新着記事

日本税理士会連合会(以下:日税連)の調査研究部は、「法人課税に関する意見」(案)を取りまとめました。  日税連では、例年6月に「税制改正に関する建議書」を取りまとめていますが、法人課税に関する重要項目について、通常の税制改正建議に先立って意見を表明すべきとの...

2014年度税制改正     (前編からのつづき)  この特例措置の適用は、住宅ローン現在だけでなく、住宅取得等の資金に係る贈与税の非課税措置等、既存住宅に係る不動産取得税の課税標準の特例措置にも適用されます。  耐震改修の「申請」が減税適用の...

2014年度税制改正      2014度税制改正において、耐震基準に適合しない中古住宅を取得した後に耐震改修工事を行って入居した場合であっても、住宅ローン減税等の適用を受けられるようになりました。  2014年4月1日以後に、中古住宅の取得を...

今日、約80%の企業が目標管理制度を実施していますが、そのプロセスでは、目標設定時には想定していなかった事態が生じるなど問題がよく起こります。 ◆プロセス管理でよくある誤り  管理者のプロセス管理の視点が、「評価の納得性」に置かれる結果、「部下が目標達成のために...

◆制度維持のため、年金削減の方向性  厚労省は、公的年金の給付水準を物価動向にかかわらず毎年抑制する仕組みを来年度から導入する方針を発表しました。現行のルールではデフレ下では年金を削減できない仕組みになっています。最近は増税を背景に物価が上昇しているので現状...

政府は、少額投資非課税制度(NISA)の〝子ども版〟を平成28年に創設する方針です。投資にあまりなじみのない親世代の投資促進を狙うものです。  いわゆる「子ども版NISA」は、日本証券業協会などが創設を求めていたもので、今後は金融庁が年末の税制改正大綱に向けて与党と調...

教育資金一括贈与が非課税になる期間が延長されそうです。孫の将来にわたる教育資金として、まとまったお金を非課税で贈与できる制度が始まって1年が経過しましたが、平成27年末としていた期限を政府は2~3年延長する方針です。また、非課税対象のお金の使い道を子育てなど...

(前編からのつづき)  この上乗せ措置は、経過年度に旧要件での適用がなく、新要件を満たす場合、経過年度について新規定を適用した場合に計算される雇用者給与等支給増加額の10%を、2014事業年度の税額控除額に上乗せできるものです。  ただし、経過年度の上乗せ控...

2014年度税制改正において、所得拡大促進税制は適用要件が緩和され、2014年4月1日以後終了事業年度から改正後の「新要件」が課されますが、経過措置が設けられ、経過年度の2013年度(2013年4月以後に開始し、2014年4月1日前に終了する事業年度)に新...

◆保険料と代理店手数料  ライフネット生命が保険料と保険代理店の代理店手数料を公表し、保険業界に波紋が広がっております。従来、保険業界では保険料と代理店手数料を公表することはなく、全てを保険料としてきました。しかし、中立で適切な保険を勧めていることを売りにし...

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 182 | 183 | 184 || Next»

人気記事ランキング