【General】カテゴリー記事一覧

新着記事

 A社の会社の全営業所は、去る6月から一斉に会社組織に変わった。東京営業所を皮切りに、福山、大阪、北九州、広島、仙台の6営業所である。新社長はもちろん、いままでの営業所長である。  サラリーマンにとって、課長や部長という肩書きより、社長という肩書きに、感動に...

 観察するのを「観る」といいます。物事を深く読み込むようにみることです。  視察するのを「視る」といいます。いろんな物事に幅広い関心を寄せてみることです。  「見る」というのは、見えているからみる。心に残りません。「そんなのあったっけ?」という程度のみるで...

●発想の転換には、習慣の転換が先行すべし  トップ交替で業績が回復するのはなぜか。それは簡単だ。“発想や判断”が変わるからだ。  ところが中小企業は、株式公開の大企業が大衆の会社(パブリック・カンパニー)であるのに対して、会社はおれのものだ(マイ・カンパニー)...

●「上場やめます」という会社も出現   神戸のワールドという会社は、女性用服飾品のアパレル卸(縫製メーカー)です。  この会社は、「当社は上場を取り止めます」といって、自社株を買い戻すことを決めたそうです。  もちろん、「上場経営より、非上場経営がいい」とい...

 ある銀行主催のセミナー会場でのこと。「コスト管理」の講座をしばらくのぞいてみた。  しかし、こんな講座をまじめに受講するようじゃ、コスト管理の実効を手中にはできないと思った。 その理由は、午前の講座が終わるや、講師も受講者も一斉に、昼食をとりに食堂に出か...

 小倉昌男さん、いうまでもなく“宅急便”を生み出した、ヤマト運輸の元経営トップです。  小倉さんは、宅急便を完全に成功軌道に乗せたあと平成七年に会長を辞任するや、今度は私財を投じてヤマト福祉財団を立ち上げ、社会貢献に身命を賭けた人でもあります。  この小倉さ...

 大阪に本社を構えるK社(社員数約800名)は、照明器具を主力製品とする大手メーカーです。  この会社の営業マンが、毎日書く営業日報には、顧客からの苦情欄があり、この部分はミシン線で囲まれ、切り離すことができるようになっています。じつはこの部分には、社長の方針...

アサヒビール飛翔の起爆剤になった製品は、「スーパードライ」ということは、多くの消費者も知っています。 当時の経営トップは、銀行経営者から転じた樋口広太郎さん(現在、名誉会長)でした。 この樋口さんはしばしば、「バッドニュースが、経営トップの耳に入らなくなっ...

一年の計は元旦にあり、そして、一日の計は朝にある・・・と言われる。 さて、頭の中に描く計画なしに出勤した人の中には、「きょう、真っ先に着手する仕事は何か」を決めないままにやって来る人が多い。そして、そういう人に限って、なんとか朝の行動をごまかしてはいるが、...

 積水ハウスという会社は、もともと、積水化学工業?のハウス事業部を母体として昭和三五年に、積水ハウス産業?が創立され、さらに三年後の昭和三八年に、田鍋健さん(故人)が社長に就任すると同時に社名を、現在の積水ハウス?に変更したものである。田鍋健さんが、積水ハウス...

«Prev1 2Next»

人気記事ランキング