新着記事

平成21年1月1日より、「上場株式等の譲渡損失」と「上場株式等の配当等(公募株式投資信託の収益分配金を含みます)」との相殺(損益通算)が可能になり、配当等の税金が戻ってきます!(平成23年12月31日までの間の予定) この特例を受けるためには、確定申告が必要です。 ...

居酒屋てっぺんの代表者である、大嶋啓介さんの講演会にF先生と行ってきました。 成功者の脳の状態は、「ワクワク感」。上手くいっていないときこそ、「ワクワク感」を言葉や、動作、表情に切替できるかが大切。 まずは自分自身が前向きに楽しむか、ヒントをいただけまし...

「住宅資金等の贈与税の非課税」とは  平成21年1月1日から平成22年12月31日の間に、父母や祖父母等の直系尊属から居住用 の住宅の新築又は増改築資金(住宅取得等資金)の贈与について、下記の要件を満たす と住宅取得等資金のうち500万円まで贈与税が非課税となりま...

「小規模企業共済」は国が行う事業主の退職金制度です。 事業をやめたり、退職した場合に、その後の生活の安定などを図るために資金を準備しておく制度です。 掛金(月額千円~7万円)は、所得税の計算上全額控除できますので節税になります。また、納付した掛金の範囲...

相続税の抜本改革案として注目を浴びている「遺産課税方式」とは?  相続税の計算をする際の税率は、金額の区分ごとに税率が定められ金額が大きくなるほ ど高くなります(これを「超過累進税率」といいます。)。 超過累進税率の例としては、所得税、相続税、贈与税など...

親族の保険料等で節税? 社保庁、生命保険会社、損害保険会社等から「控除証明書」が送付される時期になりました。 年末調整の際には漏れのないように「控除証明書」を会社に提出しましょう。 この控除証明書は、自分自身が加入したものだけでなく、生計を一にする親...

遺言の作成方法は2種類 自筆証書遺言  費用   無料  内容   秘密にできる  保管方法   自身で保管するため紛失、改ざんのリスクあり。  作成方法   自筆で作成  その他   形式不備により内容が無効となりリスクあり。 公正証書遺言  費用 ...

いつも、ブログを見ていただきありがとうございます。 当事務所では『相続・遺言でトクする30のポイント』という 具体的な事例を読み易いマンガの対話形式で作成した小冊子を数量限定でプレゼントさせていただいております。 詳細は当事務所のホームページにてご覧く...

すべてを一人にあげられない? 相続人の最低保障分として「遺留分(いりゅうぶん)」が民法に規定されています。 相続には「残された相続人の生活保障」という役割があります。 お亡くなりになった人が所有していたマイホームに居住していた配偶者はそのマイホーム ...

経営セーフティ共済は優れた節税商品 会社が健全経営でも「取引先の倒産」という事態はいつ起こるかもしれません。 経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)は、そのような不測の事態に直面された中小企業に迅速に資金を融資する共済制度です。 また、支払っ...

人気記事ランキング