新着記事

平成24年度の税理士試験が8/1~3の間で実施されています。暑い中試験を受けてきた皆さんお疲れさまでした。5科目合格の目処がついた人以外はまた9月から勉強がスタートしますがとりあえず8月の1ヶ月間はのんびりと充電してください。

法人税の中間申告には1.前期実績による方法と2.仮決算による方法の2つがあります。1.前期実績の方法は簡単に言うと前期の法人税の半分を当期の中間申告分とする制度でその金額が10万円以下のときは中間申告をする必要がありません。もう一つの2.仮決算の方法は期首...

法人契約のがん保険の取り扱いが改正される方向のようですね。生命保険は法人にとっての節税商品として利用されることが多いのですががん保険も節税によくつかわれる商品でした。がん保険は保険料が全額損金算入され中途解約する際の解約返戻率が結構高いので実質的には貯金を...

事業を始めるときは 綿密な経営計画を立てて いろいろなケースをシミュレーションして から・・・ というのが教科書どおりの答えですが 様々な経営者の方と話をすると 目の前に仕事があって なりゆきにまかせて事業を始めることに なったケースが非常に多く かつ...

先日 法人の登記簿を取りに行くために 名古屋法務局に行きました。   入口近くに置いてある 申請用紙に 所定の項目をカリカリ書いていたら   職員さんが近づいてきて 「法人の登記簿でしたら あちらのタッチパネルで 簡単にできるのですが・・・」 と声...

今月初めに政府が「社会保障・税一体改革素案」を決定しました。日本はものすごいスピードで少子高齢化が進んでいてその結果年金や医療等の社会保障費が年間1兆円ずつ増加しています。年金制度や医療保険制度を持続可能なものにするには社会保障と税を一体として抜本的な改革...

去年の12月に公布された平成23年度税制改正の中に減価償却制度の改正があります。法人税率が引き下げられることに伴い、課税ベースを広げるべく定率法の償却率が変更されます。従来平成19年4月以後取得した資産の定率法償却率は定額法償却率の250%という設定になっ...

消費税の改正の骨子を年内にまとめるという政府の方針について連日報道されています。今のところ2015年度から消費税率を10%に上げるという予定のようですね。昔自民党の橋本政権の頃に3%だった消費税を5%に引き上げた結果景気に対する影響がかなりあったので5%か...

11月のサイトリニューアルから週に2~3本ずつ「スプラウトペディア」という税務に関するマニアックな記事をスタッフブログに居候して書いています。ちょうど年末調整のシーズンだったので所得控除から書き始めここまで18本書きました。・生命保険料控除・地震保険料控除...

東日本大震災の影響で遅れていた平成23年の税制改正のうち積み残しになっていたものが12月にようやく公布・施行されました。相続税等の改正は再び積み残しですがそれ以外は大体とおりました。一部は6月くらいにとおっています。個人的には「更正の請求期限についての改正...

«Prev1 2Next»

人気記事ランキング