新着記事

京都には、長い歴史をもつ複合的な産業集積が形成されています。近世にさかのぼると西陣に代表される繊維産業ばかりではなく、清酒醸造、縫い針などの金属加工、木工・竹工などさまざまな業種が存在していました。  京都に本社を置く主な企業としては、島津製作所、京セラ、...

(前編からのつづき)  30歳未満の受贈者名義の口座に将来の教育資金を一括で預けた場合に適用となり、受贈者は学費や塾代などを必要なときに引き出せます。  受贈者は、制度の適用を受ける旨等を記載した教育資金非課税申告書を、金融機関を経由し、受贈者の納税地の所轄...

信託協会は、同協会に加盟している信託会社大手6社の2013年4月から2014年3月までの教育資金贈与信託の契約件数は合計6万7,073件、信託財産設定額は合計4,476億円になると公表しました。  1件当たりの信託財産設定額は、単純平均で667万3,326円と...

(前編からのつづき)  上記の「一般住宅」は、住宅用家屋の所有権の保存登記の税率の軽減を適用した場合の登録免許税の税率を参考掲載したものです。  これらの軽減措置の適用を受けるためには、登記の申請書に住宅用家屋の所在地の市区町村長の証明書(住宅用家屋の床面積...

国税庁は、2014年度税制改正において、 ①特定認定長期優良住宅の所有権の保存登記等 ②認定低炭素住宅の所有権の保存登記等の登録免許税の軽減措置について、その適用期限が2016年3月31日まで2年延長 ③特定の増改築等がされた住宅用家屋の所有権の移転登記に係る登...

◆税制調査会で検討される  安倍内閣は新しい成長戦略の中で子育ての負担を軽くしたり、企業に登用を促したりする女性の社会進出の後押しを進めようとしています。専業主婦等に有利な社会保障制度の見直しの検討を始めました。人口減と高齢化が進む中、労働力確保と質の向上が...

◆粉飾決算で納付した税金は戻るのか?  今年も、個人学習塾大手の「リソー教育」、ゲームソフト制作会社「インデックス」と粉飾決算の報道が絶えません。皆さん、このようなニュースを耳にするたびに、次のように思わないでしょうか?―「粉飾決算で過大に計上した利益に対する...

日本税理士会連合会(日税連、池田隼啓会長)は6月26日に公表した「平成27年度・税制改正に関する建議書」で、「消費税の単一税率を維持すること」「外形標準課税は中小企業に導入しないこと」「欠損金の控除限度額を一律に縮減しないこと」の3つを重要建議項目として掲げま...

平成25年度に査察調査で最も多く告発を受けた業種は「クラブ・バー」でした。  査察部、いわゆる「マルサ」が平成25年度に告発した数を業種別に見ると、「クラブ・バー」の12件が最悪。「不動産業」9件、「建設業」「情報提供サービス業(出会い系サイトや競馬・パチンコ情報...

国税庁が7月1日に公表した平成26年分(今年1月1日時点)の路線価(相続税路線価)では、前年と比べて全国的に標準宅地の下落率が縮小し、上昇に転じた地域も増加しました。  平成26年分(今年1月1日時点)の標準宅地の路線価の対前年変動率全国平均は0.7%減で、25年分...

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 182 | 183 | 184 || Next»

人気記事ランキング