新着記事

相続や遺贈で財産を取得した者で、障害者の場合は一定額の相続税が控除されます。 ①居住無制限納税義務者(原則として日本に住所を有する者)又は、相続時精算課税制度  適用者。 ②法定相続人である。 ③85歳未満であり、相続開始時に障害者であること。 控除額は...

相続税の計算で、相続税の税金から引いてもらえるものがあります。   贈与税の税額控除   配偶者の税額控除   未成年者の税額控除   障害者の税額控除   相次相続控除   外国税額控除   等があります。 未成年者控除  相続財産を相続した者の内、未...

相続や遺贈(法定相続人でない者が遺言等で相続財産を取得する)で相続財産を取得した者が、被相続人の一等親の血族やその代襲相続人および、配偶者のいずれでもない場合は、相続税額の2割を加算した額を納付します。 亡くなった人が、子供だけでなく、甥や姪にも相続させ...

現在の相続税の税率は          1000万円以下・・15%   1000万円超5000万円以下・・20%   5000万円超1億円以下・・・・・30%   1億円超3億円以下・・・・・・・・40%   3億円超・・・・・・・・・・・・・50%  ...

相続税額の計算は、①相続税額の総額を法定相続に従って計算します。 ②次に、その相続税総額を、各人の実際の取得割合によって、各人の相続税額を計算し ③配偶者の税額控除等を計算します。 例、課税価格は2億8000万円〔基礎控除8000万円)。配偶者A、子供2名b...

被相続人と養子縁組により養子となった者でも、被相続人の配偶者の実子で、被相続人の養子となった者は、相続税の計算では実子とみなされ、法定相続人に含める養子の数の制限の対象から除外されます。  つまり、養子の制限から除かれるので、法定相続人になります。 上記...

養子がいる場合の相続人の数は、実子がいる場合は、実子の数プラス1名。 実子がおらず、養子の数が2名以上の場合は、2名として計算します。 この養子の数の制限は、①遺産総額から控除される死亡保険金(1名につき500万円) 及び死亡退職金(1名につき500万円)...

相続税の計算で、遺産の総額から控除する基礎控除額は、5000万円+1000万円* 法定相続人の数です。 相続放棄した人も含めます。 代襲人も含みます。たとえば、長男、次男、長女の3人が法定相続人であるが、長男が死亡しており、その子供が3人いる場合は5名が...

北海道で牧場をやっていた父が死亡しました。相続人である私と弟は大阪に住んでいます。申告書は大阪の税務署に提出するのですか? 申告書は北海道の被相続人の住所地を所轄する税務署に申告します。 相続人の申告は、被相続人の住所地の税務署です。 逆に、米国のハワ...

父が死亡し、母と子供2名が相続するが、期限内に分割協議が成立しません。 この場合の相続税の申告はどうなりますか 法定相続分に従って、相続財産を取得したものとして相続税の申告と納税をします。 この場合、配偶者の税額軽減の規定は適用できません。 また、小規...

人気記事ランキング

  1. 2012年10月26日 相次相続控除(1852)
  2. 2011年05月26日 相続人(子)(1478)
  3. 2012年11月28日 尊厳死の宣言(1447)
  4. 2012年10月24日 障害者控除(1402)