2008年 8月の記事一覧

«Prev1Next»
08年08月26日 18時01分57秒
Posted by: hoshino
 昨日、友人の社長さんから「ちょっといい話」を聞きました。


(製紙用のパルプが不足)

 「パルプは木材やその他の植物を化学的にあるいは機械的に処理してセルロース繊維をなるべく純粋に取り出してもの。紙・レーヨン・セロファンなどの主原料」と辞書にあります。外国から自然資源を単に原料として輸入することが困難になってきています。南洋材は枯渇し、ロシアは禁止などなど自然環境保護の動きは止めようもありません。中国・インドの経済成長は紙の需要を増し、価格の高騰をもたらします。


(日本の資源見直し)

 日本は山間地が多く、緑の豊かな国であります。特に燃料として薪を使わなくなった現在、里山の雑木は放置されたままであります。紙製品の価格高騰は、今まで採算が合わなかった資源の活用に道を開くこととなります。日本国内の森林資源開発に明るさが差してきました。これまで不振であった林業が注目されるとのことであります。


(治山治水)

 国を治める要は「治山治水」と云われてきました。海外からの安い材木に押され、多くの山林は放置され、地面に太陽が差さず、光合成が進まず大事な表土が出来ていません。強風があれば倒木となる状態であります。国もこの状態に危機感を持ち、対策を実施し始めました。ここにパルプ用材としての需要が重なれば、山が生き返ります。



星野会計事務所 http://www.tkcnf.com/hoshino/pc/
シニアのための財産と生活を守る会 http://plaza.rakuten.co.jp/sinianagano/
長野ライオンズクラブ http://plaza.rakuten.co.jp/lcnagano
08年08月23日 04時04分35秒
Posted by: hoshino

 私の仕事は税理士であります。お客様は病院・IT関連・建設・小売・卸等といろいろであり、その業界情報に無関心ではいられません。そこで継続的知識習得のために、医業経営コンサルタント・ITコーディネータなどの資格を取得し資格更新研修会に毎年100時間程出席しております。


(二日で14時間)

 昨日今日は東京品川コクヨホールで医業経営コンサルタントの研修会に参加しております。テーマは「経営戦略支援業務」、講師は協会常務理事:星野氏お一人、講義6時間、演習1時間が一日のタイムテーブルであります。


(講師の話)

 講師の星野氏は、早稲田の理工・混声合唱、大手企業の経営戦略部門出身で、現在はコンサルタント会社の代表という実務家であります。コーラスでは女性とのハーモニーが大事。経営戦略では世界中の情報収集・分析が求められる。今、指導している病院では看護婦さんからの情報聞き取りなどにこれまでの色々な経験が今の仕事に生きている。幅広い経験と実績が仕事の受注をもたらしている。経験は人生そのものだ。今はこうして講師を引き受け、役に立つ後進への指導が楽しみ。等々言い切れる星野さんの人生を楽しんでいる姿に憧れを覚えました。


(感謝)

 宿泊は東京湾お台場のビジネスホテルとしました。ホテル18階から東京新宿方面が見えます。不夜城の様な大都市の景色は田舎もんには何よりの御馳走であります。今日も研修会に参加させてくれている会計事務所スタッフに感謝。




星野会計事務所 http://www.tkcnf.com/hoshino/pc/
シニアのための財産と生活を守る会 http://plaza.rakuten.co.jp/sinianagano/
長野ライオンズクラブ http://plaza.rakuten.co.jp/lcnagano

08年08月05日 14時28分16秒
Posted by: hoshino
 8月4日、大阪ウェスティンホテルで積水ハウス(株)の「業務協定20周年記念謝恩会」が行われ、長野支部提携・協定企業調整部会長として招かれました。


(積水ハウスとTKC全国会)

 平成元年より20年経過し、平成19年度の会員からの紹介成約は851億・平成20年度半期で485億と目標の1千億円に近づいていると報告がありました。組織と組織との連携は永年の信頼関係の構築が必要で、歴代担当社員さんのご苦労の賜と敬意を表します。質の高く豊かな生活環境を国民に提案する共同活動を進める協定関係でありたい。


(記念講演は宇宙飛行士毛利衛さん)

 演題は「宇宙からの視点~我々はなぜ挑戦し続けるのか~」で、宇宙船に乗り、地球全体を見ると「人間は特別の存在でない」ことに気づくとのこと宇宙から地球を見た人の超越した見識として興味深く聞きました。宇宙からはCO2急速な増加にみる環境問題は大きく映る。北極海の氷は無くならんとしており、グリーンランドでは氷の大陸では無くなっている。中国の大気汚染も見てとれる。これから、200年住宅・省エネ住宅の様に科学技術を組み込む意識改革が今求められている。


(環境変化に生きる 気温三度上昇では・・・)

 CO2の増加による温暖化で、海水面の上昇・日本一美味しい米は北海道産に(作物北限)・長野でリンゴが実らない(作物南限)・夏の猛暑・局地的な集中豪雨などなどが起きている。我々は何処までガマン出来るのかを政治・経済に反映させなければいけない。また、揺動的なマスコミ報道に惑わされず問題の本質を見てビジネスチャンスとすべきである。


(警告!!)

 高等生物(人間)の犯しやすい失敗は、地球全体に影響する程のエネルギー(核融合外)を使い始めると、一度の失敗で人類は死滅する危険性を秘めているとのことであります。CO2にみる環境問題はその入り口であります。これまで、オゾン層を破壊するフロンガス問題では各国の取り組みで拡大が止まる成果を上げている。これと同様に各国の協力が問われている。限りある地球号の住人は、政治・経済にその対応を人類全体の問題として求めるべきである。



星野会計事務所 http://www.tkcnf.com/hoshino/pc/
シニアのための財産と生活を守る会 http://plaza.rakuten.co.jp/sinianagano/
長野ライオンズクラブ http://plaza.rakuten.co.jp/lcnagano
«Prev1Next»