新着記事

相続があった場合、配偶者の法定相続分か、1億6千万円かいづれか多い金額が税額控除されます。 相続人が、子供なし、兄弟姉妹なし、直系尊属も死亡していていない場合は法定相続人は配偶者のみとなります。 この場合の配偶者の法定相続分は1となり、配偶者は法定相続分...

相続の開始前の3年以内に、被相続人から相続人等が贈与をうけている場合は、相続税の申告では課税価格に加算します。 受贈者が、贈与税の申告をして贈与税を支払っている場合は、納付すべき相続税額から贈与税額を当然に控除します。 受贈者が、被相続人から贈与を受け...

遺留分に関する民法の特例です。 中小企業の事業承継の円滑化は、事業の継続・発展を通じて地域経済の活力を維持し、中小企業の雇用を確保する等の観点から「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」が成立しました。(平成20年) これは一定の要件を満たす...

子供のない人の相続で、遺産の分割に付き相続人間で話し合いがつかず、弁護士に依頼して、分割は済みました。 弁護士費用もそれなりの金額ですが、これは相続税の申告で経費(債務)としてみとめられますか  認められません。 相続日の確定した債務ではないからです。 ...

会社の借入金が4億円あります。 社長が連帯保証しています。相続で子供が責任を負うの? 長男・長女の2人が法定相続人であれば、各々2億円の連帯保証債務を負担します。 会社は通常、借入金があります。この借入金には社長が個人で連帯保証をしている場合が殆どです...

母は他界し、この度、父が死亡しました。 父はサラリーマンでたいした財産もなく、自宅と多少の預金があり、住宅ローンが残っています。  相続にあたり、長男が自宅とローンを相続しました。 債権も債務も当然に法定相続分で分割相続することが決められています。(民4...

父は30億円の損害賠償請求をうけていたが、判決前に死亡しました。30億円は債務として、相続税の債務控除の申告はできますか?(実例) 出来ません。 相続開始日現在、損害賠償責任は生じていないので「債務」は存在せず、債務控除の申告は出来ません。  あとで、判...

①自社の創業から、今日までの沿革をよく知っておく必要がある。  自社の社風・体質がどのようにして出来上がったのか、自分なりに理解しておくことが 必要だと思う。 ②業界がどのように変遷し、自社がどのような判断をして、どのような経営をしてきたか  先代の素晴ら...

①平成24年7月~平成24年12月  後継者に、社長業の引継ぎの心がけや考え方を指導する。 ②平成25年1月~平成25年12月  後継者を中心として、会社の中期3年計画(又は5年計画)を作成する。 ③平成26年1月~平成27年6月  後継者を代表取締役社長とし...

後継者が決まったら、1年半の期間をかけて引き継ぎの準備をお願いすることが多いのですが、経営者としての自覚を持ってもらうことと、ある程度の実力がないと、社員や取引先に迷惑をかけることになるからです。 会社の方針・商品政策・販促政策・販売チャネル等・中期的に...

人気記事ランキング

  1. 2012年10月26日 相次相続控除(1652)
  2. 2011年05月26日 相続人(子)(1344)
  3. 2012年10月24日 障害者控除(1271)
  4. 2012年11月28日 尊厳死の宣言(1222)