新着記事

戦後、事業を興し、頑張ってきた世代の交代期が来ています。 先代に対して思うこと ①2代目さんは、うまくやっても初代のおかげ、業績が悪ければ出来の悪い2代目の責任 といわれます。2代目を批判するのでなく、育てる・共に作り上げる・後ろから支える  という姿勢が...

父親が、自己が死亡したときは長男に死亡保険金を給付する。という保険契約をしていました。  (保険契約者・保険料支払い者は父親。死亡保険金の受取人は長男という契約) この度、父親が死亡したが、私(長男)は、後妻さんとあまり気があわず、財産もあまりないので相...

「贈与は当事者の一方が、自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。」(民549条)  贈与の意思表示と受贈の一致で成立します。 ①贈与契約書を作りましょう。  口頭でも贈与は成立しますが、文書にしておく...

被相続人は、5年前から認知症となり継続入院していました。 発症後、妻が被相続人(夫)の預金を管理していました。 妻は、当初は療養費等と夫婦の生活費に充当していたが、看病疲れもあり、「買い物依存症」となり、高額着物等ハッキリ判明するものだけでも5000万円は...

この制度は、お金をあまり使わないシニア層が資産の多くを保有しており、お金が沢山欲しいその子供達に、お金を無税で移し、沢山使ってもらうことにより、世の中の景気の上昇に役立たせることを狙ったものだといわれる。 私のところにも、この制度の質問や、実施の相談が増...

父は、事業を興し、それなりの財を築き、子供3人もそれぞれ独立しています。  母が死亡後、父は若い女性を嫁にもらいました(入籍済)。 父は入籍後2ケ月で死亡しました。聞くところによると、後妻さんは法定相続分は半分だそうです。せめて3年以上夫婦であったら、納...

被相続人の子は相続人となる。その子が被相続人の相続時に死亡している場合はその子(孫)が代襲して相続人になる。 では、いつから子となるのか、出生による。当たり前です。胎児も相続については「既に生まれたもの」とみなして相続人となる。(死体で生まれたときは適用...

「10年前、娘がオーストラリアへ留学しました。大学在学中は連絡がありましたが、  卒業後は、現地で就職すると言ってきて、その後連絡がありません。」と言う相談です。 もし、相続があった場合は、実務上「納税代理人」を立てて分割・申告をすることになるでしょうね...

最近、豪雨災害や土砂災害が多発しています。こんなときには、大事なものは銀行の貸金庫に預けていると安心ですね。 しかし、税務署には弱いのですよ。 税務署が相続税の調査を行う際に、自宅を訪問します。家や庭は勿論、権利書や預金通帳や債券などの確認をします。 権利書...

先日、相続の相談を受けました。 「父は、20年来母と同居し生活しています。父には戸籍上の妻がおり、母は内縁の妻ということになるそうです。  私は、非嫡出子となり、相続分は嫡出子の半分ですか?」 残念ですが、法律(民法)ではそのとおりです。 しかし、平成25...

人気記事ランキング

  1. 2012年10月26日 相次相続控除(1684)
  2. 2011年05月26日 相続人(子)(1368)
  3. 2012年10月24日 障害者控除(1295)
  4. 2012年11月28日 尊厳死の宣言(1258)