新着記事

 専門誌等によれば、会計検査院は、納税者が税金の還付を受ける際に国が支払う「還付加算金」を減らすため、税務署での事務作業を改善するよう、国税庁に求めた、とのことです。  ちなみに、会計検査院の報告によると全国524の税務署が平成20年に支払った還付金は計4兆1,811...

■社会保険料の負担を安くしたい このところの景気後退で、給料は昇給無かあっても少なめ、残業代も減り、働く人の給与額は一般的には増えていない、むしろ減っているという人も多いでしょう。一方で企業は社会保険料の面でも負担を軽くしたいところかもしれません。社会保険料...

■居住、移転の基本的人権  国民の憲法上の権利の一つとして居住地選択の自由があります。そして、自由に選んだ住居からの通勤費については、スジからいえば自己負担すべきものですが、通常は雇い主が全額負担しています。素直に考えると変なことです。  別に、雇い主に通勤...

(1)個人の住民税とは?  個人の住民税は、日本国内に住所を有する個人にかかる税金で、「都道府県民税」と「市区町村民税」の2種類の総称です。 更に、道府県民税と市区町村民税には、所得に対してかかる「所得割」と、定額でかかる「均等割」とがあります。 (2)誰...

■日本でも最近は離婚が増えてきております。 離婚は、今まで一緒に生計を立ててきた夫婦が別々に生活を始める為にどうしても、金銭問題は、避けては通れません。 離婚の際の金銭のやり取りは、通常「養育費」「慰謝料」「財産分与」等が一般的です。■養育費は子供の権利 養...

 国税庁が「平成21年度 法人税関係法令の改正のあらまし」を公開しました。  その内容は、6月19日に成立、6月26日に公布・施行された「租税特別措置法の一部を改正する法律」に関するもの。いわゆる「経済危機対策」として追加的に実施された税制改正のうち、法人税関連で...

 旧商法時代には、「利益準備金の資本組入れ」、「利益の資本組入れ」は容認されていました。 しかし、平成18年、会社法になってからは、会社計算規則において、その他利益剰余金又は利益準備金を取崩して資本金に組入れる(振替える)ことはできなくなりました。この取扱は...

 ある中小製造業で、設備トラブルがなかなか解決せず、不良率が高くて、困っていました。現場担当者と技術担当者の間で、「その原因は何か?」と何カ月も議論していましたが、なかなか解決しませんでした。 たまたま、技術者が問題解決研修を受けて知った“三現主義&rdqu...

 国税庁が「税務署へお越しになられる皆様へ(受付窓口の一本化等について)」をアナウンスしています。これは、平成21年7月10日から全国の税務署において受付窓口が一本化(ワンストップサービス)されることを周知するものです。  従来、納税者が税務署に申告や税の納付...

6月19日、政府の「経済危機対策」が盛り込まれた「租税特別措置法の一部を改正する法律案」が衆議院で再可決され成立しました。 今回、改正された租税特別措置法の内容は以下の通りです。 ■住宅取得のための時限的な贈与税の軽減  平成21年1月1日から平成22年12月31日まで...

人気記事ランキング

  1. 2009年05月31日 エコカー減税(6680)