新着記事

◆「生計(せいけい)を一(いつ)にする」  税務の話題の中で「生計を一にする」という表現をよく耳にすると思います。  これは、所得税法、法人税法、相続税法、租税特別措置法などの主要な法令の約40の条文に用いられる税法用語です。  特に所得税法では、雑損控除や医療...

  ◆平成25年の公正証書遺言は9.6万件  遺言は一般的には「死に際」に残す言葉というイメージがありますが、法律でいう遺言は必ず書面で作成したものでなければならず、厳格な方式が求められています。  同時に遺言しやすいように、「自筆証書遺言」「秘密証書遺...

東京都は、すでに2014年度の固定資産税・都市計画税の納税通知書を発送済みですが、その中で都内の一部納税者に対し「みなす課税」を実施していることが分かりました。  みなす課税とは、地方税法に定められた土地区画整理事業を執行している市区町村で適用される課税の...

◆平成27年からは「特例贈与」と「一般贈与」  平成27年からは相続税・贈与税の税制がガラリと変わります。 相続税は小規模宅地等の特例制度が拡充されるとはいえ、基礎控除額の引き下げ・税率改定と課税強化の方向が鮮明です。  一方、贈与税は最高税率を引き上げつ...

今日のように、商品・サービスに対する顧客ニーズが多様化し、一方で社員の専門知識・技術・技能が細分化されている事業環境の下では、異なる専門分野を持つ複数の社員がチームを組んで目標を設定、両者のシナジーを活かして達成を図らなければならないケースが多くなってきま...

◆問題社員を減給したい  従業員が会社で不祥事を起こし、その人に減給の制裁を課す場合、どの程度の範囲で減給額を決めるのでしょうか。労働基準法第91条は「就業規則で、減給の制裁を定める場合においては、その減給は、1日の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が1賃金支...

◆気をつけたい情報漏えい   個人情報が広くITにより処理されるようになりました。その中で最近も大手の教育関連企業の顧客情報の漏えい問題が話題になり、社会的にも波紋を広げました。不適切な取り扱いで漏えいし情報がむやみに利用提供され、不利益な事が生じないとも限...

所得税及び法人税において、賃貸ビル、事業用ビルの外壁塗装や室内の壁紙の張り替え等(以下、外壁塗装等)の工事費は、通常、修繕費として必要経費又は損金の額に算入されます。 ◆事業供用後の外壁塗装等の処理  これら外壁塗装等は、通常、当該資産の価値の増加又は使用可能...

  ◆配偶者の受給する雇用保険  配偶者が退職により雇用保険金を受給している場合、この金銭給付は配偶者の所得としては雇用保険法で非課税とされているので、配偶者控除の判定においても、合計所得金額に含める必要はありません。 ◆配偶者の受給する出産育児一時金  配...

◆介護職等の資格取得も使える  雇用保険の教育訓練給付は労働者や離職者が自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講終了した場合、その費用の一部を支給するものです。  平成26年10月からの給付内容が拡大され、中長期的なキャリアアップ支援の為、厚労...

人気記事ランキング

  1. 2009年05月31日 エコカー減税(6681)