新着記事

被災地の状況は、まだまだ厳しいようですね。ガレキの未処理、仮設住宅の不足、水道等ライフラインの未整備等々、早く何とかしてあげたいと思います。 こんな中、親等を亡くされた方の相続はどうなんでしょうね。相続放棄の期限は3ケ月で6月11日です。「熟慮期間伸長の...

時々聞かれることに、「子供が所在不明だが遺産分割はどうしたらいいの?」があります。 たとえば、長男がオーストラリアに留学したが、卒業後、現地で就職したという連絡はあった。3年くらいは連絡があったが、その後は連絡がない。所在がわからない。この度、父親の相続...

①、胎児の相続  胎児が生まれてくれば、相続に関して、既に生まれたものとして相続権がみとめられま す。 ②、相続人の欠格  故意に、被相続人や、他の相続人を死亡させ刑に処された者。遺言をさせたり、取り消 しをさせたり、偽造、破棄、隠匿した者は相続人になること...

世の中には、親よりも子供が先に死亡することがある。その後に親が死亡しても、すでに子供は死んでいないので、子供の子供(つまり、孫)が相続します。これを代襲相続という。 孫も死亡している場合は、孫の子供が相続人になります。これを再代襲といいます。 私は経験し...

子供がいない人が死亡した場合、配偶者と親が相続人になります。 通常は、親も死亡している場合が多いので、兄弟姉妹が相続人になります。 兄弟姉妹が何人かいる場合は、全員が共同で相続します。この場合、半血兄弟は全血兄弟の半分が法定相続分となります。 全血兄弟と...

親よりも子供が先に死亡する場合があります。 その死亡した子供に子供がいなければ、親(直系尊属)が相続人になります。 滅多にないことですが、父母も祖父母もいる場合は、父母が相続人になります。祖父母は相続人になりません。 稀にですが、孫が死亡して、父母がい...

年老いた人だけが死亡するとは限りません。 若くして急逝すると、子供が未成年ということがあります。周りの物のとっては辛いものがあります。 未成年者は単独では法律行為を完全に行うことはできないので、遺産分割を単独ではできません。 又、親(被相続人の配偶者)は...

子供は、親と親子関係があれば親の相続人となります。 実子、養子、嫡出子、非嫡出子の区分はありません。 女の子が嫁に行っても親子関係が切れるわけではありません。娘は他家に嫁いだので、相続財産はいらない、又は、少しだけやればよいと思っている人がいまだにおられ...

相続があった場合、配偶者は常に相続人になります。 夫が死亡すれば妻が相続人に、妻が死亡すれば夫が相続人になります。法定相続分も、通常は遺産の半分です。相続税でも配偶者が遺産の半分を相続しても非課税となります。これは、財産は夫婦が協力して築きあげたものとい...

人が死亡した時に、相続人になれる人を民法が決めています。 遺言により遺贈を受ける人は、相続人と同じような権利義務があるが、受贈者といい、相続人とは言わない。 相続人は、配偶者、子(代襲人と再代襲人)、直系尊属、兄弟姉妹(代襲人)です。 相続人間では、...

人気記事ランキング

  1. 2012年10月26日 相次相続控除(1814)
  2. 2011年05月26日 相続人(子)(1448)
  3. 2012年11月28日 尊厳死の宣言(1405)
  4. 2012年10月24日 障害者控除(1373)