新着記事

年末調整は、原則として給与の支払者に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出している人の全員について行いますが、例外的に年末調整の対象とならない人もいます。1つずつ確認していきましょう。 Ⅰ 年末調整の対象となる人 次のいずれかに該当する人 (1) ...

今月11月10日の企画委員会において、税制調査会は、平成22年度税制改正大綱を来月12月11日に取りまとめるための審議日程と、租税特別措置の見直し指針である「ふるい」の内容を確認しました。 ■租税特別措置見直す「ふるい」の内容を決定    租税特別措置の抜本的見直し...

 中小企業庁(経済産業省)が「中小企業向け年末対策」を公表しました。年末年始に向けて資金需要が高まる中小企業の資金繰りを支援するための「総合的な政策パッケージ」ということです。  この対策の主な内容は以下の通りです。 1.中小企業資金繰り対策 2.中小企...

国税庁が「平成20事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について」を発表しました。平成20年7月から同21年6月までの1年間に実施した税務調査等の状況をまとめたものです。  今回の発表で目立つのは、同1年間に実施された所得税の調査等の件数73万3千件(前年度よ...

東京商工リサーチの調べによると、我が国で創業100年を超える企業数は21,066社に達していることが分かりました。全企業の1%に相当します。長寿企業を業種別にみると、旅館・ホテル業、酒類製造業などが目立ち、同社では、「本業重視」「身の丈にあった経営」を続け...

■居住、移転の基本的人権  国民の憲法上の権利の一つとして居住地選択の自由があります。そして、自由に選んだ住居からの通勤費については、スジからいえば自己負担すべきものですが、通常は雇い主が全額負担しています。素直に考えると変なことです。  別に、雇い主に通勤...

埼玉県川越市小堤84-1ハイラーク川越105 岡村昭彦税理士事務所 岡村 昭彦 zeiri@abelia.ocn.ne.jp TEL:049-234-0291 FAX:049-234-0259 21世紀の企業経営には21世紀にあった経営方法を早く確立することが企業経営者に求められていると思います。   

◆今年度税制改正の目玉  平成23年度税制改正は大ナタを振るわれて、肝心なものが国会の店晒しの憂き目を見ていますが、そんな中で成案となったものの目玉とされているのが雇用促進税制です。  雇用の維持・促進を図るのが目的で、雇用者数の増加に応じて税額控除でき、事業...

(「中国企業に対しての理解はいかに? その1」より続く)  しかし、果たしてそのような単純な理解でよいのでしょうか。  海爾集団(ハイアール)は、徹底した成果主義を経営方針とし、「10・10原則」という制度を持っています。その中身は、社員の上位10%は特別優遇、...

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 182 | 183 | 184 || Next»

人気記事ランキング