続時にその贈与財産と相続財産...

6.0 配偶者控除 6.1 制度の概要 婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという特例です。   6.2 特例を受けるための適用要件  (1) ...

5.0 贈与税の課税制度 贈与税の課税制度には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあります   5.1贈与税の計算(歴年課税)  贈与税はその年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の価額の合計額から基礎控除110万円を差し引いた金額に税率を掛けた金...

  4.0  非課税財産 贈与により取得した財産でもその財産の性質や贈与の目的、国民感情等を考慮して贈与税を課税することが適当でないものがあります。そこで次に掲げる財産は、贈与税が課税されないことになっております ①  法人からの贈与により取得した財産    贈与税...

3.4 離婚による財産分与  原則として贈与税の課税対象となりません。 しかし、下記のような場合には名目上は財産分与とした取得したものでも贈与により取得した財産と取り扱われます。  ①     取得した財産の額が婚姻期間中に得た財産等を考慮して不当に多すぎる場合には...

3.0 贈与税の課税財産 贈与税がかかる財産とは、贈与によって取得したすべての財産(本来の財産)と、本来の財産と同様の経済的利益を伴うとみなされるもの(みなし贈与財産)についても、贈与税が課税されます。   3.1 本来の贈与税のかかる財産 個人からの贈与によって...

2.0 贈与に課税する理由 贈与税は相続税の補完税であると言われています。 人が亡くなった時は、その人が残した財産に対して相続税が課税されますが、将来相続人になる人に、生前にすべての財産を贈与しておけば、贈与者が死亡した時には課税される相続税の対象財産が無くな...

1.0 贈与とは 1.1 贈与とは 「贈与」は、自分の財産を無償で他人に与えることを言います。 したがって、一方的に与えるということだけで贈与が成立したことにはなりません。 贈与する人が「自分の財産をタダであげる」という意思を贈与を受ける人に対して表明し、もらう...

«Prev1 2Next»

人気記事ランキング