新着記事

◆遺族年金の基本  一般的に女性は男性より長生きしますので専業主婦で万一夫が亡くなった時に夫の遺族年金で生活ができるのか気になるところです。夫の死後1人で生きて行くにはどの位の準備が必要になるでしょうか。  国民年金の「遺族基礎年金」に、厚生年金に加入していた...

 信託協会のアンケート調査によると、教育資金一括贈与の非課税制度を利用した人の8割がその資金を「大学・短期大学・高等専門学校の学費」に充てたいと考えているとのことですが、贈与した時点で「子ども」がまだ小学生以下であるケースは半数近くだったそうです。  贈与し...

公正取引委員会は6月に消費税転嫁拒否行為で勧告を受けた地方自治体や眼鏡専門店チェーンの運営企業、自転車防犯登録事務運営組織2団体の計4組織の事例を報告しました。  消費増税直後の4月には、JR東日本の子会社であるJR東日本ステーションリテイリングが納入業者に「買...

(前編からのつづき)  一方、重点手続き以外でみると、上記以外の「申請・届出等手続き」は、前年度の260万7,195件から71.4%も増加して446万8,291件、また「納付手続き」に関しても同288万6,317件から16.7%増の336万9,145件にそれぞれ...

国税庁は、2013年度における国税電子申告・納税システム(e-Tax)の利用状況を公表しました。  それによりますと、同年度のe-Taxの利用合計数は、2,554万5,229件と前年度の2,278万9,483件に比べて約12.1%増と大幅に増加しました。  この...

(前編からのつづき)  また、「減価償却制度」については、機械及び装置の減価償却の方法を定額法に一本化するとの意見がありますが、定額法への一本化は大きな変更と指摘しております。  中小法人等(資本金以外の指標も検討すべき)は内部留保が少なく、設備投資の大半を...

(前編からのつづき)  現行の請求書等保存方式は、税率が上がるにつれ、いわゆる益税が増加するおそれがあるのに対し、納税額の計算等は請求書等の税額を用いて行うEU型インボイス方式では、「消費者が負担した消費税が納税義務者たる事業者を通じて適正に納税される」と評...

政府が「女性の活躍推進」に関して、具体的な政策目標を明らかにしたことを受けて、企業でも独自の数値目標を掲げるところが増えています。経団連によると、女性の管理職登用に関する自主行動計画を公表した47社のうち、27社が数値目標を設けているといいます。  具体的には...

6月24日、安倍内閣はアベノミクスの第2次成長戦略「日本再興戦略 改定版」を閣議決定しました。このなかには、法人税減税や年金基金、ロボット革命などに関する政策が盛り込まれています。昨年6月、第1次成長戦略が発表され、今回はその改訂版となります。掲げられた政策のう...

与党税制協議会は、軽減税率の対象分野について8種類のパターンを提示するなど、軽減税率制度の素案を公表しました。  それによりますと、課税事業者にとって懸念されるのは、軽減税率を導入すると、標準税率と軽減税率を分けて、正確な消費税を算出する必要があることです。...

«Prev1 2 3... 182 183 184Next»

人気記事ランキング