新着記事

◆社員が新たに健保に加入する際の手続き  新入社員には早く健康保険証が本人の手元に届くように手続きしたいところですが、全国健康保険協会(協会けんぽ)では、被保険者の資格取得手続、並びに被保険者の加入手続きをしてから健康保険証が交付されるまで日数を要します。  ...

◆特例期間該当届・特例追納制度  今までサラリーマンの配偶者に扶養されている専業主婦(主夫)で国民年金の3号被保険者であった人が1号被保険者への切替の事由が発生した際に手続きを忘れていて、気がつかないうちに保険料未納期間になってしまっていたようなケース...

◆高齢者層から若年世代への早期移転  近年の資産税は「高齢者層から若年世代への財産の早期移転」を促す改正が相次いでいます。特に平成27年からは、「直系尊属」から「直系卑属」への贈与について大胆な軽減措置がいくつも施行されます。 ◆特例税率~直系尊属から成人者への...

◆「技術・人文知識・国際業務」の登場  平成26年6月に、外国人の方の滞在を管理する法律、「出入国管理及び難民認定法(以下、入管法)」が改正され、今年から少しずつ新たな制度が施行されています。  中でも、外国人従業員を雇用する企業の皆様に注目していただきたいのが...

◆修正申告と期限後申告との比較  自主的修正申告の場合にはもともと過少申告加算税が課せられないのに、期限後申告の無申告加算税や源泉税期限後納付の不納付加算税に救済措置が設けられたのは平成18年でした。 ◆その救済内容は (1) その期限後申告に係る納付すべき税...

確定申告も終わり、ほっとしている方も多いと思いますが、これから個人事業を始めようとされる方へ、開業にあたっての留意点です。個人事業は法人設立と違って簡単に始められそうですが、個人事業者の場合であっても、税務署へは様々な届出が必要となります。開業届や青色申告...

◆まずは供託の典型から  供託で、まず思い浮かぶのは、不動産賃貸借で、契約期間満了や賃料改定が争いとなったときに、賃借人が、法務局で賃料相当額を供託する事例ではないでしょうか。  これは、弁済供託という類型で、相手方が支払受領を拒否し、あるいは、行方不...

◆H27.1.1以後の「小規模宅地等の減額」  平成27年1月1日以後に開始する相続に係る相続税について適用される基礎控除額の引下げ・税率構造の見直しによる税負担の増加を緩和するため、次の「小規模宅地等の減額」の改正が行われております。 ①特定居住用宅地等の限度面...

◆扶養控除の適用要件  扶養控除の適用要件は、①配偶者を除く年齢16歳以上の親族(法令の規定に基づく児童等も含む)、②親族の年間の合計所得金額38万円以下、そして、③納税者と同じ家計で生活する、の3つです。  この3つの要件ですが、納税者の自己申告であり、適用にあたっ...

◆仕入税額控除の原則  消費税の仕入税額控除には、個別対応方式と一括比例配分方式の2つの方法が認められています。  なお、一括比例配分方式を採用した場合は、2年間その適用を継続しなればなりません。 ◆課税売上割合の原則的な取扱い  個別対応方式においても...

人気記事ランキング

  1. 2009年05月31日 エコカー減税(6678)