新着記事

~このセミナーの冒頭で「アフターサービス」についてお話をされました~ ~アフターサービスとは、英語にはなく、和製英語だそうです~ このアフターサービスについて、事例を紹介しています ●タイガー魔法瓶の事例  電気ポットが故障して、サポートセンターに連絡をする...

~販売が厳しい時は、マーケティング型が先頭に立て~ 製造&販売企業の経営トップの心得  衛生陶器メーカーのT社で感心させられることは、経営環境、特に販売環境の変化により、最適人事を求めて、経営トップが柔軟に入れ替わることである。つまり、販売が好調で競合環境...

 ある田んぼがレンゲの花で満開になると、近所の養蜂家(蜂蜜採集)が、大いに潤うという関係から、この養蜂家は“レンゲの花満開”という隣接経済の恩恵を受けたと言えよう。  インターネットが普及し、紙の新聞を読まなくても、ニュースの要点はネットで読めるようになると、...

●営業日報にバッドニュース欄を加えよ  経営のイロハだが、社長はバッドニュース(悪い情報)ほど、一刻も早く把握しなければならない。経営も人間も、ないに越したことはないがどうしても、いずれは自分(社)の不利益になる、マイナス情報に突き当たることがある。  経営...

●“計数”はビジネスの合い言葉だが?  “計数はビジネスの合い言葉”と言われる。当り前のことである。  ところが計数を、特に営業活動によって生じる数字を過信すると、その数字をもたらした原因を解明しないで、問題の核心を見過ごしたまま、先へ進みがちである。  営業...

◆今度の東日本大震災の事後処理で、自衛隊の存在価値が、大きくクローズアップされた。自衛隊が大きく役に立っている。  そこで紹介したいのが、三国志に出てくる台詞である。  「兵を養うこと千日、用は一朝にあり」 別な解釈を添えれば、つぎのようになる。  「軍隊を...

 ある会社の、営業所を訪ねた。  たまたまFAXが、どこからか届いていた。受け取った女子社員が、それを見ながらウフフと笑い、「ミヨちゃんらしいわ・・」と、つぶやいた。送信者は女友達らしい。  もう少しくわしく紹介しよう。このFAXは、A営業所のミヨちゃんと呼ばれる...

●成績下位者も褒めなさい  経営トップの腕前は、人の動かし方活かし方にある。  それも、「右向け右」と号令かければ、左を向くような、じゃじゃ馬や暴れ馬を手なづけて思いのままに動かすような用兵の妙こそ、人と組織の活性化に通じる。  ところで貴社では、営業マンを...

●備長炭のストレート販売に、ストップをかけた木炭問屋  現代の“問屋機能”を考えるとき、ある木炭(紀州備長炭)問屋の例が、わかりやすい。  木炭というのは、戦中から戦後にかけて、“木炭バス“としても、語り継がれているように、バスの動力源にも使われたものである。し...

ルネッサンス期のイタリアで、大活躍した戦略家ニョコロ・マキャヴェリが、書いた本が(邦訳)「君主論」や「政略論」である。非常痛烈だが、指摘は的確で現実的なものが多い。 “まるで現代日本を書いているよう”と思われる文章が多いから、抜き書きで紹介してみる。 ●『一国...

«Prev1 2 3... 8 9 10... 13 14 15Next»

人気記事ランキング

  1. 千葉県船橋市の税理士・会計士-元橋会計事務所