2010年 7月の記事一覧

«Prev1 2 3Next»
10年07月31日 06時14分47秒
Posted by: hoshino
null

 昨日の夕刻、TKC関東信越会長野支部北信ブロックの総会と懇親会がありました。このブロック活動が私の職業生活の原点であります。35年ほど前にOAサークル運営のチャンスをいただき、始めて講師謝金を受け取った場所、もう当時の会員の参加はありませんが、ここをスタートとしてろいろな組織活動のイロハを学び始めました。ご理解ある先輩たちに恵まれました。感謝。


(盛況だった)

 参議院選挙応援の御礼を云う機会をいただきました。トップ当選への感謝と又6年後にはもっと大きなご支援の輪を広げて頂きたいとお願いいたしました。懇親の席も盛り上がり、私としては珍しく二次会にも参加、カラオケも一曲と上機嫌の時を過ごしました。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。


10年07月30日 11時18分02秒
Posted by: hoshino
 私は毎朝、お経をあげているが、その中で「耳に入る雑音に惑わされるな、自分の信念に基づき行動していれば道を外さない」との教えがあります。政権与党の両院議員総会が昨日開かれ、9月には党代表選が予定されている。また、今日から臨時国会が招集されている。新衆参ねじれのなかで、首相には「孤に耐え、衆に和する」姿勢で乗り切って頂きたい。


(消費増税反対が「民意」ではない)

 川本裕子早稲田大学教授(日経2010.7.29)は次のように論じられています。「日本国民多数は、基本的な安全保障の枠組みを維持し、不要な政府介入は避けて経済成長を追求し、行政改革と歳出の効率化をさらに続けて最終的には消費税増税による財政健全化を実現するという、バランスのとれた政策を望んでいる。民意に示された国民の経済政策への理解度は高い。むしろ懸念ははこれをしばしば曲解する政治家の方にある」


(今や世論調査中毒にかかっていないか?)

 誰も増税を望まないが、それがすべてではない。政治家がそれをねじ伏せるだけの論理と情熱がなければ、国民は増税を受け入れない。首相が凛として世論調査という向かい風に立ち向かう姿勢を示すことが重要である。国民は日本という国を背負う首相の覚悟のほどを見ている。このまま党内抗争にうつつを抜かしていると、国民から見放され、日本という国の存在感を軽んじめ、国際社会のお荷物になる。戦後国民生活を豊かにした経済成長は半世紀という時間が必要であったが、没落するにはそれ程の時間でなく、あっという間に貧困の中に国民を投げ込んでしまうことを政治家は知って欲しい。地方には子供たちの雇用の場がない、手当を渡すのでなく、仕事を頂きたい。




 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年07月29日 05時27分52秒
Posted by: hoshino

 昨日、医師の診断で「複雑骨折の部分は新しい骨の形成ができた。後は堅くなっている筋肉を元へ戻すリハビリを継続して下さい」との結果を得ました。日常的行動では不自由さが少なくなりましたが、右手はズボンの右ポケットに届きませんし、力が入りません。


(肩からぶら下がっていただけの右手)

 事故当時は、右手がただ存在としてあるだけで自力では動きませんでした。1ヶ月以上は字も書けませんでしたので、3ヶ月後にある程度の機能回復したことに驚きと感謝の念をいだきます。おかげさまで週3回近所の病院に診察とリハビリに通っています。妻は病弱ですので、これからの生活を考えると後遺症が残ることは困るとの思いで通院しています。


(医師の言葉)

 「職場で通院することに問題があれば、ここで治療の終了することが出来ますよ?」と医師に言われた。成る程、普通の勤め人なら、上司に通院の許可を頂く際に色々なことを言われるので、最低限の機能回復で終わりにすることを頼む人が多い事実を知りました。「全治6ヶ月なら治療は半分3ヶ月まで」と云われる現実、私も病院が近いから、管理職で時間調整が可能だから続けられた、もう少し若ければ途中で断念していたかもしれない。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年07月28日 06時53分47秒
Posted by: hoshino
 最近のカバンの中身が以前とは違ってきました。重いモバイル「パソコン」が消え、軽い入力端末「POMERA」へ、携帯は字が細かい情報端末「スマートホーン」が字の大きい「らくらくホン」へと変化している。


(パソコンの更新が遅れている)

 自宅・事務所・携帯用のパソコンとほぼ毎年機種の更新を繰り返してきたが、還暦を契機にその更新スピードがスローになっている。今iPADに関心を持っているが、今までの即購入とはなっていない、ごく普通のノートパソコンを注文しようとしている。還暦を過ぎて、自分の心の中にある機関車のギアがチェンジしている。


(盲人に導かれる盲人)

 情報への感性が鈍れば、経営トップとして事務所スタッフへの影響が心配。インターネット技術は、パソコンさえあれば(TKC)、自宅でもホテルでも事務所にある自分のパソコンを操作できる「ラットパトロール2」、いつどこでも会計データの送信「オンラインデポサービス」が可能となり、顧客先で必要なシステム導入を即インストールできる「プログラムダウンロードサービス」などで業務効率が飛躍的にアップしている。トップの関心が薄いと事務所全体の時代の変化への対応がスローになってしまい、日々取り返しのできない状況に近づく恐れを感じます。


(したたかではあるが)

 インターネット技術の大きな変化も、人は毎日の仕事に追われ、目先の利を求めつづければ、そして我が身に関わらなければ何の関心を持たないのが普通。とすれば、明日のために新しい付加を掛けるトップの責任は大きい。何もしなければ職場全体で浦島太郎状態になる。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。


10年07月27日 06時10分10秒
Posted by: hoshino

 妻の兄から、8月7日(土)軽井沢大賀ホールでのコンサートのお誘いを受けました。当日は「長野びんずる」という当地の夏祭りではありますが、せっかくのお誘いなので出かけます。また、友人知人へのお誘いを頼まれたのですが、街の行事と同じにではままなりません。そこで、軽井沢に近い人にお願いします。


夢へのかけ橋 ガラ・コンサート
http://www.ohgahall.or.jp/concert/details.php?cid=438&year=2010&mon=8&v=0



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。





10年07月26日 06時20分59秒
Posted by: hoshino
 20日、長野県税理士県連総会時の来賓あいさつで、弁護士会から「件数は20%減少だが、弁護士は1.7倍に増えた」「毎年2千名試験合格しているが、内200名は年額60万円の会費を払えず登録できないでいる」「12万人養成して、3万人残れば良しとする試験制度は不快」と話された。公認会計士も同様な状況下にあるらしく、最大手の新日本監査法人の厳しい経営が報道されている。


(会計士100人企業への出向  日経2010.5.25 )

 新日本監査法人は、2008年7月に有限責任監査法人になり、2009年度より計算書類が公開されている。2009年6月決算では13億円の赤字となった。そこで、全構成員(6,451人)のうち「会計士100人を企業に出向させ、会計士の産業界進出を促す狙いである」と報道された。ちなみに一人当たり売上高は1,616万円とのこと。


(新日本監査法人 早期希望退職400人  日経2010.7.25 )

 監査法人で国内最大手の新日本監査法人は、所属する公認会計士と会計士試験合格者を対象に400人の早期希望退職を実施する方針を固めた。2008年秋のリーマン・ショック以降、外資系企業の相次ぐ日本撤退などで収入が落ち込んでいる。大手監査法人が数百人規模の希望退職者を募るのは珍しい。
 9月末にかけて募集する。対象は金融部など一部の部署や若手を除く会計士と会計士試験合格者約4800人。応募者には面談を経て原則10月末までに退職してもらう。基本給の6~10カ月分にあたる割増退職金を支払うほか、再就職支援も実施するという。
 関係者によると早期退職募集に先立ち、パートナーと呼ばれるベテラン会計士や企業の監査を直接手がけない事務職員の早期退職も実施した。
 監査法人は金融危機後の景気低迷で収益が低迷した。会計士試験合格者の採用を絞り込んだため「就職浪人」が増える一因となっていた。監査法人の経営悪化は金融庁が進めている公認会計士試験制度の見直し作業にも影響を与えそうだ。


(大手監査法人の新人新人採用が半減)

 ここ三年の大手換算法人の新人採用が半減している。

2007年 試験合格者4,041名 大手監査法人採用2,442名
2008年 試験合格者3,625名 大手監査法人採用2,060名
2009年 試験合格者2,229名 大手監査法人採用1,087名

 中堅監査法人の採用(2009年140名ほど)があるが、多数の就職浪人が生じているのは事実である。


(税理士会への影響)

 現在の試験制度では、公認会計士試験に合格すると税理士資格がその能力担保があるとされ登録申請を受け入れている。試験合格しても実務経験ゼロの人物に能力担保されているとする制度に疑問を持つ。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年07月25日 07時08分14秒
Posted by: hoshino

 私が住む長野県は観光立県を目指しています。外国の方々に訪れて頂き、雇用機会をもたらすことを期待しています。中国・韓国・台湾の方々はツアーで通年訪れて頂いております。オーストラリア・ニュージーランドの皆さんの多くは冬の時期に来て頂いております。


(戦時賠償金)

 先の戦争は日本が悪いことをしたこととして賠償・援助金を支払ってきました。その相手国である韓国では、その資金は国民に日本からの援助(賠償)とは言わずに、「漢河の奇跡」と呼ばれる経済復興がなされ、同様に中国では多くはインフラ整備に投じられた。その資金は、欧米列国とのパワーバランスの結果生じた先の戦争とその犠牲の責任をすべて敗戦国である日本が負うべしとして支払われた。


(矛盾)

 無条件降伏した夏になるとマスコミに戦争責任・償いの記事が並ぶと、しばし私の心の中で矛盾を感じる。敗戦国は何も言えないかもしれないが、表向きには確かにそうなのかもしれないが、しかし何事も「表と裏」の問題があるとすれば、アジアに欧米列国の侵略行為の終末をもたらした部分もあることは事実。そうでなければ、尊い命を外地で散らした数百万人の血が無駄になってしまう。


(罪なき人々)

 欧米列国の植民地政策はどうなのか、アジア諸国の自国の安全を保てなかった為政者は、罪なき人々なのか疑問。ものごとには裏も表もある、日本に戦争責任はあるとしても、もうそろそろ次世代のために歴史の真実を見直すべき時期と考えてもいいのではないか。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年07月24日 11時05分41秒
Posted by: hoshino

 ロシアは北方四島で軍事演習、米韓は日本海で合同演習、中国は沖ノ鳥島周辺海域で軍事演習を行うなど、最近日本を軽視する行動が見られる。日本の周辺国は軍事演習をしながら己の実行支配(北方四島・竹島・海域)を日本に承認させようとしてもくろみ威嚇行動を行っている。


(動きがない)

 衆参のねじれは、慎重審議の場が生まれるというプラスの面と、何事も決められない政治を内外に示しているマイナス面があります。国民の生活を守るのが政治家の仕事、いま党利党略、内向きな党内争いをしている場合ではない。世界ナンバー2の世界大国ではなく普通の国になった現在、もっと積極的な対外外交を講じなければならない。歴史に見る通り、国家は外国と、平和的に接するとは限らない、特にナショナリズムを高揚している(させている)国(中国・韓国・ロシア)からは、何もしない国日本は格好の餌食に見えているのではないか。


(超党派の議論で行動を)

 超党派の協議であれば、左派寄り路線に妥協せざるを得ない現政権下であっても、保守派の大連合による決議が可能である。特に、税制・外交・国防面での一致は、内外にぶれない施策を堅持する姿勢を示すことが出来る。国民から政権への不安を衆参新ねじれで突きつけられたのであれば、国会議員はその不安を安心に変えなければ、国民からの負託に応えていないことになる。保守大連合は形でない、国益を真摯に話し合う場の創造ではないか。早く国民を安心させて欲しいと願うばかり。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年07月23日 05時21分58秒
Posted by: hoshino
 マスコミ報道に「政府調達に競り下げ導入」との言葉を聞き、寂しい思いをしています。日経H22.7.22「経済教室」に神取道宏東大教授は次のように解説しています。


(神取教授は・・)

 「競り下げ」とは、参加者がインターネット上で他社の提示した価格を見ながら、何度でもそれを下回る価格を入札できる方式で、最終的な安値を提示した業者が採用される。
 政府関係者は「一度しか入札価格を提示できない現行の調達方式に比べ、調達コストを1~2割ほど抑えられるかもしれないと」と期待している。
 もしその通りなら1兆~2兆円規模の財源が捻出できることとなり、わが国の危機的な財政事情に対して吉報となるはずである。
 はたして、競り下げはそれほどの効果を持つのでのだろうか。・・・・むしろ改革は「自由な参入」の促進に力点を置くべきである。


(官庁からの受注は・・・)

 地方の中小企業では、コスト割れでも継続受注を期待できる民間受注と違い、官庁からの受注は適正な利益を確保できる有り難い発注先でありました。稼ぎで従業員に給与を支払っていく民間は「損までして受注はしない」のが原則ですので、安価な仕入れ先を確保し入札の臨むのですが、「雑巾を何度も絞り、最後は叩いて絞り出す」発注先の姿勢では、納品業者の息の根を止めてしまう。価格競争力のある中央大手だけしか落札できず、地元雇用を守っている中小企業はその入札にすら参加できなくなる。


(財源を確保して始めて地方行政が成り立つ)

 神取教授とは論点が違いますが、中央はいざ知らず、地方においては、目先の地方財政改革を第一にするのでなく、納品業者からの安定的な経営と雇用の維持からもたらされる納税を期待すべきである。親が自分のことだけ考えて行動すれば、子は生きられない。村のお祭りの様に、景気は所詮祝い酒、ムダの集まり、ムダをそり落とせば、お祭り(政)は成り立たない。人がたくさん集まらなければお賽銭も集まらない。




 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年07月22日 05時58分55秒
Posted by: hoshino
null

 15日の長野ライオンズクラブ7月第2例会は、メルパルク長野の10階で行われました。会長あいさつの背景はJR長野駅周辺であります。ここで私は代表者の挨拶の有り様を考えて見ました。


(昨年の県税政定期総会の後)

 昨年の国会解散日に開かれた初めての私の会長挨拶を、伊那地区、衆議議員後援会会合の席で、会務報告としてその要旨を聞く機会がありました。私のつたない言葉がご参加頂いた会員に披露されるのに恐縮し、かつ話の構成を伝達しやすい内容にしなければならないことを痛感しました。


(ライオンズクラブでの挨拶は)

 ライオンズクラブ国際会長の就任メッセージは、機関誌に掲載されると共に、世界各国のガバナー(各県単位の代表者)の各地のライオンズクラブに出向く公式訪問の機会に報告されます。また、各クラブ会長の例会時挨拶でも数多く引用され、クラブメンバーに繰り返し伝達されます。国際会長のメッセージ(活動方針)は、多くの代表者の口を通し、繰り返し伝達され、浸透されていきます。


(税理士会のあいさつは)

 税理士会の組織で云えば、日本税理士会連合会(日税連)会長メッセージは、地域会(関東信越税理士会)会長、県連会長、各支部長に通じて伝達されております。私は、支部長も経験し、県連会長代理として会員の皆様の前で話をする機会がありましたが、日税連会長の引用をどれだけしたかと言われれば、お恥ずかしい限りであります。


(今、日本税理士政治連盟(日税政)の長野県税時連盟(県税政)の会長として)

 私は県税政会長として、山川日税政会長・木村関税政会長の言葉を、数多く引用させて頂き、トップと会員との連結環の役割を担って始めて、組織的行動ができると、つなぐ役職の責任の重さを感じ、「トップの考えを伝え、具体的な行動を示す」ことをこれからの行動規範とします。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年07月21日 05時48分02秒
Posted by: hoshino
null

 20日は上田市で、一般社団法人第9期社員総会、第35回県税政定期大会、第54回県連定期総会が開催されました。会場設営責任者は前泊で、役員は9時半に集合して準備を頂き、成功裏に終了いたしました。県連総務部員と上田支部の皆様のご尽力に感謝申し上げます。


(定期大会での挨拶文)

 税政連会長の一番の仕事は会長挨拶であります。そこで、これまで1年間のブログを読み返し、挨拶文を作成しました。以下が昨日、参加者にお話しした内容であります。

1,ご来賓への御礼

2,二度の選挙での後援会活動への御礼

 この1年、衆院選挙・参議院選挙において、推薦候補者の支援に動いて頂いた後援会の皆様に、深く感謝申し上げます。皆様のご尽力によって、

3,3つの大きな後援会活動の成果を得ることができました。

(1)特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入制度の廃止されたこと。

(2)4名の税理士会員が、政府機関の委員等に選出されたこと。

・税制調査会の専門家委員会納税環境整備小委員会特別委員(近畿会会員)
・行政刷新会議の規制・制度改革に関する分科会委員(千葉県会会員)
・行政刷新会議の農業ワーキング・グループ(WG)委員(関東信越会会員)
・行政刷新会議事務局兼大臣官房企画調整課上席政策調査員(東京会会員)

(3)税理士会会員が国会議員 税理士として国政への参加ができたこと。

 今回の参議院選挙では、長野県税理士政治連盟の推薦候補は3名で、全員当選の栄を獲得しました。去年の衆議院選挙では推薦6名、当選1名、落選5名と惨めな結果でしたが、参議院では皆様のご支援を頂き、所期の成果を収めました。特に、若林けんた氏は日本税理士政治連盟の重点候補でありましたので、トップ当選で議員になられたことは、今日ご出席頂いた皆様のおかげであります。

 日本税理士政治連盟(日税政)は、今回の参議院選挙に当たり、全国で6人の重点候補を決めた(自民1、民主4、公明1)。若林けんた会員は最年少・初挑戦で、税理士政治連盟から活躍を期待され重点候補に選ばれたのであります。

4,我々税政連は、ステージの変化を迎えています。

 税理士は、これまでの陳情・建議という「お願い」を継続すると共に、政府機関内部において改正への発言を行える機会を得られたことは組織的な大きな前進であります。4名の会員は税理士会を代表して大いに活躍頂けますことを期待します。結果、税理士の有用性を政府内部から認識の輪が広まることは喜びであります。これも、7万人余の会員を擁し、日常納税者に接して税制度の矛盾を熟知している組織活動を評価して頂き、政治主導の行政下で得られた成果と感謝します。

 税制改正要望を伝える方法として、これまで税政連による国会議員への陳情、税理士会による行政への建議、という「お願い」というべき間接的手段によっていました。しかし、現在は政府機関の構成員となり、直接、制度立案の場で意見を述べる機会と、これからの超党派の協議の場で発言する場を得たことになりました。

 山川日税政会長は、「新しい政治動向に対応する、行動力ある税政連活動をめざす」と所信を明らかにされています。国民が政権交代という大きな変化を求めた選挙結果を真摯に受けとめ、税政連活動の在り方を分析し直さなければ、組織自体が変化に対応できない時代遅れものになってしまうことを肝に銘じております。

5,さて、税理士会への期待は大きくなると共に、後援会の活性化が急務となりました。

 日本はGDP国内総生産ナンバー2の経済大国でもなく、国際競争力も27位と国力が低下傾向にあります。右肩上がりの経済を背景とした過去の「国家に依存し、寄生する精神」を振り払わなければなりません。

 国会運営は、今回の参議院選により「新ねじれ」が生じたことになります。与党は衆議院で3分の2議席を持っていないので、法案の成立には与野党の超党派の協議が求められます。両羽田・北沢・小坂4先生はベテランであり、若林先生は税の実務家・政策秘書の経験があり、共に外交・防衛・財政健全化に活躍が期待されます。

 そこで、税政連は「情熱と一致団結力で行動第一」を旨とし、各政党のマニフェスト・アジェンダ政策課題に税理士の要望を組み込む運動を展開してまいります。

 国民の生活と事業活動に直接かかわる税理士として、税制の専門知識と国民の意見を与野党問わず国会議員に知らしめる役割が国民から負託されていることを十分に自覚して、安心できる国民生活の実現を目指す税政連活動を活発化しなければなりません。

 去年の政権交代により、税政連推薦候補が与野党となり、職域団体の組織運動力は弱くなった云われています。日常の後援会活動が活発であれば「見える人数」がでてきますが、低調であれば役員だけの支援に映ってしまうと反省しております。税政連運動は後援会活動が要であることを強く受け止め、これからの日常活動を見直さなければならない状況との認識を持っています。我々税政連は、先輩たちの努力の積み重ねで、国政への影響力を飛躍的に高めて頂きました。成果を上げる好機を迎えています。どうか、皆々様に税政連活動に対し、一層のご支援をいだだけます様お願いいたします。

 最後に、若林けんた議員は、税理士であります。言わば組織内国会議員であります、適正公正な租税制度実現を願う税理士政治連盟にとって、若林会員の当選はまたとない好機であります。税は政治そのものでありますが、残念なことは、租税に精通した国会議員は希であります。若林議員には、税制・財政の専門家と云われるべく、国民のため、日本の将来のために、国会の場で大いに活躍して頂き、県税政・関税政・日税政との定期的な情報交換を持って頂きたいと願い、長野県税理士政治連盟会長としての挨拶とさせて頂きます。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。


10年07月20日 01時53分39秒
Posted by: hoshino
null

 17日は第三土曜日シニアの定例会。53回目のテーマは「健やかな生活はお口の健康から」で、講師は長野県歯科保健センターから派遣頂きました。


(8020運動)

 80才で20本の自分の歯を残そう、20本歯があればどんな物でも食べられる。歯の多い年寄りは行動的で、介護者なしで外出、高血圧・腰痛などの持病も少ない統計があります。歯を失う原因のトップは歯周病で42%、虫歯が32%で、よい生活習慣、良い食習慣とお口のケア(ブラッシング)があれば、大切な歯を自分で守れるとのことです。


(正しいブラッシングのポイント)

 参加者は毎日使っていいる歯ブラシを持参し、「歯ブラシの選び方」「歯ブラシの持ち方」「歯ブラシのあて方・動かし方を」を指導頂きました。清掃補助用具では、20才代であればデンタルフロス、30代以上であれば歯間ブラシが良いとのことでした。


次回定例会は、9月18日、テーマは「貴方の相続税を試算します」 



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。


10年07月19日 13時22分29秒
Posted by: hoshino
null

 17日に、自民党県連総務会・選挙対策委員会・職域支部長合同会議が開催されました。協議事項は、参議院選挙結果について、県会議員の訣選挙について、長野県知事選挙についてでありました。


(参議院選挙総括)

 公認候補2人の当選は喜ばしいことであるが、民主票50万票、自民票30万票の事実は厳しい現実である。今回は、「相手側の失策」に救われた面があることは事実である。次の選挙は一人区になると想定すれば、党勢拡大に努め、健全野党として国民にビジョン・政策を示し、国会運営に臨まなければならない。


(大きな政府と小さな政府)

 長野県では、保守派の有権者は民主(羽田党)と自民に二分されている。50万票と30万票との差は左派と保守の勢力状況を示していない。左派的政策は「大きな政府」をもたらし、国民に高負担をもたらす。保守的政策は「小さな政府」を指向し、民間活力を促し、国民への低負担をもたらす。今、問題なのは、左派も保守も国民に明確なビジョンを示していないことであり、その結果有権者は、政治不信となり無党派層が増え、政治を不安定化している。


(さらなる情報公開を)

 次回の国政選挙では、国民に明確なビジョンとその工程表を明らかにした党が勝利する。国民はわが国日本が厳しい財政状況と国際環境の中にあることは承知している。増税という負担を担うにしても、無駄の排除・歳出の削減の実施を確認しなければ、増税の痛みに耐えられない。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。


10年07月18日 17時38分57秒
Posted by: hoshino
null

 梅雨明けの17日、夏の暑い太陽が照りつけるJR長野駅噴水前で、長野ライオンズクラブは日赤献血センターの献血に協力し、行き交う人々に献血を呼びかけました。


(献血の呼びかけ)

17日の献血は400㎜㍑で、その条件は・・・
・18才以上64才までで体重50キロ以上の方
・65才以上69才までで献血経験者
 30度を超える炎天下、日陰にいないと汗が噴き出す中では400㎜㍑は厳しいとの思いは、次々に献血者が現れて頂き考えすぎでした、感謝の一言でありました。


(献血は善意だけで成り立っている)

 日本の輸血はすべて国民皆々様の献血で成り立っています。売血による肝炎などの感染防止の見地から一般の方々にお願いするしか方法がありません。そこで、全国のライオンズクラブは、日赤の献血を全面支援し、企業訪問と集団献血、街頭広報活動と一般の方からの献血に協力しています。ライオンズクラブメンバーである全国の中小企業の経営者は、年中炎天下でも、雨天・雪の中でも、プラカードを持って、通行中の皆さんに献血への協力を呼びかけています。



 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。
10年07月17日 06時26分48秒
Posted by: hoshino

 税制改正要望を伝える方法として、これまで税政連による国会議員への陳情、税理士会による行政への建議、という「お願い」というべき間接的手段で行ってきました。しかし、現在は政府機関の構成員となり、直接、制度立案の場で意見を述べる機会を得ています。(税理士会機関誌「税理士界」H22.7.15)


(政府機関の委員等とは)

 4名の税理士会員が、政府機関の委員等を努めています。

・税制調査会の専門家委員会納税環境整備小委員会特別委員(近畿会会員)
・行政刷新会議の規制・制度改革に関する分科会委員(千葉県会会員)
・行政刷新会議の農業ワーキング・グループ(WG)委員(関東信越会会員)
・行政刷新会議事務局兼大臣官房企画調整課上席政策調査員(東京会会員)


(「お願い」から「政策企画」への立場の変化)

 税理士は、これまでの陳情・建議という「お願い」を継続しながら、政府機関内部において改正への発言を行える機会を得られたことは組織的な大きな前進であります。4名の会員は税理士会を代表して大いに活躍頂けますことを期待します。結果、税理士の有用性を政府内部から認識の輪が広まることは喜びであります。これも、7万人余の会員を擁し、日常納税者に接して税制度の矛盾を熟知している組織活動を評価して頂き、政治主導の行政下で得られた成果と感謝します。




 読みいただき有り難うございます。どうか、投稿継続の励みとなりますので「ビジネスブログランキング http://jobranking.net/43/ranklink.cgi?id=hoshino にクリックをお願いします。
 また、外のジャンルについては http://plaza.rakuten.co.jp/taxoffice をアクセスして下さい。お待ちしております。

«Prev1 2 3Next»